ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

【書評】情熱と快晴 - 岡本敏子『いま、生きる力』 

2つ前の記事で,ウロ覚えで岡本敏子さんの言葉を引用したので,
引用元を参照しながら,きちんと紹介しておこう。

いま、生きる力 (青春文庫)いま、生きる力 (青春文庫)
(2005/09)
岡本 敏子


岡本敏子さんは,芸術家・岡本太郎さんのパートナーだった人である。

この本は,今年の5月ごろ読んだのだが,
「今年のわたくし的読書ベスト3」はおろか
わたくし的殿堂」入りが,確実視されているほど,
なかなか鮮烈な印象を残した本であった。

非常に,スカーッ!としていて,
生き方も,それを反映した文章も,
簡潔明快で,エネルギーの「よどみ」が全くない。

だから,読んでいてキモチいいし,
うじゅうじゅした時,たいへん,よく効く。
元気でますよー。

私のように,せまい自分の脳内で,
ちまちまとモノを考え込むクセのある者には,
バランスを立て直す上で,たいへん好ましい。
脳みそのコリが,程よく,ほぐれる。

コリがほぐれて,ぽかぽか循環がよくなる感じだ。

「セケン」はなにかとせせこましくて,
「ゲンダイシャカイ」はなにかとせわしなくて,
ちょっと気を抜くと知らん間にアレコレにからめとられて,
思考が矮小・固定化し,カッチカチになり,いわゆる煮詰まるから,

どんな手段でもいいけど,
自分なりのリフレッシュする手段を手持ちで持っておくことは,
生きていく上で必要だと思う。
(それが読書つー人はけっこう少数派かしら?)

(岡本太郎は)こう言っていた。
「人に認められよう,うまくやろう,ときょろきょろしていると
 無限に弱くなってしまう。認められなくていい。認めさせない,と決意してやれば
 なにもこわいことはなくなる」


誰だって,付き合ってみればば自分というものが一番面白い。
そして,解っているような気がしているが,一番知らないのも自分だ。
しかもその探検はキリがない。
これで解った,自分はこういう人間だ,なんて思っても
それは一時の幻想,迷妄にすぎない。
だから追いつめて,追いつめて,「らしく」なんかじゃない
ギリギリの自分を突きつめてみることに,~


「何をしたらいいのかわからない」「私は何をしたらいいんでしょう」
なんて言ってるヒマはない。そんなことを言ってボンヤリ坐り込んでいる
自分は何なの?それはどういう人間なの?と食いついてみると,
もりもりと面白くなって,一瞬一瞬が冒険になり,実験室になる。

実に,いさぎよいのだ,としこさん。

   *

もう1つこの本には,
「男女のパートナー論」という側面もあって,
それは上記の「生きる」の部分と不可分なのだが,
それはまた,いつか別の機会に……ということで,

気になる方は,現物をご参照ください。
文庫なので,すぐ買えます。


────────────────────────────────
 8月14日の快晴
  '09.08.14

コメント

敏子さんに実際にお会いしたいなぁ~。
この本、たいへん気に入りました。
また、こういう本の紹介お願いします。
岡本太郎の美術館は、
どこにあるのかしら。
すごく興味があります。調べてみます。
一日の間、うつになったり、
良くなったりときまぐれなうつ(!?)が続いています。
本当に躁うつなのかなぁ~。

最近、こころの調子が悪くてブログ
書いていません。ネタはたくさんある
のですが。

幸 #- | URL | 2009/09/30 20:53 * edit *

>幸くん
岡本敏子さんは,2005年に亡くなられてしまいました。
たろうさんの美術館は,青山と神奈川に1コずつあるんじゃなかったかな。
調べてみて。

バイトおつかれさまでした。
原因をつきとめ,対策を立案し,次へトライしてね。
ダメだったら,考えて,また次へ行くだけです。
自分を修正・変更していけば,必ず成功する時が来ます。

がんじー #gJtHMeAM | URL | 2009/10/03 21:51 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/150-77b8ad84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。