ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

【つれづれ】科学は心に訴えるものがないか? 

スイトさまの日記から。
母に、サイエンスも伝えることが大事なんだけどね、
と言ったら、
科学は心に訴えるものがないじゃない
と斬られた。

いやいやいやいやいや,いや,
ちがうんですよ,おかーさん!(力説)

それは,「科学は心に訴えるものがない」んじゃなくて,
「〈心に訴える科学がある〉のを知らない」だけなんです!!(超力説)
     
もしくは「今の科学は,心に訴えるものがない」と
言ってもよい。

なぜか。
それは,現代の科学研究は,
すっかり体制化・専門化して,こまか~い研究が増え,
つまらなくなってしまったからだ。

 世の中の全てのものは,「原子」という
 小さな小さな粒からでできている

これ以上「心に訴える」ものが,あるだろうか。
いや,ねぇス。

世界が,小さな小さな小さな粒で満たされていて,
それらがザワ~~~~っ,ウヨウヨ~,している
「原子の海」としてイメージされた時,

それら1つ1つが組み合わさって,
「分子」ができていて,われわれの体も
すべてその「分子」からできていて,
その分子たちが精巧にからみあい,
有機的にネットワークで働いていることを知った時,
(それらは,トヨタのカイゼンマンもまっさおの
 精緻さ,巧みな仕組みで,日々,
 いまこの瞬間も,あなたの,体細胞の中で!
 働いて,いる!)

これが,「訴えるものがない」だろうか。

これほど感動的な事実は,
そうないですよ,おかーさん!(しつこいが力説)


問題は,そういうことを,学校では教えられないことだ。
その意味で,スイトさまのおかーさまが悪いわけでは,
もちろん,ない。

で,確実に,訴えるものはある(知ったら,たのしい)わけであるが,
専門家(研究者,大学の教授さん)が,
そういう「心にうったえる」提示ができるか,言うと,
これは,期待してはならない。

ここで必要なのは,専門知識や最先端の研究ではなく,
原理的なことを提示する,提示の技術だからだ。

だから「教育」の仕事なのであるが,
では大学の教育学部の専門家~~(以下くりかえし)

では,「でん○ろうさん」がいいかと言うと,
~~ (批判は非生産的なので,省略)


で,だから,
我々(→NPOほうじん)は日夜,研究をしています。わいわい。


科学は,訴える。
 心に,あなたの脳に。


────────────────────
もしも原子がみえたなら―いたずらはかせのかがくの本 (いたずらはかせのかがくの本 新版)もしも原子がみえたなら―いたずらはかせのかがくの本 (いたずらはかせのかがくの本 新版)
(2008/11)
板倉 聖宣

 最近,新版が出ました☆


空気と水のじっけん―新版いたずらはかせのかがくの本空気と水のじっけん―新版いたずらはかせのかがくの本
(2009/08)
板倉 聖宣

 絵はこっちのがいいかんじ。

コメント

私もガンジーさんの意見に賛成です!

ガンジーさんへ

私もガンジーさんの考えに賛成です。
科学は素晴らしいもの。
だが,その科学の素晴らしさを伝える努力が
あまり意識的にされているとは言えない。
すでに仮説実験授業や楽知ん研究会を
知ってしまった私たちは,
まだまだやるべきことがあるようです。
さあ,あと1週間で新学期がスタートだ。
私は私の仕事で上記のことを
生徒たちに知らせていきたいです。

肥さん #UZMmABYg | URL | 2009/08/25 16:45 * edit *

A→B

という現象があったら、俺はいちにもにもなく、この現象自体が最も面白いと感じる。
で、そいつを「理解」してやろう、とすると、だんだんだんだんものごとを切り分けて細かくしていく方法しかない(ように思う)。
んで、そいつが好きで理解したいと思って深く深くもぐっていけばいくほど、確かにやってる俺はつまんなくなっていく。

でも俺、細分化された=つまらん、っていうふうに感じたことはないな。
どんなに細かくたってその研究には価値があるはずだし、コンセプトをもって細分化された命題に取り組んでいる研究者の研究って、面白いよ。

俺は、結局、ある研究がつまらんなあ~~と思うときって、その研究に携わる研究者の能力が低かったり、ポリシーがなかったり、っていうことが多い。もちろん、伝達の技術にもよるけれどね。

まだ駆け出しだけど、価値のない研究なんてない、という信念を持ちつつあります。

俺はその上で、細分化されていった細かい問題に取り組むのは自分のポリシーにあわないから嫌いで、もっと大きな絵図を描く研究をしたい、と思っています。

しん #- | URL | 2009/08/28 22:18 * edit *

>肥さん

>肥さん
「これはおもしろいぞー!」と
先生自身が思ってるかどうかって,
生徒はすごく敏感に感じとって,反応すると思います。

だから,先生こそ勉強が必要で,
それも「どこがおもしろいか」
「そのおもしろさをどう提示すると,うまく伝わるか」を勉強することこそ,
すごく重要なんだと思います。

生徒だったころで後々まで記憶に残るのって,
こまかい授業内容よりも,意外とそういう
感動した記憶とか,印象とか,そういうものなんだと。

がんじー #gJtHMeAM | URL | 2009/08/29 10:28 * edit *

>しん君

>しん
やぁやぁ,ひさしぶり。元気ですか?

う~んと,専門家内では,もちろんおもしろさってあるし,
こまかい研究の価値を否定するわけじゃなくて,
研究者を職業として選んだ人(専門家)は,
もちろんそれでいいと思う。
そういう人,そういう先端の研究も,社会には必要。

でも一方で,そうではない「ふつーの人」,
大学で専門研究をするわけじゃない人々にとって,
そういうディティールにおもしろみを感じれるかっていうと,
それは,無理だと思うし,たぶん必要ない。

「ふつーの人」が学ぶに値するべき
(ふつーの人の“心に訴える”内容)は,
やっぱりそこじゃなくて,もっと,
原理的なこと,ざっくりしたこと。
こまかい精密な事実ではなくて,
ものごとの仕組み・なりたち。そういう部分じゃない?

と思うんだな。


分解していかなければ,ものごとをたしかめられない,
というのは,確かにたぶんそうで,
でも一方で,そうして確かめた各事実を再統合して,
全体のイメージ,「絵図」を描く仕事も,必要。


それは「科学」(個別の学問)よりも,
「自然哲学」(Natural Philosophy)のはんちゅうに入ってくる仕事で,
すぐれた科学者は,やはりテツガク的である(全体のイメージが描ける)人である場合が多いように思う。
君にも,たぶんそういう適性がある。
(すでにそういう問題意識を持っているから)

がんじー #gJtHMeAM | URL | 2009/08/29 10:46 * edit *

元気ですよお。肩いたいけど。。。
日々、自分には力が足りない、と感じつつ、自分は何かを持っている、と信じて仕事してます。
いまの仕事はとても面白いし、評価されると思うけども、やっぱり、詰め将棋のように詰めていく仕事が苦手でして。。。
苦手というか、嫌い、か。
でも研究者としての評価って、ある程度、きっちりやれるか、ってとこで決まってくる部分もあるみたいなので、その辺は我慢しております。
大きな絵図をかくにも、そういう方向でいくとしたらば、すんごーーーく突拍子もないことをやりたい、と思って、しばらく勉強をやめてみようかななんて考えてます。
最初の一歩の仮説が、聞いてる人にとって、「Conceptionalに理解できん、こいつバカか」と言われるような何かを生み出したい。

しん #- | URL | 2009/08/29 12:21 * edit *

科学が心に訴えるっていうより

なんじゃこりゃ不思議やなぁ…

って思ったときのなんじゃろな、なんじゃろなという雰囲気が科学なのかなぁ、って思てるんやけど、どうやろか。

「現代の科学研究は,すっかり体制化・専門化して,こまか~い研究が増え,つまらなくなってしまったからだ。」

おれは『ちゃんとわかるように説明してくれれば』つまらないとは思わんけどなぁ。

原子のイメージはまだよくつかめてなくてまだおれの心には訴えてきてくれないわー。

ちょうど今週は「ポリマーの気持ちになれ」をキーワードにイメージをつくろうとしてたんだけどなかなかムズカシイね。

ふつーに生活してて考える視点

 +いつもよりミクロ視点⇔いつもよりマクロ視点

みたいなので想像力が広がっていく感覚みたいなのが単純に楽しいなぁ。

おれは、でんじろ×とか、むつごろ×、とかせんご×、とか大好きよ。ああいう番組のVTR含めて。

街の監視カメラの早まわしVTRとか、植物の成長とか昆虫の羽化とか、工場の生産ラインのVTRとか、たまらんわー。

猫のしっぽのうねうね見てフィードバック制御かかってるなぁって思ったり、タワーに上って自動車の動きと信号のコントロールみて血流みたいやなぁ、とか思ったり、食品の加工工場のライン見て、生き物(食材)がものみたいで機械が生きものみたいやなぁって思ったり…。

>しん

おひさー。おれは東京にはしばらく縁がなさそうやわー。早く実験作業をしっかりやってくれるメンバーを何人もしたがえられるように頑張ってー。

さささ #SFo5/nok | URL | 2009/08/30 01:53 * edit *

>さささ
あ,最後の部分,すごいわかる。
脳みその中で新しいネットワークが形成されて,

 「あたらしい世界が広がる」

と,たのしいのだろうねぇ。
人間のイマジネーションは,実にすばらしいものだと思うよ。

でもそれは「知的感動」と呼ばれる部分で,
科学はあくまで,そのための「方法論」のことを
言うのではないか,
というのが,ぼくの立場です。


>しんくん
職業として研究者を選んで,それでメシ食っていくには,
そういう現実的対処も必要ですわね。

まぁそれは,どんな仕事でもおんなじですわ~。
でもその中でも,ぜひ干涸びずに,
目が死んでしまうことなく,生きていたいと思うし,
親愛なる友人達も,そう生きててほしいですね。

がんじー #gJtHMeAM | URL | 2009/09/06 21:41 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/147-1dc62f1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。