ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

【言葉】「好きを貫け、人を褒めろ、人の粗探ししてる暇があったら自分で何かやれ」 

ひさびさ,「心に残る言葉」シリーズ。

かいたく投信の森本さんのブログ経由,
ブログ「My Life Between Silicon Valley and Japan」から。

自分を信じろ、好きを貫け、人を褒めろ、
人の粗探ししてる暇があったら自分で何かやれ。

『ウェブ進化論』(私は読んだことないけれど)とかを書いている
 梅田望夫さんのブログである。

うなづくところが多かった。引用する。

自分の良いところを見つけるには、自分の直感を信じ(つまり自分を信じるということ)、自分が好きだと思える「正のエネルギー」が出る対象を大切にし、その対象を少しずつでも押し広げていく努力を徹底的にするべきだ。そういう行動の中から生まれる他者との出会いから、新しい経験を積んで
(中略)
「好きなこと」と「飯が食えそうなこと」の接点を探し続けろ。そのことに時間を使え。

日本人は人を褒めない。
(中略)
「人を褒める」というのは「ある対象の良いところを探す能力」と密接に関係する。「ある対象の良いところを探す能力」というのは、人生を生きていくうえでとても大切なことだ。

もっと悪いのは、ダメな大人の真似をして、自分のことは棚に上げて、人の粗探しばかりする人がいることだ。そうすると利口に見えると思っているかもしれないけど、そんなことしている暇があったら自分で何かやれ。


大学にいた時もずっとそうだったし,就職して職場でも,つくづく感じる。
まぁほんとに,世の中にはヒマな人が多い。
もうちょっと自分を生きてたら,他人の噂なんて気にしてるヒマ


ともあれ,それをここで愚痴ってても,
それこそ「人の粗探ししてる暇があったら自分で何かやれ」であるな(笑)。


    *

別の話をしよう。
先日,朝日新聞の「be」(土曜版)で,

 吉岡秀人さん

という方の記事が載っていて,それは,良い記事だった。

「Japan Heart」という団体をたちあげて,
ミャンマーで,自らも医師としてバリバリ手術をこなしつつ,
仲間・後進を集めて,医療活動を行っている,という。
記事の語り口から,

  「あぁ,この人も〈疾走している人〉だ」

と思った。

「疾走している人」とは,ぼくの師匠が,
さわかみ投信の澤上篤人さんを指して言った感想である。

世の中には時々,「〈本当に自分のやりたいこと〉が
1mmのブレもなく定まってしまった人」
というのがいて,
そういう人はたいてい,自分の抱える目標に対して,
あまりに現状が遠すぎるために,人生の残り時間が足りなくなる。
やるべきことは多く,時間はいくらあっても足りない。

 だから,彼らは疾走する。



    *

で,後進としては,
自分なりに,彼らの背中を追っかけて走るのみ,
でありますわ。
自分で決めた道を。にょぼぼぼ('ε')


────────────────
[リンク]

 ●ジャパンハート JAPAN HEART -国際医療協力・海外医療ボランティア医師団-
  ●海を越える看護団

 ●発展途上国の子供を救え!
   ;吉岡さんのブログ。カミソリのような言葉が並ぶ。激しい。

 ●小児科医の子育て日記
   ;その奥様のブログ。おくさまも小児科医。
    パートナーシップの,もう一方の側からの視点が興味深い。

 ●書籍(近日発売)

飛べない鳥たちへ―無償無給の国際医療ボランティア「ジャパンハート」の挑戦飛べない鳥たちへ―無償無給の国際医療ボランティア「ジャパンハート」の挑戦
(2009/05)
吉岡 秀人

商品詳細を見る



────+
追伸(Mくん読んでるかな?)
まだ見つかってない人は焦らなくてもいいと思うよ。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/122-58fb6242
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。