ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

【完成\(^^)/】『お玉杓子は蛙の子』(祖父の自伝) 

IMG_2364_s.jpg

できた \(^o^)/ \(^o^)/


お玉杓子は 蛙の子

お玉杓子は 蛙の子
なまずの孫では ないわいな
それがなにより 証拠には
やがて手も出る 足も出る

デンデン虫は かたつむり
さざえの孫では ないわいな
それがなにより 証拠には
つぼ焼きしよにも ふたがない

たこ入道は 八っつ足
イカの兄貴じゃ ないわいな
それがなにより 証拠には
イカに鉢巻 出来やせぬ

風にゆらゆら すすきの穂
ほうきのせがれじゃ ないわいな
それがなにより 証拠には
すすきでドラ猫 どやされぬ


今川一彦/東 辰三 作詞


 3月20日に「ただいま編集中」と書いていたものです。
 ずいぶん時間かかってしまったけど,うれしい!

 さて,もうひとつの仕事も,まもなく大詰め。
 収穫の秋!
スポンサーサイト

【10/2】長期投志を考える会 【12/26-27】大道仮説実験ワークショップ 

お知らせ2つ。

────────────────────────────────
●【10/2】長期投志を考える会(名古屋)

【日 時】 2009年10月2日(金) 19時~21時
【講 師】 仲木 威雄氏(さわかみ投信 取締役 戦略企画部長)
      西生 智久 (楽知ん投信 代表取締役)

【会 場】 名古屋市青少年文化センター「アートピア」
      名古屋市中区栄三丁目18番1号 ナディアパーク内

【参加費】 無料
【定 員】 46名
【締 切】 定員に達し次第。

【申込先】 楽知ん投信株式会社
      gyoumu [at] luctinfund.co.jp
      03-3222-1220

 → 楽知ん投信のページ / さわかみ投信のページ


────────────────────────────────
●【12/26-27】大道仮説実験ワークショップ(宝塚)


【日 時】 2009年12月26日(土)13時 ~27日(日)15時
【会 場】 宝塚駅ビル ソリオホール

【参加費】 おとな 1,2000円(おみやげつき)
       学割・小中高生・2人割・3人割引あり

【定 員】 150名
【締 切】 定員に達し次第または12月7日(月)

【主 催】NPOほうじん 楽知ん研究所 
【申込先】事務局 金政桂子 kanemasa [at] luctin.org

 →詳しくはパンフレット(PDF, 840KB)

────────────────────────────────

【仮説実験授業】〈水分子の冒険〉体験講座in刈谷 

2日間休んでも,明日も明後日もしあさっても,
まだカイシャ行かなくてもいい休みだなんて,
なんてすばらしいんでしょう!

IMG_2312_s.jpg

IMG_2324_S.jpg

IMG_2328_s.jpg

IMG_2332_S.jpg

IMG_2334_S.jpg

IMG_2340_s.jpg

主催:刈谷たのしい授業入門サークル

昨日参加してきました。たのしかった。 :-)

【memo】法学のオモシロサについての覚書き 

Viva 連休!(^o^)♪
みなさまいかがおすごしですか?

さて,いまの仕事は,法律が関わることもしばしば。

が,理系出身のわたくしは,
大学で教職課程の「日本国憲法」をとったくらいで,
今まで,きちんと法律を学んだことは,全くない。
 (なお,教職は中途挫折したw)


先日,研修でいろいろケーススタディをしていて,
ようやく,すこしおもしろみがわかったので,メモ。


●今までの法律のイメージ
 ・わかりにくい条文(わざと書いてるんじゃねえか,これ)

 ・読んでも,実務的なことはさっぱりわからないから,
  あんまり意味がない
 (仕事上関係してくるような実務上の運用は,基本的に
  「細則」等々に規定されているものらしい)

 ・所詮はヒトが便宜的に設定したルール
  決め方でどうでもなるのだから,詳しく勉強してもあんま意味ない


●すこしわかったおもしろさ
 ・こまかい条文を追うことよりも,
  その法律の設計された「目的」(設計者の「意図」)をおさえ,
  それをもとに「そのためには,ここはこうであるはずだ」と
  予想を立てて読むと,論理パズルのようで,おもしろい


とにかく,こまかい条文の暗記みたいなのはつまらん耐えられん,
と思っていたのだが,設計者の「意図」を追っていくと,
きちんと対話が発生し,初めて,おもしろみを感じることができた。

制度設計者側(つくる側)の視点に立って考えて,
設計の意図を追っていくと,おもしろい。
それなりの論理にのっとって,きちんと,
条文(パーツ)をうまいこと組み合わせて設計されているし,
明らかに「こいつは設計上のチョンボだろ」と思われる部分もある。

もちろん,ヒトがつくるものだから,欠陥がないわけないし,
社会状況は刻々と変化するから,
設計当時にそれなりに最適な解でも,
うまく機能しなくなっていくことは当然,あるだろう。
常に,法律は現実の後追いになるはずだ(?)。 (←これウソかも)

そのへんに,法学を学ぶおもしろみがあるのかな,と思った。


  *

[追記]
 あと,ルソーとかモンテスキューとか,あのへんまでさかのぼると,
 また違ったおもしろさがありそうで,一度べんきょうしてみたいと思っている。
 「自然人」とか「法人」とか,社会契約とか,今の社会では
 勝手にアタリマエ・前提にされちゃって,きちんと解説されることがあまりないもの。

こまかい話には,やっぱりあんまり興味がなくて,
常に,私の指向は原理的なところへ向かっていく。
 (これは中学高校生のころから変わらない私の指向/嗜好)
 (なぜならそれは「自由」へとつながっているから,なのだろうなぁ)

こまかい勉強じゃなくて,そのへん(法学の本質的なこと)を
感動的に学べる本があったら,オススメ教えてください。

【Blieben Sie So.】続けることが自信になり意欲を呼ぶ 

 幸の〈サクセス〉ダイアリー: 初日。
明日もあるけど.....。行けるかなぁ~。

いけ(笑)

たくさんチャレンジして,たくさん失敗して,
じゃんじゃん挫折したらいいよ!

失敗を反省するヒマがあったら,動け!動け!

動け!動け!動け!


いったん習慣がつくられれば,
習慣が,君を支えてくれることだろう。

「やる気が出たから,活動する」んじゃなくて,
「活動してるうちに,やる気がついてくる」のだ。

ヒトの脳みそって,そういうふうにできてるらしいよ~。

ワガシャのこと/2年めの野心 

1年めの昨年は,給料もらうだけよろこんで,
休みでよろこんで,
仕事おぼえるのでおおむね精一杯だった。

2年めになって,欲がでてきた。

私は,せっかく働くなら,充実感もって働きたいし,
同僚にも,たのしく働いてもらいたい。 ←ここが欲

どうすれば,もっと,
自己肯定感や幸せ,たのしさ,充実感などなど,
を持って働けるだろうか?

それはかんたんで,2点だ。
(1)顧客満足を追求すること
(2)お互いを知り,いたわりあうこと

ではないか,と,思う。

充実感は,他者との関わりの中で感じるものだから,
仕事上のそれは,
(1)お客さま - 社員関係
(2)社員 - 社員関係
という2つの関係に,集約することができるからだ。

ウチのカイシャは,
「顧客満足度の追求」という点において,
低レベルだと思う。すくなくとも,十分でない。

タテワリで,隣の課はおろか,
下手すると同じ係内の隣の人の仕事さえ,よく知らない。

目的や意味を意識しないまま,カタチと前例だけで
仕事はじめるから,ノロいし,鈍い。

無理解が,サービスレベルの低下と,
シャイン間での実につまらない反目を招く。

   *

批判だけすることほど,かんたんなことはない。
それでは,グチや陰口だけ言う奴と,変わらない。

問題設定を,
自分にできるレベル・サイズに落とし込み,
どう行動でもって表現するか。

退屈してるヒマなんてない。

【質問】たとえ給料がもらえなくても,あなたはそれをするか? 

2コ前で「科学は心に訴えるものがないか?」という記事を書いて,
私のブログにしては珍しく(笑)コメント欄がもりあがったのだけれど,

その中で,
「現代の科学研究は,体制化・専門化して,こまか~い研究が増え,
  つまらなくなってしまった」
という私の主張に対して,異論があるとのことであった。

で,ちょっとズレるが,

 「ある人が,それを本当に好きで,おもしろがってやっているか」

は,

 「給料がもらえなくても,それをするか」

で,判定できるのではないか,と思った。

それが単に「体制」で「“大勢”」だから,それをしているのか?
それとも,みずからのたのしみの中で,それをしているか。


もし「給料もらえないようなら,いまの研究テーマはやらな~い」
というような,覇気も情熱もない人だったら,私は,お金を出したくない。

逆説的になるが,

 「給料もらえなくても,私はこれをやる。
  私は,これをすることが好きで,これが,私の生き甲斐だからだ」


という人になら,いくらでもお金出して,援助したい。

 「あなたの気の済むまで,とことんやってください!
  そのために必要なお金なら,ここにありますけぇ!!」

と応援したい。(いや,そんなお金ないけどね(笑))(今はね)
そういうものじゃないか,と思う。


  意志に,人は惹き付けられる。
  燃やせ,情熱の灯を。


別段,職業研究者に限らず,そういう情熱をもって
イキイキと,たのしく「自分の人生を生きる」人が,もっと増えたら,
どんなに世の中が暗くても,それは,よい世の中だと思う。

意志や信念をもって真剣に生きてる人って,
やっぱりカッコいいし,
どんなに飾り立てたオシャレよりも魅力的だ。


そういう人に,もっともっともっと出会いたいし,
自分も,そういう種類のジンブツでありたいものだ。


  たとえ給料がもらえなくても,あなたはそれをするか?
  (Show me your priority. あなたの優先順位を示せ)

【書評】情熱と快晴 - 岡本敏子『いま、生きる力』 

2つ前の記事で,ウロ覚えで岡本敏子さんの言葉を引用したので,
引用元を参照しながら,きちんと紹介しておこう。

いま、生きる力 (青春文庫)いま、生きる力 (青春文庫)
(2005/09)
岡本 敏子


岡本敏子さんは,芸術家・岡本太郎さんのパートナーだった人である。

この本は,今年の5月ごろ読んだのだが,
「今年のわたくし的読書ベスト3」はおろか
わたくし的殿堂」入りが,確実視されているほど,
なかなか鮮烈な印象を残した本であった。

非常に,スカーッ!としていて,
生き方も,それを反映した文章も,
簡潔明快で,エネルギーの「よどみ」が全くない。

だから,読んでいてキモチいいし,
うじゅうじゅした時,たいへん,よく効く。
元気でますよー。

私のように,せまい自分の脳内で,
ちまちまとモノを考え込むクセのある者には,
バランスを立て直す上で,たいへん好ましい。
脳みそのコリが,程よく,ほぐれる。

コリがほぐれて,ぽかぽか循環がよくなる感じだ。

「セケン」はなにかとせせこましくて,
「ゲンダイシャカイ」はなにかとせわしなくて,
ちょっと気を抜くと知らん間にアレコレにからめとられて,
思考が矮小・固定化し,カッチカチになり,いわゆる煮詰まるから,

どんな手段でもいいけど,
自分なりのリフレッシュする手段を手持ちで持っておくことは,
生きていく上で必要だと思う。
(それが読書つー人はけっこう少数派かしら?)

(岡本太郎は)こう言っていた。
「人に認められよう,うまくやろう,ときょろきょろしていると
 無限に弱くなってしまう。認められなくていい。認めさせない,と決意してやれば
 なにもこわいことはなくなる」


誰だって,付き合ってみればば自分というものが一番面白い。
そして,解っているような気がしているが,一番知らないのも自分だ。
しかもその探検はキリがない。
これで解った,自分はこういう人間だ,なんて思っても
それは一時の幻想,迷妄にすぎない。
だから追いつめて,追いつめて,「らしく」なんかじゃない
ギリギリの自分を突きつめてみることに,~


「何をしたらいいのかわからない」「私は何をしたらいいんでしょう」
なんて言ってるヒマはない。そんなことを言ってボンヤリ坐り込んでいる
自分は何なの?それはどういう人間なの?と食いついてみると,
もりもりと面白くなって,一瞬一瞬が冒険になり,実験室になる。

実に,いさぎよいのだ,としこさん。

   *

もう1つこの本には,
「男女のパートナー論」という側面もあって,
それは上記の「生きる」の部分と不可分なのだが,
それはまた,いつか別の機会に……ということで,

気になる方は,現物をご参照ください。
文庫なので,すぐ買えます。


────────────────────────────────
 8月14日の快晴
  '09.08.14

 

この記事はあまりに落ち着かないため,記事削除のうえ欠番としました。

 2010.2.21 管理者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。