ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

「自立して堂々と生きていこう」 

ざささー,すべり込みで今年をふりかえる!
(もう紅組トリのドリカムが歌っているので,間に合いそうにない(^^;))


 →1/1追記しました。以て新年のあいさつも兼ねまして,
  本年もよろしくお願いします!  _ _) (^o^)

       *


●1.「自立して堂々と生きていく」

 「自立して堂々と生きていく」

というのは,さわかみ投信の勉強会の題名である。

年の瀬の新聞の論調を見ていて,この言葉を思った。
いまだに,メディアは
  ・・・・
 「日本全体が低迷し,希望ある出口は見えない」
               ・・
 「この問題は深刻であり,解決されなければいけない」

 「○○するのが政治の役割だ。来年こそは期待したい」
といった論調に終始している。

思わず,イラッ,とする。
もうそういう時代じゃねぇだろ,と。

システムの崩壊に際して,
「他人事のように“良識ある発言”を繰り返すばかり」で,
「批判する「言葉」と「文脈」を我々は持っていない」,
そういう文脈を持っていない,と
村上龍は自著のエッセイの中で,くりかえし指摘している

しかし,個人の価値観と現状はすでに多様化しており,
事実は,こうだ。

 日本には,希望のある人と,希望のない人がいる。
     元気な人と,元気ではない人がいる。
     お金持ちの人と,お金を持っていない人がいる。
     業績のいい企業と,沈んでいく企業がいる。
     健康な人と,健康でない人がいる。
     勉強している人と,なんの勉強もしていない人がいる。

単位は「個人」であり,「日本全体」ではない。

すでに日本は成熟経済時代に移行しており,
「日本全体が右肩上がりしていく」ような幸福な(?)時代は過ぎ去った。

「日本全体が景気がいい,いい時代になる」なんて
期待しても無駄だ。
ただ,個人として,

 (1)まず最低限,自分の生命と生活を守るように努力し,

 (2)その上で,もし余裕があれば,
   自分のまわりの人(家族や友人,そのまわりの人)を
   幸せにする努力をしていく

そういう 自立的・自律的な生き方をしていく人だけが,
明るさや希望や,あたたかい心を保って生きて行けるだろう


元日は雪でした

今後,5年10年で,そういう態度・姿勢が大事であることが,
次第しだいに,明白になっていく。
もう5年もしたら,かなりの人が気付くくらい,ハッキリしてくる。

 私は,そう予想する。


●2.お先に失礼で行動しよう

 気付いた人から,さっさと行動しよう。自分にできることをしよう。

自分で考え,予想を立てて,実験する。
間違えたら,結果を踏まえて,次にまた予想を立て,実験する。

また間違えたら,
結果を踏まえて,次の予想を立て,また次の実験をする。
間違えたら,
結果を踏まえて,次の予想を立て,また次の実験をする。

 …………

成功したら,その成果を明らかにし,他の人にも吹聴する。

独創をきどらず,自分がいいと思うものを,積極的に模倣する。

ひたすら,繰り返しである。
 「こっちかな?」「あ,ちょっと違った。こっち行ってみるか?」
 「お,この予想は,なかなか合ってたみたいだ。次はどこへ行ってみよう?」
 「う~ん,どうもうまくいかないなぁ。
   この状況を打開するには,どうしたらいいかな?」

   *

 「次は,こっちの方向へ行ってみようか?」
 「そうなの? じゃあ,おれは,こっち行ってみるわ」
 「OK,了解。また次の時にお互い出会ったら会おうぜ!」

   *

 「やぁやぁ,久しぶりじゃん! この道はなかなかよかったわー」
 「まじか,おれの通ってきた道も,わるくなかったよ」

    *

 「へぇ~。なるほど,そういうことするといいんか。
  それ,いいねぇ! 今度マネしてみていい?」
 「もちろん! △△の部分は,○○を■◆してみるといいよ。」
 「サンキュー!」

きちんと自分で生きれば/自分を生きれば,
うまくいった時の手応えは,ボーッと生きてる時の比ではない。
生きていることが快感になるし,他人の判断を尊重できるようにもなる。

「個人としての〈尊厳〉」というと,カタすぎるだろうか。
自分で考えて生きるからこそ,責任を引き受けることができる。

若い芽

   *
そのための秋田さんの『自分でトコトン考えるための勉強法』なのであり,
石津さん・中井さん・久保田さんの『なにわで咲かそう!長期投資の輪!!』である。

祖父の自伝をつくる,たとえ30部でも,全力をこめて熱中する
燃焼すると,自分の中のエネルギーが発散するので,すっきりする。
自分のした事で,まわりの人がよろこんでくれれば,うれしい。

ここ2年ほどしてきた編集の仕事は,
そういうストーリーの中で整理できると思った。


●3.2010年についての,わたくし的な抱負

しゃかいじん1年めだった,前年の大晦日の記事を読み返してみたら,
やはり,仕事(給料をもらう方)に慣れるので精一杯だった1年だったようだ。
2009年は,仕事(給料をもらう方)には慣れ,だいぶ余裕ができた。

最初の異動まではあと1年ある。
あと1年は,余裕もって暮らせそうな見込み。
余裕あるうちに,どんどん「仕事(自分のミッションの方の)」をしたい。

2010年は,ますます,そういう方向性を明確に打ち出して,
まわりのヒトを幸せにしていく仕事をしていく。

そう決めた。


大晦日に,充実した気持ちで成果を振り返れるようにがんばろう。
12月さいご,実験結果をたしかめよう。

たぶん,途中経過はあまり書きませんが,
結果(生産物)でもって,随時,提示していきます。
がんばるぞっ,と。


ちょっと読みづらい分量になってしまった~

  ではでは,みなさま,よい2010年を!

そらのくも

コメント

お年賀

ガンジーさん、明けましておめでとうございます!


私も今年は「思ったらまず行動する。行動してみてから続けるかどうか考える」って感じでいけたらいいなぁと思っています。

自分が本当にワクワクすることもちょっとずつ見えてきました。(^^)

今年もどうぞよろしくお願いいたしますね。

ゆかこ #- | URL | 2010/01/01 16:46 * edit *

謹賀新年2010

ガンジーさんへ

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

迫力のあるメッセージに
大いに刺激を受けました。
「今年もいい1年だった」と振り返れるように
お互い頑張りましょう!

肥さん #UZMmABYg | URL | 2010/01/01 20:29 * edit *

あけましておめでとうございます

>ゆかこさま
こんにちは!
2010年の「コメントぞめ」をいただき,
うれしく存じまする(*^^*)

ぼくも,考え込みすぎずに,
時には「おもいきって流されてみる」ことも含めて,
今年は,腰を軽く行動していきたいなぁ,と思っております。

またどこぞの集まりなどで,
お会いできれば たいへんうれしいです(^^)


>肥さん
あけましておめでとうございます。
旧年中は肥さんから,たくさんコメントをいただき,
ブログを書く意欲をとっても励ましていただきました。
すごくありがたかったです。
ありがとうございました(^o^)

大言壮語で意気込みだけ立派ですが,
有言実行になるように,仕事していきます。

20代後半,
若いでっせ,仕事盛りでっせ~,ということで,
“あぶらにのって”いきたいです。 燃焼,燃焼!

ガンジー #gJtHMeAM | URL | 2010/01/02 22:45 * edit *

あけましておめでとうございます!

>大晦日に,充実した気持ちで成果を振り返れるようにがんばろう。
全くもって同じことを私も考えていたところで
ここにも同志がいる!と心強くなりました。
年を重ねるにつれて、日々をのんべんだらりと過ごすことに馴れてきてしまいがちですが
1日1日を充実したものになるよう大事に生きていきたいものですね。

やっすん #4E.yhwVI | URL | 2010/01/03 15:01 * edit *

>やっすんさん
おめでうとござりまする!
「日々をのんべんだらりに馴れて」,同感です。
学生の時は「学年」があって,
変化が実感しやすかったんだけど,
社会人になってから,
1年あたりの変化率が,ややもすると小さくなって
日常に埋没して,どよ~んと停滞することもあったり。

脳みそは,すぐ刺激に慣れるような設計なので,
常に,意識的に,新鮮で適度なシゲキを与えてやることが
としとるほど,ますます大事やなぁ,と思ったりします。
(↑っていくつだ,自分…)

ガンジー #gJtHMeAM | URL | 2010/01/04 23:16 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/173-4f2805c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。