ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

はじめのごあいさつ 

[前回までのあらすじ]
1999年,名古屋の某私立高校に通っていたガンジー(このブログの執筆者)は,
高校1年の生物の授業で,のちに「師匠」となる先生と出会う。
師匠は「仮説実験授業」という変な授業を行なう教師であった。

授業書《生物とその細胞》や〈○○○○ころりん〉などを受けるうち,
仮説実験授業と,そこから透けて見える哲学的な思想・発想に魅せられた
ガンジーは,次第に師匠に傾倒していき,オッカケと化し,
気づけば彼の主催する「楽知ん研究所」なる組織の活動に足を踏み入れていた。

その後,東京の大学に進学,
仮説実験授業の“総本山”である仮説社に出入りするようになる。
また当時,東京理科大で行われていたたのゼミに参加,
毎週のように授業書を受けるシアワセな日々を送る。

引き続き,楽知ん研究所の活動にも参加。
研究所主催のワークショップの事務局をこなしたり,
書籍のもとになる講演のテープ起こしをしたりする。
2005~07年,『たのしい知,みっけ!』というミニコミ誌を編集・発行。
最近では,私家版書籍の編集を手がけるなど,編集作業も板についてきた。

大学はいまいちソリが合わず,2度留年。
(その間,「ガンジス川のほとり~ガンジーblog」というブログを書いていた)
5年半かけて,2007年9月末になんとか卒業,名古屋に戻る。
2008年4月に某所に就職予定。

名古屋に戻ったのを期に,再びブログをはじめることに。
さてさて,その命運や如何に……!?

 *

というわけで,今日からの記事につづく。


◎このブログのテーマ
 ・〈たのしい知〉=〈楽知ん〉に関する話題を広く提供する。
 ・単なる個人的日記にせず,
  〈予備知識や共通認識のない第三者が読んでも,理解でき,
   おもしろいと感じてもらえる内容〉をこころがける。
 ・されどもかしこまることなく,フランクに,気楽に気ままに。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。