ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

【主張】iPadの数詞は「枚」であるべきだ 

iPad (c)アップル
「iPad」キタ━━━━(・∀・)━━━━ッ!!



ということで,ガラでもなく,
思わず2○んねる風に叫んでしまいましたですけれども。

小飼弾さんのブログ経由でこのビデオを観ていたら,
久しぶりに「これ,……ほしい!」と思った。

「モノを見て食指を動かされる」のは,久しぶりである。*1

アイフォンを見ても,ぼくの食指は動かなかったが,
これは,動かされた。

自分の生活でどう使いこなせるか,
いまいちイメージしきれてないのだが(^^;),

 「これは,きっと画期的な道具になる!」

と,ビデオ観てて,思わされたのである。


パソコンとも,アイフォンとも,ベツモノですわ,
これはきっと。

とにかく,上記ビデオを一度,ごらんあれ。

   *

そこで,日本国民としてはいち早く(かは,既に疑義があるが),
iPadの数詞は「枚」とする
ということを提案しておきたい。

このモノは,明らかに,数詞は「枚」であるべきだ
「台」(パソコン1「台」)ではないだろう。


……こんなこと書かなくても,自然にみんな「枚」と
呼び習わしそうな気はする。(^^;) 「Pad」だもんね。

iPad (c)アップル


次のボーナスまで,たのしみに働けそうである。
  :-) ~♪


────────────────────
*1:「嫌消費世代」(/堅・賢消費世代?)という言葉があるそうだ
 ぼくもまさに,その1人だと思った。だってガツガツ買い物しなくても,
 物質的に不足な~んにもないもん。(わたしは現在25歳である)

 本を読んでいないのでアレだが,
 消費が「嫌い」なんじゃなくて,無駄に買い物する「必要」がない,
 という感覚が近いかなぁ。*2

 橋本大也さんの
「嫌消費というネーミングは、著者やこの本の想定読者層(おじさん、おばさん)の消費は美徳という価値意識を表しているなあと思った。「堅消費」とか「賢消費」だったらだいぶ印象が異なっただろう。余暇と浪費の世代と比較したら、彼らのほうが道徳的に(地球環境的にも)まっとう
という指摘は,スルドイ指摘だと思った。

 ───────────
  *2:というわたくしでも,自分の「ツボ」にはまるモノを提示されれば,
    物欲は動くのである。
スポンサーサイト

【ニュース!】浪花おふくろ・かいたく・楽知ん投信 合併 

 浪花おふくろ投信 かいたく投信 楽知ん投信

の3社の合併が,本日付けで,
各社ホームページ上で発表されています。

新しい会社名は,「クローバー・アセットマネジメント」。

 おふくろ投信:http://www.728ofukuro.co.jp/topics/#eid298
 かいたく投信:http://www.kaitakuam.co.jp/news/2010/026-1752.php
 楽知ん投信:http://luctinfund.co.jp/news/details.aspx?InformID=123


本社は,「大阪市中央区内本町一丁目1番8号」とのことで,
これは,おふくろ投信の現オフィスですね。
  
ファンドが統合されるわけではなく,

 ・会社を合併して管理コストの削減をはかる

 ・ファンドは3本ともそのまま残す
  (1つの会社が,3本のファンドを運用・販売する)
  (運用も,各ファンドあくまで独立に行う)

ということだそうです。

浪花おふくろ投信の「おふくろ便り」に,
すこし詳しい説明が掲載されています。一部,引用します。

 合併する「楽知ん投信株式会社」と「かいたく投信株式会社」は,
 どちらも「おふくろファンド」と同時期に設定された,
 長期投資で長期保有型のファンドを運用し直販している会社です。

 弊社以外は東京に本社を置く会社ですが,
 いわば,根っこが同じ会社なのです。

 事務管理業務など共通する部分を統合することによって,
 それぞれが負担していたコストを大幅に削減することができます。

 何よりも同じ思いを共有する仲間で知恵を出し合い,
 お客さまにとって,もっともっと利便性の高い
 サービスをご提供することが,今回の合併の最大の目的です。
 ~~
 合併によって「浪花おふくろファンド」の運用や販売スタイルが
 変わることはありません。
 今まで通り,地道に愚直に運用・販売を続けていきます

 >> http://www.728ofukuro.co.jp/letters/items/tayori17.pdf

とのこと。
-- 続きを読む --

まだまだつづく,日記。 

────────────────────────────────
●1月25日(月)
 眠くなったところをグッとガマンして,編集作業のつづき。

 ごはん食べて風呂入ると,
 思わず布団あるいはコタツに吸い込まれ,ウトウトする。
 布団もしくはコタツは,ほかほかと暖く,心地よい睡魔を誘う。

 ここを乗り越えてパソコンに向かえるかが,
 平日に作業が進められるか(=生産性を上げられるか)の分岐点のようだ。
 やりだせば,けっこう熱中して,脳みそも働いてくれる。

 ただ,普段は,10戦8敗くらいの確率で,疲労感と睡魔に負ける(^^;)。
 だって昼間も仕事して帰ってくるだよ~ん。

 今日は,このところ比較的調子がよいのと,
 「週末は研究会」というシメキリ効果があったので,勝てた。
 これぞ「克己」である。(そんなおーげさなもんでもない)


 さて,では思う存分布団に負けて,心地よく眠ろう。
 おやすみなさい。フカフカフカ!

────────────────────────────────
●1月26日(火)

・帰宅してメールチェックすると,
 「おらが町の投信」先発3社である浪花おふくろ投信,かいたく投信,
 楽知ん投信 の3社の合併が発表されていた

・時おなじくして,鎌倉投信が,まもなくファンドを設定するとのニュース。
 募集開始が2月10日,設定が3月29日とのこと。
  ここはファンド・オブ・ファンズじゃなくて,
 どうやら直接,株式に投資する形で運用するファンドのようだ。
  (→ ref:ロイターの記事ブルームバーグの記事

・明日は職場の新年会。

────────────────────────────────
●1月27日(水)

 新年会,つつがなく終了。幹事だったので,ホッとした。ほっ。
 職場には強い愛着はないが,
 一緒に働く人々は,実にニンゲン的で,愛すべき人々である。

 愛すべき人々よ。

────────────────────────────────
●1月28日(木)

「おらが町の投信3社 合併」の記事に追記。
 ぼくは逆に,また新しい展開も見えてくるだろうし,
 けっこう期待している。かいたくファンドも,大阪にオフィスなら,
 東京から山陰より,大阪から山陰の方が,だいぶん近い。

・「iPad」の発表を知る。コーフンしてしまった
  モノをひとめ見てすぐ欲しいと思うのは,ぼくの中では,
  近年まれに見る,珍しいことだ。これ,買おう。


────────────────────────────────
●1月29日(金)

土日は研究会なので,ワークショップのまとめ冊子を
とりあえず形にして持っていくべく,残りの分を仕上げ,
20部を印刷・紙取り。
このへんの作業は,昨年にレーザープリンタを
導入してから,ずいぶんラクになった。

日付をまたいで,25じ40ふん就寝。

1月も終わりだなぁ。


────────────────────────────────
●1月日()

────────────────────────────────
●1月日()

【科学史の本としても】 夏井睦『傷はぜったい消毒するな』 

傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学 (光文社新書)傷はぜったい消毒するな
(2009/06/17)
夏井睦 (光文社新書)



副題は,「生態系としての皮膚の科学」。

傷ができたときに,
「消毒して,乾かす」が世間の常識。

しかし,著者の主張では,
傷は消毒せず,乾燥させない方が,傷は早く治ると言う。
これは,医学の常識に,まっこうから反する。

著者は,外科から形成外科にうつった,形成外科医である。
形成外科の世界では,傷は消毒・乾燥させないのは,
常識であるそうだ。

それが,外科の常識とはあまりに違うことに驚いて,
著者は,「傷の治り方」を研究し「湿潤療法」を開発する。

しかし,この「湿潤療法」は,
なかなか,治療法として受け容れられない。

なぜなのだ,と悩んで,この人は,歴史を掘る。

んで,科学史やパラダイム論に行き当たり,
この本の後半は,なんとパラダイム論の本になるのだ。

新書で,これくらい内容が「展開」する本は,
なかなか見たことない。

楽知んを古くから知る人なら,
知っている人は知っている,
「ゼンメルワイス」の話も出てくる。

    *

おもしろいと思ったのは,
この「発見」ができたのは,
 自分が途中で,外科から,形成外科にうつったから
と著者が書いている点。

はじめから形成外科に入門すると,
形成外科では傷を消毒しないのは「常識」なので,
疑問を持つ人はいないそうだ。
「外科の非常識は,形成外科の常識」
「形成外科の常識は,外科の非常識」
なわけである。

もう1つは,

 「インターネットとの幸福な出会い」

という章があって,

著者の提唱した「湿潤療法」は,
同僚や周囲の医師からは,支持されなかった。
しかし,自分のホームページ
(医学と関係ない,クラシック音楽についてのページ)で
湿潤療法のことを日記で書いたところ,
ホームページの読者から口コミで広がって話題になり,
追試をしてくれる人もあらわれる。

革新的なアイデアが最初に受け入れられたのは,
既存の権威ではなくて,
インターネットを通じて「大衆」からだったのだ。

このへんのことも,おもしろい。
自分の経験が先にあって,その体験を解明するために,
パラダイム論のことが紹介されているので,迫力がある。

いい本だ。『たのしい授業』を読んでいる人で,
科学史のことにも興味がある人なら,おもしろく読めると思う。

続・しばらくふつうの日記 

────────────────────────────────
●1月17日(日)
・ようやく,ワークショップまとめ冊子の編集に着手。
 意思をついで「アルバム」をつぎ足すであります,編集長!
 フジイ編集長は,お元気だろうか。

・そのほか,ここには書けないことを本日2コ開始。
 もそもそ。もしょもしょ。にょそにょそ。

やっすんさんの日記「1月17日」に心を動かされた。

────────────────────────────────
●1月18日(月)

 職場の某先輩に薦められて小倉千加子『結婚の条件』
 この本は,すごい本だ……。


結婚の条件 (朝日文庫 お 26-3)結婚の条件 (朝日文庫 お 26-3)
(2007/01)
小倉 千加子



 「開けてしまった扉は,2度と戻れない」は,
 ホラー小説の惹句ではなく,この本のためにある。
 ご注意を……


────────────────────────────────
●1月19日(火)

・休日出勤の代休で,午後休み。
 りそな銀行に寄って,口座を開設した。動機は2つ。

1)「カンブリア宮殿」(テレビ東京)で りそな銀行会長 細谷英二さんの回 を見た
 :窓口時間を夕方5時までとするなど,お客さん側に立ったサービス提供

2)某U銀行で早朝にATMからお金を預けたら,手数料をとられてアタマに来た
 :なお,澤上さんの著作によれば,銀行は預貸率の低下でお金が余っているそうである。
  だから,お金を集める気がないらしい?

わしが口座変えてどうなるもんでもないけど,
まぁ,せっかくなら応援したくなるような所を使わせていただいた方が,
気持ちよく生活できる。 自動引落なども,順次きりかえていく予定。
(なお,ぼくのメインバンクは,イーバンクである)


・メモ:ハイチ
  ・JMM:冷泉 彰彦「見捨てられた国、ハイチの悲劇」
   :「失敗国家」(_wikipedia)という言葉の存在を,初めて知った。
  ・ wikipedia - ハイチ


────────────────────────────────
●1月20日(水)

くつしたが破れ,親指のみ露出した状態を
専門用語で「お父さんが家出した」と言う。

今日は「お父さんが家出したくつした」を繕(つくろ)った。
針仕事は,けっこう嫌いでなかったりする。

お父さんは無事に家族の元へと戻っていった :-> 

────────────────────────────────
●1月21日(木)

 東区葵にヤマザキマザック美術館ができる そうだ。

────────────────────────────────
●1月23日(土)

 やっと土日! しこしこと作業を進める。
 今回のテーマは「省力」だったのだが,やり出すと,つい凝ってしまう。
 しかし,もうすこしペースを上げないと,ちっとも進まない。
 あぁ,毎日,本だけつくって暮らせたら,ぼかぁ幸せだろうなぁ。

 ま,自分の選んだ道だよね。

────────────────────────────────
●1月24日(日)

・だいぶ進んだ。

・久々に書評を掲載。いつもと違う文調にしてみた。
 ちょっと硬派なかんじ? 我ながら,全くなじまない(笑)

────────────────────────────────
●1月日()

【ふしぎな調査結果】未来は明るいか? 

村上龍さんのコラムで,こんな記述があった。
Q.1046 あるアンケートによると、今年二十歳を迎える新成人の8割が「日本の将来は暗い」と考えていて、自分たちの将来については6割が「明るい」と楽観しているそうです。
新成人に対して、「経済」の観点から、何かアドバイスをお願いできればと思います。

興味がわいたので調べてみると,どうやら,
「マクロミル」(マクロ見る?)という会社が行なったアンケートのことらしい。

  マクロミル:2010年 新成人に関する調査

今年新成人となる男女516名で,インターネット上での調査。

  「日本の将来は暗いけど,自分の将来は明るいと思う」
というのは,
なんだか不思議なビジョンの持ち方のようにも思えるのだが……??

どう解釈したらいいのか,いまいちわからないでいる。
この違和感は何だ?

なにか引っかかる感じで,
それはなにか,とても重要なことのような気がするのだ……

 (この記事,つづく)


─────────+(追記)

・要約は「明るい/暗い」の2分法でセンセーショナルに報じているが,
 詳細のPDFデータを見ると,多いのは「どちらかといえば暗い」「明るい」である。
 するといちばん多いのは
 「日本はどちらかといえば暗いけど,自分の将来はまぁ明るいんじゃないか」
 という感じか。これなら,だいぶ話は違う気もする。

 ぼんやりした感触であり,強い危機感や多幸感は感じられない。

・謎のηさんからコメントをいただいて,2009年にも同社の同じ調査があることを知った。

・なぜこの問いが気になっているかというと,楽知ん研究所が
 「どんな未来にしたいですか?」という紙芝居を製作中だから。
 この紙芝居,
 なかなかおもしろいので,機会があったらぜひご一読(一覧?)を

しばらく普通の日記 

────────────────────────────────
●1月4日(月)

・仕事はじめ。世間的には6日くらいまで休みの企業が多いようで,
 通勤のバス内も,やや人影まばら。

 1/1付で異動あり。Tさん去り,Oさん来たる。
 取引先にも人事異動。

 1週間休むと,脳みそがボケていて,
 再起動にすこし時間がかかった。如実な反応の鈍磨。
 午後には調子を取り戻す。


・祝・HUNTER X HUNTER連載再開。
 「感謝するぜ,お前と出会えた これまでの全てに!」
 それは読者のセリフです,ネテロ会長。会長かっこいいよ,会長。

 もくじコメントの富樫せんせいの「今年の目標はできるだけ描くことです」
 という言葉に泣きそうになったハンターファンは,
 わしだけではあるまいて。うぅ。


・油断していると年賀状がばんばん届き,在庫が底をついてしまった。
 コンビニにはまだ売っているだろうか?

────────────────────────────────
●1月5日(火)

・油断した,と反省しながら「もう届くまい」と油断していたら,
 さらに年賀状のあらし。どうしたことだ!
(でもいろんな人の近況を読むのは,たのしい。
 送っていただいた皆さん,ありがとうございまっス!)

 お年玉つきが入手できないみたいなので,
 通常の官製はがきで返信を出そうと思います。
 ありゃ,もう「官製」とは言わないのかしら?

「民営ハガキ」なのかしら?

・中日新聞に落合監督の記事。この人は,とてもアタマのいい人だと思う。
 「オレ流」とか言われているが,高いプロ意識と,責任感の人。

────────────────────────────────
●1月6日(水)

 月曜日から始まると,休みが遠い。

 さわかみ投信に 10周年記念ファンド仲間総会レポート のページ。
 新年更新では,鎌倉投信の動画もわかりやすくてよかった。

────────────────────────────────

●1月7日(木)

・越年で抱えていた仕事上のトラブルに解決の見込み。
 一方で,ためいきのタネはつきない。ヨヨヨ。
 あのメタボなハラをつねり倒してやりたい。くそぅ。
 

・仕事後,漢方医へ。処方継続。
 やや強面だが,年末には「おとそ」の出しパックをくれるおちゃめな主治医。
 漢方医の出す「おとそ」は,……さすがホンモノ,うまかった。
 「おとそ,うまかった」と伝えたら,うれしそうににっこり笑ってくれた。

あと1日で3連休。

────────────────────────────────

●1月8日(金)

尼崎たのしい授業フェスティバル(3/27-28)に参加申込み。
 年度末で仕事もいちばん火を吹く時期なのだが,
 講座内容をみていたら,思わず行きたくなってしまった。

 出口陽正さんの〈1と0〉と,宮地さんの〈電磁波の世界〉がめあて。
 〈ものとその所有〉も気になるし,キミコさんにもお会いしたい。
 おぉ,たのしみ!

・同期数人と焼肉。うまし。

────────────────────────────────
●1月9日(土)

 午後から,中日ビルで開かれた勉強会「長期投資の輪」に参加。
 「銘柄うんぬん」といったマニアックな質問が出ず,
 高校生の発表もあり,とてもいい会だった。

 明日は勤務。

────────────────────────────────
●1月10日(日)

 勤務。お客さんはすくなめ。

 お酒を飲んで帰宅すると,甘いものが食べたくなるのはなぜだろう?
 3日連続で飲酒をしたのは,考えたら人生はじめてかもしれない。
 ぼくの私生活では珍しいことだ。

────────────────────────────────

●1月11日(月)

・ようやく大道仮説実験ワークショップの記事を更新。

・どうやら,丈を詰めすぎたようだ。がーん。
 高い授業料。ぐすん。
 失敗することでしかヒトは前に進めないとしたら,
 わたくしは,また1つ賢くなりました。えへん。

ミクロワールドサービスという会社の
 アメーバのDVDを衝動買いしてしまった。うへへ。うへへ。

────────────────────────────────

 ◆思いつきで始めて1週間。ふつーの日記,けっこう楽しい。
 なんや自分の心情的に,新鮮。なので,つづく。飽きるまで。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。