ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

困憊,重圧なお果てず 

よる

Empty.
It's empty. So I feel empty.

But, there is ...


(2009.08.15改題)
スポンサーサイト

I'm Busy Dreaming Now. Beating/ 

なんともいえぬ

疲れた。忙しい。おわらない。
夏休みほしい。南の島でトロピカルにゆっくりしたい。
昨年は感じなかったのに,今年は夏休みのある小学生をみると,
無性に裏山しひ。


Working. Dreaming. Now I'm Editiing... On the Road.


わーきん,どりーみん,
なうあいむえでぃてぃん~~  ……道ナカバ。道ナカバ。

【ぶつよくとストレスと心強さと 1】Wエンジンの惚れてまうやろーっ!! (DVD) 

前略,暑い日が続きますが,みなさま,
夏の特別手当,いかがお使いですか。

3連休のなかび,朝からブログを更新している私の心には,
微妙なさみしさ,隙間風。ぴゅるるん。

さて,はじまります,
「ぶつよくとストレスにまかせて買ってしまったよシリーズ」その1。
記念すべき初回は……,これだっ!
 
  
Wエンジンの惚れてまうやろーっ!! ~モテない男の心の叫び~ [DVD]Wエンジンの惚れてまうやろーっ!!
~モテない男の心の叫び~ [DVD]

(2009/06/24)
Wエンジン




そんな,
俺の心見透かすようなネタばっかりガッツンガッツンかまされたら,

    ほれてまうやろーーーーーーー!!! ( ̄ロ ̄)


なおかつ,安い。
定価1500円のところ,アマゾンで1188円。(7月19日現在)


お笑い好きだ,みたいな話しをすると,
「え,○○くん(←わしの本名)テレビとか観るんだ……」的な
反応をされて,いつも,びみょうに不本意な思いをする(・ω・`)

   気をつけなはれやっ!




───────────────────
 参考(観たことない人のために)
  → YouTube 「Wエンジン」で検索

 → たぶんこれも。お好きな方にはたまらないかと。
   改めて観ても,い,いい……

History repeats itself. 

「ハリーポッター あずがばんのしゅーじん」を
観ていたら,計算が完了したらしく,

 ちーん!

と鳴って,答えが出た。

歴史は繰り返す。きもちわるいくらいに。
私が,それを引き寄せているのか。

私は神秘主義者ではないが/ので,時々ハマる落とし穴。
それは罠? はたまた,幸福への道しるべ?


いまは,これ以上書けない。
明日の朝,自己検証する。

おやすみなさい。


────────────+
翌日の追記

翌朝,検証。
蒸し暑さでアタマがおかしくなっていたらしい(笑)。
明らかに,考え過ぎ。

でんぱなことを書いてしまったわ,よよよん。
でもまぁ,おもしろいので,残し。
基本,削除はしない主義だ。バカね。

ずみしょう 

投票済証

なごやしぎかいぎいん Mくせんきょく ほけつせんきょ
とうひょうずみしょう

通称「ズミショウ」

  *

カイシャの同期とメールしてて
「おれ,メールがくどい。たまに自分で反省する」と書いたら,

 「うん,知ってる。
  ストレス量に応じて文が長くなるのも知ってる」

と,ケツだけ星人のデコ文字をつけて返されてしまった。
見事なクロスカウンター。I've Knocked Out.

知らぬは,本人ばかりなり,のお話。
おー恥ずかし。

それでも受け容れて,トモダチでいてくれる同期に感謝を。
ありがたや,ありがたや。おかげさま,おかげさま。

Iえだ君,いつもありがとう……

   *

書くことは,ぼくにとって一種の発散・昇華なので,
ストレス解消行為だ。
だから,ストレスが増えると,アウトプットも多くなる。

手段は人それぞれで,おしゃべりや歌(カラオケ)の人もいるが,
ぼくは,音声言語よりも,書き言葉が,どうやら,性に合っているらしい。


ためこむと,ビョウキになるので,
愛想をつかされない程度に,友人に吐きだすのは,
健全さ維持に不可欠の行為だ。


世の中,もちつもたれつ。


おもてめん
ズミショウ おもてめん。

交通手段と最終目的地について(ふろく:田んぼの写真) 

交通手段と最終目的地について


あるいは単に,手段と目的について。ひとこと。

ある人と,どこまで友人になれるかは,
「〈最終目的地〉を共有できるか」がキモだと思う。

ここで言う「最終目的地」とは,

 「その人が,たどり着きたいと願う場所
  (地平,世界,Destination,終点,呼び方は,別になんでもいい)」

のことだ。

う~ん,もってまわってますね。
まぁようするに,「実現したい理想」のことね。
その人が,いちばん大事にしているもの。

最終的な理想を共有できないと,
表面的にどんなに気が合っても,
親友(深友,心友=「こころの友」まるしー剛田 武さん(東京都))にはなれない,
と思う。

……たぶん。
すくなくとも,ぼくは。 ぼくの経験上。

  *

逆に,目的地を共有できれば,
そこへ至るまでの交通手段については,
話し合いの余地があると思う。

名古屋から埼玉まで行くのに,
新幹線を使うのか,高速バスを使うのか,
在来線を乗り継ぐのか,徒歩で向かうのか,
タクシーを使うのか。

それは,その時の事情――フトコロや,緊急度や,
どの乗り物が好きかや,ミチヅレはいるのかや,その他のもろもろ,
に基づいて,話し合って決定すればよい。

別々の乗り物を選んで,
どっちが早く目的地に着くか,どっちが道程をたのしめるか,
競争するのだって,たのしいだろう。

そこには,建設的な議論の余地があるし,
健全な競争や,なんとなくの信頼関係もある。

これが「友情」であろう。

田んぼ


そのあたり,小学生などは,まだオコサマであるから,
目的地だけでなく,途中の手段まで自分と意見が一致しないと,
ハバにしたり,イジメたりする。

それは,自己が確立していないからだ。
自分の判断に自信がないから,他人と意見が違うと不安だし,
他人の成功をねたむし,あげく,
その他人が弱ければ,複数で寄ってツブしにかかる。
(ぼくにも,うんと昔を探れば,
 心当たりの1つや2つ,ないわけではない)


んで。な,

小学生は,まぁしかたないとして(?),
この国には,小学生のままオトナになった人もたくさんいる
(ホントはそんなのは,オトナとは呼ばないのだが)ので,
オトナの社会でも,そういうバカな事は,実はたくさんある。


でも,それは間違いだ。
それは,間違いだ。(2回言ってみた)
それは,間違い間違い間違いだ。(3回言ってみた。わん!)

すくなくとも,たいへんみっともない(と,ぼくは思う。個人的意見ね)


目的地を共有できれば,
そこへ至る手段については,複数のルートがありうるし,
着くだけなら,何に乗ったって着くのだ。
「どこに行きたいか」の意見に比べれば,ささいなことだ。
些末事だ。

どのルートがいちばん最適かは,各人の抱える事情で違うし,
乗ってみなければわからない場合がほとんどだし,
リスク分散としても,いろんな人が,いろんな予想を立てて,
各自実験してみた方が,成功の確率も高まる。


特に,ルートの確立していない地点をめざす場合は,
なおさらだ。
誰の意見が最もよいかは,試してみないと,わからない。

たくさん試した内で,だれか1人がルートを見つけさえすれば,
後ろの人は,次から,そのルートを辿ることができる。


みちなき道だったものが,
ある者は草をとり,誰かが道を広げ,力を合わせて舗装をし,
やがて「誰もが通れる,安全な道」ができあがる。
人類の叡知は,みんなそうやって築かれてきた(のだと思う。…たぶん。)
あー,人類ってすばらしー。なんて,すばらしいざますか。


そういう目でみれば,パソコンも,えんぴつも,
ハサミも,携帯電話も,時計も,蛍光灯も,家も,
道のアスファルトも,コンクリートの電柱も,
ふとんも,まくらも,Tシャツも,じーぱんも,

身の回りのあらゆるもの全てが,偉大な発明で,
われわれは毎日,たいていは意識しないで駄々草に,
その恩恵に,どっぷりどぷり,浴している。

気付かないまま守られて,
先人たちの叡知がコナクソたまった浴槽の中に,
おきらくに浮かんでいる。 ぷかぷか。

 (それは幸福なことなので,いいし,でもたまには,
  その幸福の「おかげさま」について,ちょびっと思いを馳せてみても
  ちっとも,バチはあたりまへんわ。うん。)


え~と,なんの話だっけ(^^;)
そうだ,目的地と交通手段のはなし。


……。

……。
なんか結論めいたものがあった気がしたのだが,
何を書きたかったのか,忘れた(^^;)。


まぁようするにアレだ,アレだよ,君。
生きることはすばらしいよ,ってことだ。

多少のうっとうしーことがあっても,
そんなのは釣り銭が足りなくなるくらい些細な事で,
どんなに差し引いても,
世界は,世界に生きていることは,あまりにもすばらしー,
「かけがえのないこと」だってこと。

らぶあんどぴーす。いっつぁ,ひゅーまにずむ。
おーけー?

ゆーしー。おーけー。ざっつらいと。HAHA,HA。
べりべりーはっぴーねー。


   *

えー,疲れと蓄積疲労で,じゃっかんコワれてますが,
(コラ,「疲れ」と「蓄積疲労」はほぼ同じものだぞ。 てへっ)

もとい,だいぶコワけてますが(もともとゆー説もある),
仕事,ヤマは超えつつあります。

この土日はのんびり急用,もとい,休養。


 秋に,葉っぱが赤くなる…… それは紅葉。
 秋に,葉っぱが黄色くなる…… それは,黄葉。

 指定した口座に,毎月ふりこまれる……
 それは,キューヨ。

給与,全然つかってません。実家暮らし万歳。
たまには,好きなものでも買ってみようかと思います。
(え?親孝行?父の日? 気付いたら今年も終わってたよ,アハハ(^o^))


あいかわらずの注意欠陥・多動・軽躁で,
ムリクリですが,まぁ,おあとがよろしいようで。

ではみなさま,よい休日を。ちゃんちゃん。


土日もおシゴトの方,おつかれさまです。
おつかれの神経細胞には,
みどりの写真でもどうぞ,おひとつ。

あおあお
碧々してきました。あおあお。
田んぼってすばらしー。
日本人の「心の風景」(原風景)ですな。 ←ここ,譲れない。断固。1ミリたりトも。

 *1枚めが6月6日,2枚めが7月7日(いずれも愛知県名古屋市,同地点)



──────────+
[追記] 11:28
今日は,とても良い報せがあつた。
感動した。うれしかった。

2年めの責任 /「100点をめざせ」の意味 

このところ,“お給料もらう仕事”の方も,
仕事のヤマを抱えている。

ミスがあると,お客さまの生活に,
わりと重大な影響が生じうる仕事なので,
モレがないか,かなり気をつかうし,
シメキリもあるので,けっこう連日残業(明日もシゴト)。

2年めにして,重くなる責任。
1年めとは,ステージも自ずと違ってくる。


そんなクソ忙しい中,
本店の人事部から“降ってくる”研修もあったりして,
各支店の2年めを集めて,研修。私は水曜日に参加。

2年めになると,不思議とみんな「社員」ぽくなる。
新卒の,学生くささが抜けないまま,
どこか「きゃぴきゃぴ」していた新規研修に比べると,
ぐっと,オトナっぽい顔が増えた(気がした。気のせいかも w)

いつの間に,そうなるのか,なかなか不思議な現象だ。
自分も,変わったのかな。自分を見つめるのはむずかしい。


んで。

1年めの研修でカイシャのエラい人(名前は忘れた)から聞いた,

   「100点を目指せ」

という言葉を,ふと思い出していた。

いわく,
「学生の頃は,80点をとっていれば成績優秀で,十分だったと思う。
だがこれからは,君たちは,100点を目指さなければダメだ」と。

いまいち説明が下手くそだったので,
(つーかまぁ,正直に非を認めれば,ぼくがダメ社員だったので),
その時は,意味がわからなかった。

「100点? 無理ムリ,そんなの。
 どんなに頑張ったって,ミスはするよ。それが人間だもん」

とか,思っていた。たいへん「わかっていなかった」(^^;)。
おー恥ずかし(^^;)


2年めのいま,この業務を担当しながら,思う。
「100点じゃなければダメなのだ」と。

いまやってる仕事は,モレがあったり遅れが生じると,
顧客に重大な不利益が生じうる。

だから,1件のミスもあってはならないし,
遅れが発生してもいけない。
お客さまが遅れたら,こちらから「お忘れでは」と
電話もかけるし,住所が変わってたら捜索もする。
(あんまり内容書くと,やばいなコレ。このへんで止め)


とにかく,ミスはダメだ。失点は許されない。
だから今,

  「あぁ,やっぱり100点じゃなくちゃダメだった」

と,思う。

「またエラいお年寄りの方がウルサいこと言っとる」
くらいに思った去年の自分の後頭部をドツいて,
張り倒してやりたい
。いやマジで(^^;)。


人生は,失敗と後悔の繰り返し。
たくさん恥ずかしい思いをして,情けなくって,
でもそれで止まったりしたらもっと恥ずかしいことだから,
(わかるかい? ユキくん),

  「今回は,たまたま何とかなってラッキーだったな」

  「まぁクビにはならんかったし,まるもうけ!」

  (/「命は落とさんかったし,まるもうけ!」) と,

とりあえず思って,ほんで,次へ向けてまた歩くのだ。

失敗した分,成長して。
すこしだけ,前よりはマシになって。

そういうものだ。
(と,またわかったようなことを懲りずに書く,
 反省しないわたくし(^^;))


(わかるかい? ユキくん。
 大事なのは,転んだら起きることなんだって。
 めげずに,できるまでやることなんだって。 な?)


────────────
人生あせることはない―栄養学の母・香川綾九十八年の生涯人生あせることはない
―栄養学の母・香川綾九十八年の生涯

(1999/10)
香川 芳子


【雑想】幸福感の合成によるフラクタル構造について 

まろ♪さんのメモへ,トラックバック

  投資をたのしむ♪:資産が増えるほど幸せ?
A点とB点はいくらくらいなんだろう?
幸福感がピークを過ぎた後、再び上昇? 横ばい? さらなる下落?
もちろん、人によりけりだけど、ぼんやりとでもつかんでおきたいもの。


(以下は,まず上記リンク先を開き,その図を見ながら読み進めるベシ)


●赤の曲線をコピペして,位相をずらして大量に配置します。
(個人から,N人の幸福感へ)

●このN個の赤カーブを合成します。(X軸(時間経過)に沿って,足し合わせる)
 すると,そのグラフも,
 フラクタルに,1コずつの赤カーブと同じような形状になるはずです。

 個々をみると,没落していく人もいて,上がっていく人もいて,
 全体としても,またピークがあるイメージ。

●これを仮に「クニ」レベルとすると,
 1クニを,さらに複数個配置して,合成すると……

 これを「セカイ」とする。
 1セカイを,複数個……

●と,無限にフラクタル


まろさんの問題意識からはややズレますが,ちょっとした思考実験。
コメントしようかと思ったけど,長くなったので自ブログからトラバ。

ほんとは図を添えると読者へも親切だけど,時間と意欲なしで割愛。
(誰か得意な人,描いて(^^;))

    *

つまり,1人1人だと,どうしてもピーク超えると落ちていくので,
次の世代へのバトンタッチが必要になる。

バトンタッチする場合,
「次の世代をわがことのように思う」という条件を設定すれば,
ワカモノの幸せを,自らの幸福感として取り込むことができて,
そうすれば,幸福感は枯渇しない。

つまりつまり,

  「他人の幸せを願えるか」

が,幸福感のポイントなのだと思う。
そしたら,幸福感の多寡は,理論上無限。
けして収束しない。(ゲーム理論の「プラスサム」の世界)


実際,社会性ほ乳類である我々,ヒト属ヒト種には,
遺伝的・文化的に,そういう仕組みが備わっている(ある程度まで)。

それは,「汝,なんじの隣人を愛せ」のように,
多くの宗教をみればわかるし,
最近流行している「成功哲学」の類いも,あれはある種,宗教の代替で,
基本的にみ~んな同じ,
1つの「コツ」(人間関係の原理原則)のことを言っている。

集団レベルの利益(幸福)と,個人レベルの利益(幸福)を,
うまく矛盾しないように,調整・強化する仕組み。


あとは,宗教や本ごとに,表現や例示のしかたが違うだけだ。
基本は,み~~~んな同じ。わかっちゃえば,かんたん。
(ただし,「わかる」と「できる」は,また別問題)


ぼくも自分なりに,いつか理論的に整理して呈示したいという,
やぼうを持っていたり,いなかったり。(つまり,持っています(^^;))
駄作になるかは,書いてみないとわかんない。

──────────────────
【参考記事】

  こころに残る言葉:「人の幸せを願い,人の不幸を悲しむ」

藤子センセイは,「わかっていた」。
(昔の文章で,たいへんお恥ずかしいですが……)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。