ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

3か月とワーク・ライフ・バランス 

●3か月

手帳(フランクリン・プランナー)の年間シート

就職から,まもなく3か月。
よく言われるところの「3日,3か月,3年」
「3か月」をクリアしようとしています。

だから,もうあと「3年先」まで大丈夫!(^^;)

……か,どうかはともかく(^^;),
やはりことわざというのはよくできたもので,
3か月で,(よくもわるくも)ずいぶん慣れてきました。


○よい点は,無駄な消耗が減ってきていること。

 4月はガッチガチに緊張していましたが,
 だいぶリズムもつかめてきて,職場にも慣れて,
 ほどよく,力が抜けてきつつあると思います。


○わるい点は,職場に染まってきていること。

 以前,「歯車」について書きましたが,
 いまの仕事は,創造性を必要としない仕事です。
 むしろ,創造性なんて発揮してはいけない。
 指示通りきっちりこなすことが求められている事務仕事です。

 そうするとどうなるかというと,脳ミソを使わなくなる。
 「自分で考える」ということをしない。 し,してはいけない。
  (もちろん,適宜判断するという意味では,自分で考えますし,
   脳ミソ使いますが,まぁたかが知れている範囲)

 結果,ふと振り返ると,4月のころとは,
 ちょっと意識が変わってきている自分がいる。
 脳ミソの一定部分が,さびついてきているかんじ。

 嫌なのは,慣れきって,組織に埋没してしまうこと,
 受け身でしかモノを考えなくなること。

 自分の人生に対して,主体的態度はキープしていたい。


しかしとはいえ,
「朱に交われば赤くなる」というのも,また事実であります。
人間はそれほど主体的ではなくて,
環境・立場に規程される部分は,まちがいなくある。


●ワーク・ライフ・バランス

そこで大事になってくると思うのが,
今回の表題の後半部「ワーク・ライフ・バランス」であります。

仕事については,もうそういう仕事なので,
けっこうしょうがない。
そういう選択をしたのだから,完全に割り切る。

で,その一方で,勤務後や,休日のすごし方を大切にする。

さいわい,消耗も減ってきているので,
帰宅後や休日も,ひたすら休養休息に充てるのではなく,
すこしずつ何かをする余裕が出てきました。

今日も,師匠の営業のお手伝いをしてきました。

  親子で楽知ん科学教室1 親子で楽知ん科学教室2


週末の楽知ん研究人としての生き方を,大事にしていきたい。

仕事に慣れるので精一杯で,「ワーク」に傾いていたバランスを,
すこしずつ,「ライフ」(でも仕事もライフの一部なんじゃないかと
思うのだが,なにか,もうすこしいい言葉はないのだろうか?)の
方に,ちょっとずつ戻していく。


まぁそんなことを,最近考えています。



---- +

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

【オススメ】トヨタテクノミュージアム(産業技術記念館) 

大学の友人が名古屋へ。
昨日は名駅で夕食,のち我が家に宿泊,今日は2人で
トヨタテクノミュージアム産業技術記念館に行ってきました。

それほど期待していなかったのですが(^^;),
行ってみたら,これが予想以上に,よかった!
すばらしかった!


館内は大きく「繊維機械館」と「自動車館」に別れています。
とくに「繊維機械館」がよかった。

ここのすごいのは,展示されている機械(織機)が
全て現役で動いているということ。

産業技術記念館:自動織機


産業技術記念館:糸つむぎ


キレーなお姉さんや,工場服を着たおじさんが,
実際に機械を動かしながら,わかりやすく説明してくれます。

もっとも原始的な〈綿の紡ぎ方(つむぎかた)〉に始まり,
「高機(タカバタ)」;機織り機,
そして豊田佐吉の開発した「自動織機」と,
技術や装置が,いかに受け継がれ,いかに進化していったのか,
体験型でわかるようになっています。

産業技術記念館:糸つむぎ機械


ただモノがガラスケースに入れられて展示されているのとは,
迫力や,伝わる情報量が全くちがう。
「技術の進歩」というものに,深い感動を覚えました。
ニンゲンって,賢い。人類すげえ!

ここに行くと,確実に,Tシャツを見る目が変わります(^^;)。
Tシャツばかにしちゃいかんよ。
これほんと,すごい技術の結晶なのだ。


そして,生産性の大幅な向上により蓄積された富が,
次の自動車の開発へと,つながっていくのです
(豊田自動織機から,トヨタ自動車へ)。

受け継がれ,つながっていく歴史。

自動車館は繊維館ほど体験型ではありませんでしたが,
お好きな方にはたまらないかと。
産業技術記念館:自動車館


他にも,
 ・蒸気機関の実物(巨大!)の実演
 ・子供もあそべるテクノランド(ばね,てこ,振動などなど)
 ・おもしろグッズいろいろなミュージアムショップ
 ・万博でトヨタ館に展示されたトランペット吹くロボット
 ・なぜかミニコンサート
などなど,てんこ盛りです。1日遊べます。


名古屋駅からも至近。め~ぐるも走っています。
意外と知られていない穴場スポット,
トヨタテクノミュージアム産業技術記念館
(わたくしも今日はじめて行きましたが(^^;))オススメです。

名古屋にいらした際には,ぜひに。

-------
トヨタ産業技術記念館
〒451-0051 
名古屋市西区則武新町4-1-35
TEL: 052-551-6115
FAX: 052-551-6199

-------
【Web参考記事】
 ○気まぐれPhoto日記:トヨタテクノミュージアム 産業技術記念館(1)(2)
 ○毎日がレビュー:トヨタテクノミュージアム 産業技術記念館


【サイト内 関連記事】
 ○【オススメ】「うみはく(海の博物館)」in鳥羽

〈衣食足りれば他人の笑顔〉研究会 in 大崎 

土曜日に東京で開かれた
「〈衣食足りれば他人の笑顔〉研究会 in 大崎」に参加してきました。

講師は,さわかみ投信の澤上篤人さんと,
楽知ん投信の秋田総一郎さん。参加者は50人くらい。

秋田さん講演・「ブロックス」 秋田さん講演・「ブロックス」


澤上篤人さん講演 澤上さん講演


会場の様子 会場の様子


金曜に仕事おわり後,直で名古屋駅に向かい
(職場,名古屋駅のすぐ近くなのです),新幹線で東京へ。

「あかかぶ」で大学のときの友達と飲んで,友達の家に泊めてもらい,
翌日は仮説社へ。午後から研究会。

卒業以来,8か月ぶりの東京でした。もうそんなか。早いもんだ。

8か月ぶりの東京は……
あまり,変わってませんでした(^^;)。
変わったとしたら,ぼくの方なのでしょう。


研究会は,参加者同士の交流あり,持ち寄りのレポート発表あり,
なかなか,よい会でした。

オミヤゲは,
楽知ん研究所の新刊『みんなでフランクリンになろう!』。

2006年夏にベンジャミン・フランクリンの生誕300周年を祝って開かれた
「フランクリン研究会」のときの記録をまとめたものです。
とても,読みやすい本にまとまりました。

ぼくも,写真を提供したのと,あとコラムが1本載りました。
(もくじに,自分の名前が載っていると,うれしい。うへへ)

まだ更新されていませんが,近日中に
楽知ん研究所の楽知ん商店街から買えるようになります。
よければ,お手にとってみてください(^^)

『みんなでフランクリンになろう!』

事件に思う ~ たねをまく/ものごとを善悪で考えない 

たねをまこう。
えらぶるでも,肩に力を入れるでもなく,
ただ自然に,淡々と,しあわせのたねをまこう。

1人でできることなんて,とってもタカが知れていて,
でもいつも,どんなことも,そこからはじまるし,
そこからしか,はじまらない。


さりげないやさしさが,
誰かをちょっぴり幸せにすることがあって,
そのちょっぴりが,次のちょっぴりを呼ぶ(こともある)。


芽が出るかなんてわからなくて,
そのまま無駄になってしまう種もたくさんある。
あなたは,徒労を感じるかもしれない。


でも,その中のいくつかでも芽が出て,
それが,誰かの〈ちょっぴりの笑顔〉につながることがあるなら,
それは,なかなかよいことだと思いませんか?


だからぼくらは,たねをまこう。
いつか,たくさんおはなが,咲くように。


    *

ひどい事件だと思う。
もちろん,人を殺すことは,
現在の刑法上,許されることではない。

でも。
その人には,
そんなにためこんでためこんで,
もうどうしようもなくなってしまうまで,
誰も,だ~~れも,
周りに,話を聴いてくれる人もいなかったのか。
心を開ける相手が,いなかったのか。

その孤独と絶望──絶望的な孤独と,絶望を思うとき,
ぼくは,ただ単純に「悪」とか「狂っている」とか切り捨てて
忌んだり憎む気持ちには,なれないのだ。
(ぼくにも,とても似た時期があったから……)


さまざまな意味で,悲しい出来事だと思う。


    *

そして,世の中には,報道されないだけで,
そんな悲しい出来事が,世界で毎日たくさん起こっている。

その中で,目立つものや比較的距離の近いものだけが,
我々に伝わってくるだけなのだ。

だからぼくは必要以上に,心を揺らしたりはしない。

1人でできることは,とってもタカが知れていて,
止められない出来事なんて,世の中に星の数ほどある。

    *

でも/だから,
ぼくらは,幸せのたねをまこう。

いつか,
たくさん笑顔が,咲くように。




  *  *  *


-- 続きを読む --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。