ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

「自立して堂々と生きていこう」 

ざささー,すべり込みで今年をふりかえる!
(もう紅組トリのドリカムが歌っているので,間に合いそうにない(^^;))


 →1/1追記しました。以て新年のあいさつも兼ねまして,
  本年もよろしくお願いします!  _ _) (^o^)

       *


●1.「自立して堂々と生きていく」

 「自立して堂々と生きていく」

というのは,さわかみ投信の勉強会の題名である。

年の瀬の新聞の論調を見ていて,この言葉を思った。
いまだに,メディアは
  ・・・・
 「日本全体が低迷し,希望ある出口は見えない」
               ・・
 「この問題は深刻であり,解決されなければいけない」

 「○○するのが政治の役割だ。来年こそは期待したい」
といった論調に終始している。

思わず,イラッ,とする。
もうそういう時代じゃねぇだろ,と。

システムの崩壊に際して,
「他人事のように“良識ある発言”を繰り返すばかり」で,
「批判する「言葉」と「文脈」を我々は持っていない」,
そういう文脈を持っていない,と
村上龍は自著のエッセイの中で,くりかえし指摘している

しかし,個人の価値観と現状はすでに多様化しており,
事実は,こうだ。

 日本には,希望のある人と,希望のない人がいる。
     元気な人と,元気ではない人がいる。
     お金持ちの人と,お金を持っていない人がいる。
     業績のいい企業と,沈んでいく企業がいる。
     健康な人と,健康でない人がいる。
     勉強している人と,なんの勉強もしていない人がいる。

単位は「個人」であり,「日本全体」ではない。

すでに日本は成熟経済時代に移行しており,
「日本全体が右肩上がりしていく」ような幸福な(?)時代は過ぎ去った。

「日本全体が景気がいい,いい時代になる」なんて
期待しても無駄だ。
ただ,個人として,

 (1)まず最低限,自分の生命と生活を守るように努力し,

 (2)その上で,もし余裕があれば,
   自分のまわりの人(家族や友人,そのまわりの人)を
   幸せにする努力をしていく

そういう 自立的・自律的な生き方をしていく人だけが,
明るさや希望や,あたたかい心を保って生きて行けるだろう


元日は雪でした

今後,5年10年で,そういう態度・姿勢が大事であることが,
次第しだいに,明白になっていく。
もう5年もしたら,かなりの人が気付くくらい,ハッキリしてくる。

 私は,そう予想する。


●2.お先に失礼で行動しよう

 気付いた人から,さっさと行動しよう。自分にできることをしよう。

自分で考え,予想を立てて,実験する。
間違えたら,結果を踏まえて,次にまた予想を立て,実験する。

また間違えたら,
結果を踏まえて,次の予想を立て,また次の実験をする。
間違えたら,
結果を踏まえて,次の予想を立て,また次の実験をする。

 …………

成功したら,その成果を明らかにし,他の人にも吹聴する。

独創をきどらず,自分がいいと思うものを,積極的に模倣する。

ひたすら,繰り返しである。
 「こっちかな?」「あ,ちょっと違った。こっち行ってみるか?」
 「お,この予想は,なかなか合ってたみたいだ。次はどこへ行ってみよう?」
 「う~ん,どうもうまくいかないなぁ。
   この状況を打開するには,どうしたらいいかな?」

   *

 「次は,こっちの方向へ行ってみようか?」
 「そうなの? じゃあ,おれは,こっち行ってみるわ」
 「OK,了解。また次の時にお互い出会ったら会おうぜ!」

   *

 「やぁやぁ,久しぶりじゃん! この道はなかなかよかったわー」
 「まじか,おれの通ってきた道も,わるくなかったよ」

    *

 「へぇ~。なるほど,そういうことするといいんか。
  それ,いいねぇ! 今度マネしてみていい?」
 「もちろん! △△の部分は,○○を■◆してみるといいよ。」
 「サンキュー!」

きちんと自分で生きれば/自分を生きれば,
うまくいった時の手応えは,ボーッと生きてる時の比ではない。
生きていることが快感になるし,他人の判断を尊重できるようにもなる。

「個人としての〈尊厳〉」というと,カタすぎるだろうか。
自分で考えて生きるからこそ,責任を引き受けることができる。

若い芽

   *
そのための秋田さんの『自分でトコトン考えるための勉強法』なのであり,
石津さん・中井さん・久保田さんの『なにわで咲かそう!長期投資の輪!!』である。

祖父の自伝をつくる,たとえ30部でも,全力をこめて熱中する
燃焼すると,自分の中のエネルギーが発散するので,すっきりする。
自分のした事で,まわりの人がよろこんでくれれば,うれしい。

ここ2年ほどしてきた編集の仕事は,
そういうストーリーの中で整理できると思った。


●3.2010年についての,わたくし的な抱負

しゃかいじん1年めだった,前年の大晦日の記事を読み返してみたら,
やはり,仕事(給料をもらう方)に慣れるので精一杯だった1年だったようだ。
2009年は,仕事(給料をもらう方)には慣れ,だいぶ余裕ができた。

最初の異動まではあと1年ある。
あと1年は,余裕もって暮らせそうな見込み。
余裕あるうちに,どんどん「仕事(自分のミッションの方の)」をしたい。

2010年は,ますます,そういう方向性を明確に打ち出して,
まわりのヒトを幸せにしていく仕事をしていく。

そう決めた。


大晦日に,充実した気持ちで成果を振り返れるようにがんばろう。
12月さいご,実験結果をたしかめよう。

たぶん,途中経過はあまり書きませんが,
結果(生産物)でもって,随時,提示していきます。
がんばるぞっ,と。


ちょっと読みづらい分量になってしまった~

  ではでは,みなさま,よい2010年を!

そらのくも

スポンサーサイト

2年め仕事納めの日の覚書き 

本日,仕事納め。

年末も押し詰まり,お客さまも急いで気が立ってらっしゃるので,
(しかも,某○が相変わらず××で△●#”なので 怒 )
混雑の中,こまごまとしたトラブルが頻発しつつも,
ひとつずつ丁寧につぶし,なんとかつつがなく終了。

 仕事おわたー!


というわけで,以下は,何年後かに読み返して,
「しゃかいじん2年めの仕事納めの日は,こんなことを考えていたか」と
初心に返るための自分用メモ。


○「ワガシャ」は,安定企業である。
 「うちだけは倒産しない」と考えている同僚も多いが,
 しかし,自分が定年するまでのこの先40年間において
 倒産しない保証は,けしてない。
 
 生きていれば,人生,なにが起こるかわからない。
 「100年に一度の危機」だって,何度かあるだろう。
 (天災,インフレ,事故,ライフイベント上の個人的危機,などなど……)

 そういう時,もし職を失ったり,
 カイシャを辞めざるをえない状況に陥った場合,
 身分に安住して能力を磨く努力を怠れば,逆にリスクが高いのは
 大企業の社員の方である。なぜなら,彼らは(自分は),仕事ができないからだ。

 いまのカイシャをクビになっても,
 きちんと次の就職ができる能力のある人間でありたい。
 (最低限,精神的に)組織に依存せず,自立していたい。


(よって,)

○「確信犯」で仕事をすること

○甘えを排すこと (これが,つくづく難しいことであります)


   *

○過日,部署へ,副社長の視察あり。
「ツルの一声」で,へーこらと屈する上司の姿をみた。
何ひとつ納得がいかない。

考えてみても,その副社長の判断について,
妥当性に疑問が残る。納得できない。

私は,腹に据えかねていた。今も納得していない。
なぜなら,どう考えても,
その対応は,お客さんの利益になってないと思われるからだ。


年をとっても,どんな職責になっても,
自らの責任を放棄しない,
自分で考える,「扱いづらい」社員でありたい。

信念をもって仕事をしたい。


○Mさん退職,チーム員また減
 電話照会廃止,端末化(クソ端末。設計者出てこいクソボケ)
 さまざまな不安要素を抱えて、年は暮れゆく。
 年明け業務,混乱の予想(ほぼ確)。

 ともあれ,与えられた条件にアジャストして,
 やりくりしていかねばならない。よね。

というわけで,がんばれ自分。

けして,つまらないオトナにだけは,ならないように!
それは,魂の死であり,25歳のわたくしにおいて,到底許しがたい。
もしそんなオトナになっていたら,私が殺しに行ってやる。


────────────────────────────────
「人間は,無限に自分をごまかせる。
    ミイラ取りは,そうしてミイラになる」──『医龍』
トヨタだってひょっとしたら潰れることがある、
そういった危機感は、サバイバルするときになくてはならないものです。
  ──村上龍(JMM編集長コラム


────────────
(※なお,念のため書くが,ぼくはトヨタの社員ではないよん)

余裕があれば,あと2,3記事を書いて,
本年をしめくくりたいと思いまふ。

ひさしぶりに 

風邪ひきました。ズビー。

熱出て,しんどい……


「カンブリア宮殿」新型インフルエンザ特集を見た 

先日,テレビ東京の「カンブリア宮殿」
新型インフルエンザ特集を見た。

いつものカンブリア宮殿は,
企業の経営者を迎える番組だけど,今回は異色。

「危機管理の問題として」という切り口だったけど,
それは半分こじつけで,
村上龍さん,これやりたくてやりたくて
しかたなかったんだろうなぁ。

 ・マスコミは「どこで何人感染者が出た」とか
  そういう情報はヒステリックに報道しているけれど,
  一般の市民がどう行動すべきか,
  感染はどの程度危険か,といった必要な情報を
  十分に提供していない

 ・政府(厚労省)は,情報系統の混乱(通達の乱発),
  国策上のワクチン確保に出遅れるなど,
  危機管理上,甘い部分が多い

 (・上記2点によって,患者がパニック的に殺到,
   医療の現場が混乱し,追いつめられている。
   これは今回はじまったのではなく,
   かねてからの医師不足等の問題が顕在化しただけだ)

というのが,主なメッセージだったと思う。
(→ JMM 村上龍エッセイ 10/26付 コメント

ぼくは,

 ○ワクチンは重症化を防ぐことはできても,
  感染を防ぐことはできない
  (ということは,流行を押し留める効果はない?)

 ○新型で騒いでいるが,
  季節性インフルエンザへの対策はよいのか?
 (季節性インフルエンザと新型と,
  どちらが重症化率・死亡率・志望者数見込みが
  高い/多いのか)

という点が気になった。

ぼくは実のところ,ヒトの免疫系の歴史を信頼しており,
基本的に,事態を楽観している。

亡くなられた方はお気の毒だが,
季節性のインフルエンザでも毎年,一定数の死者は出るし,
交通事故でもヒトは毎日死亡している。
 (※それらで死ぬことが「よいことだ」と
   言っているわけではない,念のため)


現在の状態は,騒ぎ過ぎではないかと思っている。

この認識は,甘いだろうか。

いろいろ試してみてますの秋 

「幸せなんて危ういものだ」2
  兼
「仕事に余裕がある内に体のメンテナンスを」1&2
  兼
「一病息災」 &「どこまで続くかな」


●1.虫歯になっちまっただよ~

カイシャの健保組合の企画を利用して,
歯科検診を受けてきた。

歯科を受診するのは
就職直前に親知らずを抜いて以来
1年半ぶりだったが,
みごと,新たに虫歯がみつかっちまっただよ~。

「あ,これ虫歯ね」サクッと言われてしまった。
ぐすんぐすん。

でもまぁ,自業自得ね。
永久歯ってもう戻らないから,気をつけねばと思った。

時間休をコソコソとって,しばし通います。


●2.漢方薬をはじめてみただよ~

今の時期は,業務量にわりかし余裕がある時期なので,
時間休とかもとりやすいし,精神・体力的にも余裕。

こういう余裕のあるうちに,ということで,
今日はかねてより行こうと思ってた漢方外来を受診してきた。

というのは,
私は昔からアトピー性皮膚炎をわずらっておるのだが,
どうも,皮膚科の薬では根本的解決をみないから。

かゆみ止めとか,ステロイドとか,
みんな対症療法なので,原因には働きかけない。
もうすこし,根本的な何かをしないとダメだ,と思った次第。

しばらく試してみます。
効果があるとよいが,どうかなぁ?


●3.筋トレをしてみとるだよ~

今の時期は,業務量にわりかし余裕がある時期なので,
時間休とかもとりやすいし,精神・体力的にも余裕。

こういう余裕のあるうちに,ということで,
風呂上がりに,筋トレをしている。

はりきりすぎると続かない,と予想したので,
テーマは「プチ筋トレ」で。

腕立て伏せ,腹筋,背筋
+100円ショップで買ったええかげんゴムチューブ運動。
つらくなったら,そこでおしまい!
&テレビつけながら,えーかげんにやっている。

これは,職場の保健指導での保健師さんの
「たしかに筋力ないと肩コリしやすくなりますね」
との言を受けて。
めざすは,肩コリしにくい程度の上半身の筋力。

わずかな回数でも筋肉を使うので,
コリに対して,即時的効果もある程度あるみたい?

つか,ようは今まであまりにも運動しなさすぎなんだ(^^;)

    *

以上,「いろいろ試してみてます」3題でした。
成果が確認できたら報告します。待て,続報。

【写真】2009年台風18号による新川(名古屋)の増水の様子 

IMG_2456_s.jpg
新川にかかる名古屋市中川区両郡橋。
10月8日(木)朝8時ごろ。

  *

折しも「日々のしあわせ」についてメモした翌日,
台風がござらしゃった。

朝,市バスも運行停止していたため,出勤できず。
朝8時をすぎたところで,ピタリと雨風が止んだので,
自転車でカイシャへ向かった。

新川はかなり増水していて,橋桁下1メートルくらいのところまで
水が来ていた。
水面はひたひた,流速も速くゴウゴウと流れ,
なんだか,いつもと違う川のようだった。

IMG_2457_s.jpg

非日常で知る「日常」の危うさ,といったところか。

(庄内川も増水はしていたが,こちらは川幅が広いからか,
 まだ余裕がある感じだった。2002年の東海豪雨でも,
 そういえば決壊したのは新川だったなぁ……
 川幅が狭いほど,増水しやすいということか?)

   *

さて,午後には名古屋はすっかり晴れ,
鉄道各線も運行を再開し,職場にも三々五々,人が集まった。

車は何事もなかったかのように交通を取り戻し,
翌日9日にはすっかりいつも通り,「いつもと変わらない日常」。

こちらは「日常」の慣性?現状回復力?とでも言いますか。


澤上篤人さんのいつもの
「どんなに不景気になろうが,金融やマスコミが騒ごうが,
  1つだけ確かなことは,我々生活者は毎日生活していって,
  生きていく以上,モノ食べたり買ったりするわけですよね」
という言葉を思った。
 (※記憶による再現のため文責はわたくし)


人々の生活は続いていく。

幸せスケッチ 2009-10ごろ 

幸せスケッチ,
2009年10月の今日この頃について。


「あ,いま私,人生の中でもかなり幸せだ!」と
強く感じた瞬間について記すこのコーナー(いま決めた)。

最近のベスト3は。

1.チャオのナポリタン(あつあつ鉄板に玉子焼き下敷き)
レギュラーサイズを食べて,
すこし迷った末,ババロアパフェセットを追加した時の満腹と幸福


2.秋空の日曜日,夏ほど凶暴でない,どこか柔らかさのある陽光が
さしこむ部屋で,昼寝をしようと布団をかぶったら,
布団が日差しであったまっていて思いがけずほんわか暖かく,
「あー,仕事いかずに寝てていいんなんて幸せ!」と
しみじみうれしくなってしまった時


3.仕事の負荷もこのところ適当で,いい感じに定時上がりをして
 秋の夜長の余暇を好きに使えているとき
 (ただし,これは本日,職場の状況変化により,
  やや暗雲がたちこめることとなった……めそ。)


強烈に幸せを感じるのは,ぼくの場合,
どうも,ひとりの時の方が多いみたいだ(^^;)

「人が好きだ」と何度かこのブログでも書いているが,
実は根のところでは「傷つくし,疲れるし,
他人と関わるのはめんどくさい。ひとりの方がラク」と
思っているからなのだろう(笑)


ともあれ,
手のひらの幸せを大事にするのは,大事なことだと思う。

───────────────
しあわせになるドーナツの秘密―大切にしたい7つのことしあわせになるドーナツの秘密
 ―大切にしたい7つのこと

(2005/08)
ボード シェーファー

──ゴールドマンさんはいつも言っている。
 「状況が好転するのを待っていてはいけない。
  どんな状況にあっても,今自分がおかれている中にプラスの
  側面を自分から見つけだし,それを活かすんだ」

無責任主義者だったころ 

澤上篤人さんの講演録『お先に失礼』(楽知ん研究所 刊)の中には,
実はわたくしが登場しているのであるが,
その中のわたし(当時,大学3年生)が,こんなことを言っていた。

 はい,たのしく生きられれば,それでいいです。

あぁ,なつかしいころだ,と思った。

当時は,ファインマン流「社会的無責任主義」を標ぼうしていたので,
 (ファインマンは,ジョン・フォン・ノイマンからこれを学んだと書いている
  (どの本だったかは忘れた)→ ネットに載っていた

 「自分がたのしく生きられれば,それでいい」
 「社会のルールを守るとか,責任をもつとか,そういうことは不要だ」

というようなことを考えていたのだ。

それはそれで貴重だし必要だったのだが,いまから見ると,
すこしいじらしい&いじましい思想だなと感じる。

いまは,もうすこし違うことを考えている。


   *

全霊を傾けた本が,もうすぐできあがる。

【Blieben Sie So.】続けることが自信になり意欲を呼ぶ 

 幸の〈サクセス〉ダイアリー: 初日。
明日もあるけど.....。行けるかなぁ~。

いけ(笑)

たくさんチャレンジして,たくさん失敗して,
じゃんじゃん挫折したらいいよ!

失敗を反省するヒマがあったら,動け!動け!

動け!動け!動け!


いったん習慣がつくられれば,
習慣が,君を支えてくれることだろう。

「やる気が出たから,活動する」んじゃなくて,
「活動してるうちに,やる気がついてくる」のだ。

ヒトの脳みそって,そういうふうにできてるらしいよ~。

ワガシャのこと/2年めの野心 

1年めの昨年は,給料もらうだけよろこんで,
休みでよろこんで,
仕事おぼえるのでおおむね精一杯だった。

2年めになって,欲がでてきた。

私は,せっかく働くなら,充実感もって働きたいし,
同僚にも,たのしく働いてもらいたい。 ←ここが欲

どうすれば,もっと,
自己肯定感や幸せ,たのしさ,充実感などなど,
を持って働けるだろうか?

それはかんたんで,2点だ。
(1)顧客満足を追求すること
(2)お互いを知り,いたわりあうこと

ではないか,と,思う。

充実感は,他者との関わりの中で感じるものだから,
仕事上のそれは,
(1)お客さま - 社員関係
(2)社員 - 社員関係
という2つの関係に,集約することができるからだ。

ウチのカイシャは,
「顧客満足度の追求」という点において,
低レベルだと思う。すくなくとも,十分でない。

タテワリで,隣の課はおろか,
下手すると同じ係内の隣の人の仕事さえ,よく知らない。

目的や意味を意識しないまま,カタチと前例だけで
仕事はじめるから,ノロいし,鈍い。

無理解が,サービスレベルの低下と,
シャイン間での実につまらない反目を招く。

   *

批判だけすることほど,かんたんなことはない。
それでは,グチや陰口だけ言う奴と,変わらない。

問題設定を,
自分にできるレベル・サイズに落とし込み,
どう行動でもって表現するか。

退屈してるヒマなんてない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。