ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

引越し1周年 と 日々かわっていく風景 

引越し=ひとり暮らし開始(再開)から,
ちょうど1年が経った。

1年前,私は引越しをしていた
1年後,私は何をしているだろうか?

生きていられればいいと,思う。


 めし
  【思い出写真メモ】引越し当日の空 

明日から6月だ。

スポンサーサイト

思春期が終ろうとしている 

何度か,行きつ戻りつ,寄せては返しの波を経つつ,
今回こそ本当に(ホントか?),
思春期が終ろうとしているのを感じる。

2011年3月26日の朝日新聞be,
ユニクロ柳井正さんの記事
私が若い人に一番伝えたいのは,
人生は希望を持たなければ生きていけない,ということだ。
 (中略)
自分の心の内側ばかりを見つめるのはやめた方がいい。
私も大学時代は,本当の自分とは何か,などと日々悩んでいた。
だが,社会に出ると,毎日,
「会社がつぶれる」「家族や社員が路頭に迷う」といった
不安にさらされつづけた。そこで,気づいた。

自分の内側を見つめていても,
結局,何も生まれないし,解決もできない。

 (中略)

自分自身に期待する。
人より少しでも得意な部分を必死で探し,
一生懸命に磨く
。そうすれば,必ず活路は開ける。

他人は誰もあなたに期待していないかもしれない。
だからこそ,最後の自分の味方は自分でなければいけない。

ファストリテイリング会長兼社長)

いまなら,これがよくわかる。
(#でも,思春期は思春期の役割で,
  自分を見つめつくす時間も,ものすごく大事だから,
  いままさに思春期の人は,おもきし,悩めばいいと,思うけどね)

  心配しなくても,いつか,ちゃんと,トンネルの出口に出る。
  「そういうふうに,できている」。)

思春期というか,青春? まぁ,なんでもいいけど,
だって考えたら,もう,27だもんなー……。

   *

しばし,アクセル踏み込んでいこうと思う。
己の能力を以て,1ミリでもいいから,社会に資する。
役割がある方が,人生はガゼン,おもしろくなる。

今日もカイシャへ行ってきます。


────────────
【参考記事】:
 「自己の確立の上に,関係性の開花がある」(ブログ内記事)
 #原典は マンガ評論サイト紙屋研究所

事務職と青山(せいざん) 

テレビの「Style+」で,
仕事人列伝,釣りざお職人のことをやっていた。

驚嘆すべき正確さで,すべての作業が緻密に仕上げられていく。
曰く「全て無心です」と。

昔は,こういうのは,ひたすら驚嘆の対象だったが,
今では,すこし,そういう感覚もわかる。

レベルは違うが,事務職でも,
ずっと端末と向き合っていると,そのシステムと,
自然に,「完璧に調和」?シンクロできるようになってくる。
(だいたい,1年くらいはかかる)

システムのクセや,端末のパソコンの処理速度や,
そういった全てが,身体感覚として既に蓄積され,
かつ,処理するパターンごとに,全ての「こちらの動き」も
カラダでおぼわっている時,
その動きや処理速度は,「芸術」的なレベルまで,高まる。

感覚としては,
戦闘機乗りが,自分の飛行機を「愛機」と呼ぶ感覚に近いのかなぁ。

テンキーをたたく速度とかは,ピアノの名手の能力に近い。

さらに,システムで処理しきれない部分を,
手補正したり,紙出力したものにねじ込んだり,
(ねじ込み,ひねり込み)
そういうことまで含めて,1~3年くらいやると,
仕事が職人的になる。

そういう時の,
全てがうまく仕上がった時の快感は,なかなかすばらしい。
達成感と全能感があり,官能を感じる。

  *

考えてみれば,事務職も「職」である以上,
極めればそれは「職人」である。

職人というと,テレビやマスコミのイメージで
「手仕事」という感じが強いが,
事務職だって,職人にはなれるのだ。

 ジンカン,青山至ル所二有。

世間で一般には「非クリエイティブ」だと思われている
事務職にだって,職人への道はひらかれている,と思う。

そういうことを指摘してる文章って,
見かけたことないなぁ,と思ったので,書き留めてみた。

めし

自由と規律 

自由に生きるなら,規律が必要だ。
人一倍強く気高く,己を律する規律が。

誰かや、既存の規則に判断を委ねず、
自分で判断することを選ぶなら,
自分の判断が「凶器」にならないように,
人一倍,賢明で,慎重で,
思慮と配慮に満ちていなければならない。

その上で限界「ぎりぎり」を攻めたところに,
自由の躍動や「かっこよさ」の成立がある。

そういう仕事,動き方をする者に,どういう分野であっても,
人は驚き,感動し,惜しみない評価を与えるものだ。

自己規律をおろそかにして,自由はありえない。

〔キロク〕にんじん栽培 

5月11日(火),ハヤシライス製作時に開始。

3日目
3日目。

4日目
4日目。

5日目
5日目。

窓際で栽培中
10日目,こんな感じで

11日目
11日目,今朝のようす。
 だいぶ,わさわさしてきた!

日記(5/12-15)「いつでも 君の幸せを願ってるよ。」 

(5/12-13)
  • 日記が止まってしまったのは,毎日へろへろだったからで,
    毎日へろへろだったのは,風邪を引いていたからだ。

    27年生きてみても,未だに,この時期の布団調整は,奥義がつかめない。
    「あつくて布団けっとばして寝ていると,朝方冷え込み,
     朝起きるとガッツリのどが痛い」のパターンの,やつやっ!

  • というわけで,風邪ひいてダウン……はできないので,
    だましだまし仕事をしていたら,金曜夕方には声が枯れ,
    土曜日に朝起きたら,ホントに声が出なくなっていて,
    ちょっとビビッた。ここまでなんは,初めて。

    でも,ともあれ,なんとか週末にたどりついた。ほっ……。

  • (5/14-15)
  • で,そんな状態にも関わらず,なぜか同課同期の友人2人を
    我が家に招くことになり(いや,自分で起案したんだけどさ),
    昨日夕方から2人がウチに来て,泊まっていった。

    ハヤシライスと野菜炒めと,チーズと酒と,唐揚げと
    ぽてちと,その他もろもろのものを飲んで食って,
    スーパーファミコンをして遊んだ。
    (我が家では,スーパーファミコンが現役稼働である.
     「マリオカート」と「桃鉄」をした。)

  • ふたりは,終電で帰るのかと思ったら,
    寝袋をしいて,1枚の羽根布団を仲良く分け合い,
    無理矢理泊まっていった。

    朝寝をして,
    今朝,駅前で3人でモーニングを食べて,
    彼らは駅へ,わたしは自宅へと帰った。

    もちろん私は,いい友人を持った。
    大好きだ。いつでも,君たちの幸せを願ってるよ。


  • ちょうど暑くもなく寒くもなく,いちばんいい気候の時期。
    今日は本当に穏やかに晴れている。 気持ちのよい,にちようび。

    もうすぐ,引っ越して1年になる。

    ♪「あなたを好きになったのは~,1年前の今~日~」

    さて今日は,あと,なにをしようか。 ──(5/15 11:30)


───────────────
>> 
つれづれノート (角川文庫)つれづれノート (角川文庫)
(1991/06)
銀色 夏生

日記(5/11) 

(5/11)
  • 昨日につづき,雨がざーざー降っている。
    今週は金曜まで,ずっと雨の予報。

    南の方に台風があって,台風は左巻きなので,
    南にある海からゾワゾワと空気が吹き上げられて
    湿気が供給され続け,降水が弱まらない,という仕組みらしい。

    外勤のおばちゃんたちが苦労してみえる。
    ご苦労さまである。頭が下がる。

  • が,雨だと店内は落ち着くので,
    今日は風邪の療治のために,体力を温存しながら,
    抑え気味に仕事させていただいた。

  • 同期の友人から「最近キャラが不安定だ」との指摘。
    指摘の通り,確かにこの時期は,おおむね,軽躁になりやすい傾向がある。

    父を見ていると同じ傾向があるので,
    どうやら「遺伝性の季節性そううつ病」のケがあるんだろうなぁ。

    ひとにかける迷惑を最低限に留めるには,
    〈自分の傾向をしっかり把握して,セルフコントロールする〉こと。

    ……というのが,大学時代のガタピシャから学んだ教訓と対策。
    これは,経験値の蓄積で,おおむね,年々上達する。

  • 同様に,自分で解決や判断できないことは,人に頼る。
    「その〈人に頼ったり判断を仰ぐべきかの判断〉を自分でする」
    ところまで含めて,
    「自分で自分(/あるいは自分の責務)に責任を持つ」
    ということ。

    「無知は罪ではない」が,
    「無知を理由に責任放棄したり,
     解決されるべき状況を未対処のまま放置する」のは,怠慢。

    #新人さんは,まだ学生さんが抜けてないので,
      このへんの線引きが,まだ甘いことが多いようだ。
      厳しく言う人もいるけど,個人的には,
      まぁ,ゆっくり大きくなればいいんじゃないかと思う。
      (甘いか? でもまぁ,言えるほど自分が立派じゃなかったからなー 汗)

  • 本日の習得スキル
     :82画面でF7キー押すと名寄せ検索可能

( おやすみなさい )

 (明日の日記につづく /かもしれない)

日記(5/10) 

ちらしのアップなど,つみ残しの仕事もいろいろあるが,
しばらく日記など。


(5/10)
  • GW明け2日目,風邪。
    昨日の朝,起きたらノドが痛かったのだが,
    勤務を終えて帰宅後,急速に疲れが噴出(休み疲れ?)

    今朝起きたら体が熱っぽくて関節も痛かったので,
    職場に電話して午前休をとった。午後は
    外せない用事で出勤。

  • その外せない用事,
    今後をうらなう,重要な打合せに参加。
    「ほぁー,こういう世界もあるんだなー」と,
    海軍の中将クラスと白ひげの隊長クラス同士の戦闘に
    巻き込まれてしまったコビー
    のような気持ちで見学。
    いやはや「覇気」とかすげぇよな……

  • ところで,H区はやはり武家の街。
    M区の外れの農民の出自にはややハイソすぎる,
    街並みの落ち着いた風格。

    身分制度が制度としては解体されてから140年経っても,
    残るものは残る,のだなぁ。
    それが文化とか歴史とか,伝統と言うのでしょう。

    (ぼくはコミュニストではないので)
    それはそれで尊重すべきことだと思う。


  • そうそう,本日,新人さんが窓口業務にデビュー。
    季節の風物詩。
    ワガシャでは,だいたいいつもGW明けである。

    雨で来店のお客さまの数も少なく,
    程よいデビューとなったようだ。よかった。

    ワガシャの研修期間は短く,
    基本「無茶振り気味でOJT」という
    荒っぽい強制教育がなされる。


 ( 明日の日記につづく )

とどいた/できた/できた/うえた 


石井達也『ボクらの日本一周どんぶらこ』
届いた! いい本だよ~。
詳しくは「たのしい長期投資」No.11 とか参照あれ。


 #著者の石井さん=たつんこさんの
  mixiついったーも貼っておく。


澤上篤人『お先に失礼!2』
できた。いい本だよ~。

詳しくは明日配信予定の「たのしい長期投資」No.12
5ペ:新刊紹介のCMページを参照あれ。
わたしも製作に参加したので,あとがきを書きました。

楽知ん研究所で通信販売中。
(※ふつーのお店やアマゾンには,並びません)


ひみつの冊子
できるときはできるもので,もひとつ「できた」。
こっちは「職務上のひみつ」に関わるので,非売品でござります。

いちおう「ぼくの職業」を知ってらっしゃる方で,
興味のある方には,実費でお分けできますので,
コメント欄かメール等で,個別にご相談ください。


おまけ:植えた(夏野菜 苗)
おまけ;「うえた」。

今日,夏野菜の苗をベランダのプランターに植えました。
去年はトマトを育てたんだけど,植えるのが遅かったので
ちっこいのしかならず。
今年は,キュウリと,ししとうを1株ずつ。

すくすく育つとよいな~。

   *

以上,GWやすみ,満喫中。

昨年は,GWに部屋を探して,5月末に引っ越した から,
もうすぐ,「ひとり暮らし2」を始めて,1年になるんだなー。
早いもの,でしょうか。

おれのGWはちゃんと Golden Week か? 

気付けばすっかり日も暮れ。
No.12,まもなく脱稿。

昨日「イヒ!」が降りてきて作業を始めて,
今日も朝から丸1日,メシと休憩,午睡のほかは作業しつづけて,
ようやく,脱稿が見えてきた。

今月号は,勢い余って,
いつもより2ページ+で,大増6ぺ~じ なのだっ。

   *

ふと手を休めて,我に返って,
2日間,このすばらしい陽気の休日に
ロクに人とも会わないで部屋にこもって
パソコンに向かい続けていても平気な自分に,
ちょっと,引いた……(笑)

ほんでも,飽きもせんと続けられるのは,
やっぱり活字並べるのが好きだから,なんだろうなぁ……

満足いくレイアウトが出来上がると,
元気が出る
(というか,脳内でなんか出る)もんな……。

そんなワタクシの黄金週間。
さ,あと1ページ。作業に戻ります。

(なんだ,結局自慢したかったんだな,
 おれの休日は充実しとる,と /はい隊長,その通りです。)

   *

明日は職場の同期の結婚式二次会があるので,
ニンゲン的な社会性を回復する予定。
(しかし,着ていく服がない気が………)

4月 月報:状況はあっという間に変わる 

今日から5月。
昨日今日と実家でのんびりして,今から帰るところである。
じいじのとこへも寄れた。

野草

4月,月報。

  • ジェットコースターのような,怒濤の1か月だった。
    「めまぐるしい」とはこのとこか……。

    全力「なるはや」で担当業務と係内での事務フローを覚えて,
    月後半には窓口にも半強制デビューにより,ガツガツOJT。

    いやいや,異動して3週間のやつをお客さまとの接点に出すとか,
    どんだけムチャなカイシャだよ……
     (そうでもねーのか? 世間の基準がわからんが)

    というわけで,疲れた。
    が,自分なりにはよくがんばったと自己評価。


  • 一方で,環境変化によるストレス・緊張感が回復。
    脳みそが活性化して,再び,能力成長が再開された。

    昨年度の後半は,完全に「慣れ」と「ダレ」がはびこり,
    ストレスが不足して,仕事上の成長が停滞していた。

    ゴムモデルで言うと,完全に「たるみきって」いた。
    適度な「張り」がないと,ニンゲン,成長もない。
    その点では,今回の異動に感謝している。

    (ゴムモデルは,直感的にはとてもよく合うのだが,
     実際にそれに対応する実体が,どこにあるのか謎だ。
     神経系の,特定のネットワークに,そういうモデルに対応する
     構造が実在するのだろうか?;余談)


  • 新風が吹き込んだことで,目的意識・問題意識も新規発生。
    いま,その分野の勉強がおもしろくてしょうがない。

    新鮮なうちに,収穫できるだけ収穫。
    フレッシュな時がもっとも栄養価が高く,吸収効率もよい。


  • 来月は,
      ・場数を踏んで習熟,もう一段上へ(まだ半人前以下)
      ・次の業務を覚える(全力疾走)

     → ◎勉強する時は,スピードと集中力を持って。

  • 4年めになって,何が変わったわけでもないが,
    変わる時は,意識も一気に変わる。
    3年めとは,また違う意識になる。

    則ち,我,最早「新人」と呼ばれざるなれば,
    其れ相応の実力なるべし。

野草B

 状況は流転する。変わる時はアッという間に。

 休養は重要だが,モタモタするのは惜しい。
 切替と集中に集中。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ボクらの日本一周どんぶらこ -きびだんごを配って四千里-ボクらの日本一周どんぶらこ
-きびだんごを配って四千里-

(2011/04/01)
石井達也