ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

無責任主義者だったころ 

澤上篤人さんの講演録『お先に失礼』(楽知ん研究所 刊)の中には,
実はわたくしが登場しているのであるが,
その中のわたし(当時,大学3年生)が,こんなことを言っていた。

 はい,たのしく生きられれば,それでいいです。

あぁ,なつかしいころだ,と思った。

当時は,ファインマン流「社会的無責任主義」を標ぼうしていたので,
 (ファインマンは,ジョン・フォン・ノイマンからこれを学んだと書いている
  (どの本だったかは忘れた)→ ネットに載っていた

 「自分がたのしく生きられれば,それでいい」
 「社会のルールを守るとか,責任をもつとか,そういうことは不要だ」

というようなことを考えていたのだ。

それはそれで貴重だし必要だったのだが,いまから見ると,
すこしいじらしい&いじましい思想だなと感じる。

いまは,もうすこし違うことを考えている。


   *

全霊を傾けた本が,もうすぐできあがる。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/159-90e1f65a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。