ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

[続・軽躁取扱い説明書] /千と千尋によせて(働くといふこと) 

昨日はややしんみりしてしまったが,
軽躁の時には,IQや創造性,言語能力なども
上昇がみられるので,まぁうまく御せば,
いろいろ生産的なこともできたりする。

実際,躁鬱だったという
名のある文学者や科学者も多い()。

つまりは,バカもハサミも使いよう,というわけでして。
躁鬱も,毒にもクスリ(=生産性を上げる活力剤)にもなるっつー話。

     *

さて,昨日,『千と千尋の神隠し』を,テレビで観た。


千と千尋の神隠し (通常版) [DVD]千と千尋の神隠し (通常版) [DVD]
(2002/07/19)
柊瑠美入野自由

商品詳細を見る


後半はストーリーがしっちゃかめっちゃかで,
あまり好かんのだが,「湯屋」の世界観は,わりと好きだ。

最初,高校生のころだったかな?,映画館で観た時は,
あまり響かなかった。
しかし,それは作品の問題ではなく,
「働く」という経験がなかった,こちら側の問題だった。

数年後,ホテルの宴会場で蝶ネクタイつけて働く経験をした後,
「千と千尋」を観たら(その時もテレビだったと思う),
いや,もうね,すごいんだわ。 あれは,泣ける映画?です(^^;)

湯屋は,きっとホテルをモデルにしているんじゃないかと思う。
すくなくとも,宮崎駿さんには,きっと,その種のバイトの経験があるはずだ。

 ●働くことの,オモテ(営業用)の顔と,ウラ(従業員同士)の顏

とか,

 ●オクサレさま

とか(接客業だと必~~ずいます,そういうお客さんは),

 ●先輩と後輩 / 労使
 (経験や年齢や立場に応じた 社会的役割分担)

とか,

 ●「いつかここ辞めて。もっといい世界に行くんだ」
 (サラリーマンで,こう思ったことがない人はわりと少数派だろう
  もしその少数派なら,それは誇るべきことだが)

とか,

 ●職場恋愛
 (千尋とハクを職場恋愛と言うのはやや微妙か?でもまぁ)

とか(^^;),「あぁ~,わかるわかる,それ!」がいっぱい。

湯屋の迷路のような構造も,ホテルで働くと,すごく感覚的にわかる。
各大部屋の間を縫うように,従業員用通路が配管されているのです
「えっ,ここに出るのか」とか。
オモテはキレイでも,裏はすごい雑然としてたりね。


話がややそれたが,働くことに限らず,
〈実際に自分で体験してみて,初めてわかること〉
って世の中にはたくさんあって,

だから,2回目に観た時に全く違うものが受け取れたのは,
ぼくが成長していたから(「機が熟した」)ということ,
だったのだろう。


その後,さらに時はすぎて,学生のバイトからシャカイジンにもなり,
だから昨日は昨日で,また違うものが観られて,
昨日は,「おくされさま」のくだりに,えらく惹き付けられた。


いまの仕事も接客業なので,
カウンターに立っていると,実に,いろんなお客さんがいらっしゃる。
実に実に,いろんなお客さんがいらっしゃる。

「有名なお客さん」というのも,
各支店ごとに必ず数名はいて,
クレーマーとか,心を病んでいらっしゃる方とか,
孤独すぎていつもネチネチと話し相手を探しに来るご老人とか,
まぁ,実にさまざま。
(聞くところでは,支店ごとに,微妙に傾向と対策が異なるらしい)


そういう方々がいらっしゃると,従業員同士で
「また来たよ,○○さん」「今日はいつもより長いね」とか
ヒソヒソ囁き合ったり,運悪くその日の“イケニエ”になった
従業員をみんなでなぐさめたり,

でも意外とそういうのは,職場が団結したり,
微妙にたのしかったりもするわけで。


あとぼくなんかは,
つくづく,人間っておもしろいなぁ,と思ってしまう。
どういう方向へどんな力が働いて,
ああいう方々が「あまり一般的ではない言動や性格」を
身につけてしまわれたのか,
つい,その源泉がどこにあるのか,探りたくなってしまう。


人って,おもしろいよ。

この現場におると,つくづくそう思う。


 「人間は,みんなビョーキ」

っていう,やさしい言葉が好きだ。


    *

さて,うまく自分のビョーキのなぐさめにもつながったところで,
土曜朝のアドリブ・ブロギング,おしまい!

さて,今日はなにをしようかしら~~。
(日曜日は休日出勤ずら)


はいほー,はいほー,仕事が好き。
落ち込むこともあるけど,私は元気でっす☆



──────────────────

いらっしゃいませ (角川文庫)いらっしゃいませ (角川文庫)
(2006/03)
夏石 鈴子

受付嬢小説。


社長をだせ! (宝島社文庫)社長をだせ! (宝島社文庫)
(2004/10/15)
川田 茂雄

「おまえじゃ話にならん。上のもん出せ!」は,
どこかで習うわけでもないのに,
不思議なほど,わりと共通。よくある。

コメント

軽躁の時には,IQや創造性,言語能力なども
上昇がするのをあくまでも〈感じる〉だけなんですよねー?  ガンジーくん家のカレー食いにいっていいですか?
あとブログについて教えてください。

幸 #- | URL | 2009/06/13 23:20 * edit *

返信

幸さま

どうもどうも。(ブログでは)はじめまして。
元気ですか?

>カレー
君がひとり立ちできたら,お祝いにうまいカレーおごろう。
その日をたのしみにしています。
それまではダメ。

>ブログ
何を教えればいいのでしょう?
質問は具体的に。
大事なのは,とにかく始めたいと思うなら,
まず自分で始めること。
そう思わないなら,やらない。

人に訊かずに,まずは自分で調べることも大事。
みんなそれぞれ自分の仕事や課題や,
中には,抱えてるトラブルだってあって,
忙しい中,時間をさいてくれる人だっているんだからね。

すこしずつ,人と付き合うスキルを磨いてください。
できないことは恥ずかしいことではない。
でも,甘えたままでは,ダメ。

ガンジー #gJtHMeAM | URL | 2009/06/14 22:13 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/129-43932179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。