ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

【書評】『おカネで世界を変える30の方法』と『インビジブル・ハート』 

NPOバンクmomoのソーシャル・ファイナンス研究会に参加した際
その場で売られていた『おカネで世界を変える30の方法』という
本を買って,読んでみた。

おカネで世界を変える30の方法おカネで世界を変える30の方法
(2007/12)
JAPANエコ貯金プロジェクト [編]



内容に,違和感や反発を感じた。
「おカネの流れが社会をつくる」という基本原理は同意できるし,
「弱いものを守りたい」という心情もあるていど理解できるが,
「企業のすることは全て悪である」かのような一方的な言説や,
実名を挙げての告発主義には,賛同できない。

企業には企業の,立場や論理や,利害がある。
それを無視して,声高に「弱いもの」だけの都合を
述べても,問題は解決しないだろう,と感じた。


もし,正義感に燃える人たちを説得するとしたら,
どう説明したら,納得してもらえるのだろうか? う~ん。

それに,自分自身,たしかに企業には,
そういう負の側面もあるのではないか,というモヤモヤも
感じていた。


そんなモヤモヤを,
ブログ「投資をたのしむ♪」さん(このブログは,内容が,
いわゆる「投資マニア」なブログとは一線を画していて,
しばらく前から愛読している) で紹介されていた
『インビジブル・ハート』という本で,解くことができた。

インビジブルハート―恋におちた経済学者インビジブルハート―恋におちた経済学者
(2003/04)
ラッセル ロバーツ



折り込み部分の内容紹介を引用すると,
 ワシントンDCにあるエリート高校で経済学を教えるサム・ゴードンは,
政府による規制は有害であり,人類は自由な経済市場のもとでこそ
繁栄すると信じている。
 一方,同僚のローラ・シルバーは,
ウォールストリートジャーナルよりもワーズワースを好む文学者。
政府は,消費者や労働者を市場の暴挙から守るべきだと考えている。
 (中略)
 辞職の危機に追い込まれたサムに打開策はあるか?
ローラは,アダム・スミスを崇めるような男を愛せるか?
その答えが明らかになるとき,あなたは
ビジネスや市場が,いかにしてわれわれの生活を変えていくのかを
学ぶことになるだろう
とあり,
小説仕立てで,両極端の2人の議論を,
シーソーのように読んでいけるようになっている。
(本にはもうひとつ,大事な流れがあるのだが,ここでは省く)

非常に,すぐれた啓蒙書であると思った。
こういうものが書ける人がいるのが,アメリカの「厚さ」だよなぁ,
と思う。

巻末には注釈があり,各エピソードの出典が明記されていて,
この本をとっかかりに,経済学の知識をより深めていけるようになっている。


上記2つの本の内容は,対照的な内容だが,

  「人間の尊厳を守りたい」

という根っこの点では,実は,共通しているのだと思う。

だからこそ,もし『おカネで世界を変える30の方法』を読んで,
無条件に感動し “てしまう” (とここでは敢えて書く)ような人がいたら,
バランスのとれたモノの見方のために,
『インビジブル・ハート』を,読んでみてほしいと思う。


まだ書き足りないので,この記事,つづきます(たぶん)。

 *お礼方々,「投資をたのしむ♪」まろさん宛,トラックバック。

コメント

TBありがとうございます。

そしてご愛読頂いているとのこと、ありがとうございます。
投資マニアと一線を画すと言うより、なんか最近、投資の記事自体が少ない気もしますが(笑)

まろ #xl3yL0pg | URL | 2009/02/15 20:49 * edit *

コメント返信

>まろさん
こちらこそ,いつも興味深い内容をありがとうございます。
1つ1つの記事が,
重くなく,サクッと気軽に読める内容・分量なのも,
「投資を楽しむ♪」のすぐれた点だと思います(^^)

長期投資家を指向すれば,
日々のこまかい動きはどうでもいいため,
投資の話題がすくなくなるのは
ごく自然な成り行きである,と考えられますが,
いかがでしょう?(笑)

ガンジー #gJtHMeAM | URL | 2009/02/16 21:12 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/108-c8eba520
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。