ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

ナガロックNAGAKUTE ROCK FESTIVAL '09(解説編) 

 (* この記事は1コ前の写真記事の解説編です)

いやはや,すっかり放置してしまった。

したら,その間に
ぼくがバンドデビューしたという噂まで立てられてしまい,
なかなか笑わせていただいた。わはは。

というわけで,11月29日(日)に,
「NAGAKUTE ROCK FESTIVAL '09」
(通称「ナガロック」)
なる催しに参加してきた。→公式ページ 公式ブログ mixiコミュ


「ナガクテ」は地名(長久手町)である。
友人に誘われて興味をもったのであるが,
なんでも,この「ナガロック」は,

 ・愛知芸大の学生さんが,ひとりで主催していて,
 ・完全てづくりのロックフェス
 ・以って,卒業制作とするもの

なんだそうだ。

なにやらおもしろそうな匂いがしたので,
港区のはじっこから,はるばる,名古屋の西はじ(の外),
愛・地球博記念公園まで行ってきた with 東山線制覇+リニモ。
(リニモに乗るのは2かいめだ!)

数日前までの温暖な気候から一変,曇天の下,
当日は真冬かと思われるほどの寒さであったが,
なんとかお天気がもったのは,
岩瀬さんの日頃の行いがよかったからであろうか。
(岩瀬さんというのは主催者のお名前だ)

日々,単調な事務仕事に埋没し,
カイシャと家だけ往復して,
休日も家でひきこもってパソコンばっかしていると
(とくに3つめは自分の責任であるが(笑)),
だんだん感性や発想がちぢこまって息詰まるので,
野外で歌い踊る人のエネルギーに触れるのは,
いい気分転換になった。

歌にしろ,絵にしろ,なんであれ,
自分を表現する手段を持っているのは,いいことですね。

とくに,伊藤公一さんの紙芝居がツボった。
これは,後述する。

こういう「場を発生させる」能力
(というよりも意欲と情熱かなぁ)は貴重なので,
岩瀬さん,ぜひ大切にしてほしいと思う。

(まわりからの愛され具合を見ていると,
 心配は無用のようだねぃ)

だから芸術でも,仕事でも,コーラスでも,
ただ観たり味わったりするよりは,
創る側に廻った方が段違いに楽しい。
(中略)
みんな眼をキラキラさせて,情熱を傾けて,
はまり込んでいる。
創るよろこび,生き甲斐があるからだ。

 ***

創作活動は勿論だけれど,
野菜を作るのも,花を育てるのもでも,
仕事の企画をたちあげることでも,
最初の芽ばえから自分が関わり,育み,
抵抗を取り払って,そのものが一人で立って歩きだすまで。
苦労もあるが,それが創るよろこびなのだ。
創るとは,一緒に生きることだ。
──岡本敏子『いま、生きる力』(青春出版)16ペ いま、生きる力 (青春文庫)


:-) ♪
スポンサーサイト

【なぞのイベント】ナガロック NAGAKUTE ROCK FESTIVAL '09 

神殿?

バンド演奏

お店など

似顔絵やさん

Tシャツやグッズ




ナガロックかんばん


説明は後日だ!

【オススメ】トヨタテクノミュージアム(産業技術記念館) 

大学の友人が名古屋へ。
昨日は名駅で夕食,のち我が家に宿泊,今日は2人で
トヨタテクノミュージアム産業技術記念館に行ってきました。

それほど期待していなかったのですが(^^;),
行ってみたら,これが予想以上に,よかった!
すばらしかった!


館内は大きく「繊維機械館」と「自動車館」に別れています。
とくに「繊維機械館」がよかった。

ここのすごいのは,展示されている機械(織機)が
全て現役で動いているということ。

産業技術記念館:自動織機


産業技術記念館:糸つむぎ


キレーなお姉さんや,工場服を着たおじさんが,
実際に機械を動かしながら,わかりやすく説明してくれます。

もっとも原始的な〈綿の紡ぎ方(つむぎかた)〉に始まり,
「高機(タカバタ)」;機織り機,
そして豊田佐吉の開発した「自動織機」と,
技術や装置が,いかに受け継がれ,いかに進化していったのか,
体験型でわかるようになっています。

産業技術記念館:糸つむぎ機械


ただモノがガラスケースに入れられて展示されているのとは,
迫力や,伝わる情報量が全くちがう。
「技術の進歩」というものに,深い感動を覚えました。
ニンゲンって,賢い。人類すげえ!

ここに行くと,確実に,Tシャツを見る目が変わります(^^;)。
Tシャツばかにしちゃいかんよ。
これほんと,すごい技術の結晶なのだ。


そして,生産性の大幅な向上により蓄積された富が,
次の自動車の開発へと,つながっていくのです
(豊田自動織機から,トヨタ自動車へ)。

受け継がれ,つながっていく歴史。

自動車館は繊維館ほど体験型ではありませんでしたが,
お好きな方にはたまらないかと。
産業技術記念館:自動車館


他にも,
 ・蒸気機関の実物(巨大!)の実演
 ・子供もあそべるテクノランド(ばね,てこ,振動などなど)
 ・おもしろグッズいろいろなミュージアムショップ
 ・万博でトヨタ館に展示されたトランペット吹くロボット
 ・なぜかミニコンサート
などなど,てんこ盛りです。1日遊べます。


名古屋駅からも至近。め~ぐるも走っています。
意外と知られていない穴場スポット,
トヨタテクノミュージアム産業技術記念館
(わたくしも今日はじめて行きましたが(^^;))オススメです。

名古屋にいらした際には,ぜひに。

-------
トヨタ産業技術記念館
〒451-0051 
名古屋市西区則武新町4-1-35
TEL: 052-551-6115
FAX: 052-551-6199

-------
【Web参考記事】
 ○気まぐれPhoto日記:トヨタテクノミュージアム 産業技術記念館(1)(2)
 ○毎日がレビュー:トヨタテクノミュージアム 産業技術記念館


【サイト内 関連記事】
 ○【オススメ】「うみはく(海の博物館)」in鳥羽

祝! 


\(^^)/ \(^^)/ \(^^)/


 祝!中日ドラゴンズ日本一!!


\(^^)/ \(^^)/ \(^^)/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。