ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

2年め仕事納めの日の覚書き 

本日,仕事納め。

年末も押し詰まり,お客さまも急いで気が立ってらっしゃるので,
(しかも,某○が相変わらず××で△●#”なので 怒 )
混雑の中,こまごまとしたトラブルが頻発しつつも,
ひとつずつ丁寧につぶし,なんとかつつがなく終了。

 仕事おわたー!


というわけで,以下は,何年後かに読み返して,
「しゃかいじん2年めの仕事納めの日は,こんなことを考えていたか」と
初心に返るための自分用メモ。


○「ワガシャ」は,安定企業である。
 「うちだけは倒産しない」と考えている同僚も多いが,
 しかし,自分が定年するまでのこの先40年間において
 倒産しない保証は,けしてない。
 
 生きていれば,人生,なにが起こるかわからない。
 「100年に一度の危機」だって,何度かあるだろう。
 (天災,インフレ,事故,ライフイベント上の個人的危機,などなど……)

 そういう時,もし職を失ったり,
 カイシャを辞めざるをえない状況に陥った場合,
 身分に安住して能力を磨く努力を怠れば,逆にリスクが高いのは
 大企業の社員の方である。なぜなら,彼らは(自分は),仕事ができないからだ。

 いまのカイシャをクビになっても,
 きちんと次の就職ができる能力のある人間でありたい。
 (最低限,精神的に)組織に依存せず,自立していたい。


(よって,)

○「確信犯」で仕事をすること

○甘えを排すこと (これが,つくづく難しいことであります)


   *

○過日,部署へ,副社長の視察あり。
「ツルの一声」で,へーこらと屈する上司の姿をみた。
何ひとつ納得がいかない。

考えてみても,その副社長の判断について,
妥当性に疑問が残る。納得できない。

私は,腹に据えかねていた。今も納得していない。
なぜなら,どう考えても,
その対応は,お客さんの利益になってないと思われるからだ。


年をとっても,どんな職責になっても,
自らの責任を放棄しない,
自分で考える,「扱いづらい」社員でありたい。

信念をもって仕事をしたい。


○Mさん退職,チーム員また減
 電話照会廃止,端末化(クソ端末。設計者出てこいクソボケ)
 さまざまな不安要素を抱えて、年は暮れゆく。
 年明け業務,混乱の予想(ほぼ確)。

 ともあれ,与えられた条件にアジャストして,
 やりくりしていかねばならない。よね。

というわけで,がんばれ自分。

けして,つまらないオトナにだけは,ならないように!
それは,魂の死であり,25歳のわたくしにおいて,到底許しがたい。
もしそんなオトナになっていたら,私が殺しに行ってやる。


────────────────────────────────
「人間は,無限に自分をごまかせる。
    ミイラ取りは,そうしてミイラになる」──『医龍』
トヨタだってひょっとしたら潰れることがある、
そういった危機感は、サバイバルするときになくてはならないものです。
  ──村上龍(JMM編集長コラム


────────────
(※なお,念のため書くが,ぼくはトヨタの社員ではないよん)

余裕があれば,あと2,3記事を書いて,
本年をしめくくりたいと思いまふ。

コメント

ワークショップ、ありがとうございました!
あの、
「確信犯」で仕事をする
ってどういうことですか?

のむり #- | URL | 2009/12/29 17:28 * edit *

>のむりさん
こちらこそ,ありがとうございました~。
いま,評価感想の集計と打込みをしています。
今年は,なぜか,分量が多いです(^^;)

「確信犯で仕事をする」に目をつけられましたかー。
お目が高いですなー(笑)

う~んと,言葉であらわそうとすると,
まだイマイチうまく整理しきれないのですが,


たとえば,学校の授業で,
仮説実験授業をやりたくてやりたくて,
でも,事前にまわりに相談したら,確実に
「ダメ」とか「やめとけ」とか言われることは
予想がつく,という状況って,ありますよね。

でも,もしやってしまえば,
確実に生徒さんからの支持が得られることが
目にみえていて,
どーしてもやりたいと思ったり,
やっちゃいさえすれば「勝てる」自信がある,という時。

そういう時に,周囲の圧力に負けずに,
(やれば怒られること覚悟の上で,
 それでも誰かの利益のために)「確信犯でやっちゃう」。

で,あとでめちゃ怒られても,
「すいませんでしたすいませんでした」と
うわっつらでは心にもないお詫びを述べつつ(^^;),
内心では,いや~たのしかった,たのしかった,
おまえがどんなに批難しようと,
生徒さんには喜んでもらえたもんねー,
だから,1ミリも反省なんてしてません,へっへっ,
と,ぺろっと舌を出して,ほくそえむ。

自分のやることに自信があるなら,
十分に注意を払った上で,
こっそり走って,結果で黙らせる。

というような覚悟?姿勢?のことです。


でも,失敗したら
周囲からの評価や信頼的には大低下のうえ,
言い訳は一切できないので,
誰にもは,オススメしません(^^;)

覚悟を決めて自己の信念で行動することと,
周囲の状況に合わせて勝算を計算できないと,
痛い目にあう生き方です(^^;)

調子こくと危ないので,
いつかぼくも転ぶかもしれません。

でも,どこまで行ったら転ぶかは,
結局は,転んでみるまでわからない,
というのも,人生の真理だという気もします(^^;)。

ガンジー #gJtHMeAM | URL | 2009/12/30 11:33 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/171-eaa6b9b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。