ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

またしばらく日記 

好評なのか不評なのか,よくわからないのだが,
またしばらく,日記をつけることにする。

────────────────────────────────
●2月22日(月)No.1

誕生日について,もうひとこと。

26,ますます実感が湧かない。

というのはたぶん,「区切り」にならないからだ。

学生の時は,年齢≒学年。だったので,
誕生日(を迎える結果としての加齢)には,一定の意味があった。

一方,いまは,重要度が低い。
30とかだと,また違う感想を持つかもしれないし,
持たないかもしれないが,26は,中途でもある。

それよりは,「社会人○年め」の方が,
いまは,実感として意味がある。


最近,しばらくグダグダになっていた
フランクリン・プランナー上のタスクのリストアップと
ABCランク付けを,意識してきちんと行い,

 ・むやみに翌日へ「→」(先送り)しない

 ・できそうな分だけ,その日のリストに上げる

という原点回帰をおこなったところ,
1日1日がきちんと完結する感じで,なかなかいい。

夜,すべてのタスクを片づけて,
「あ~,今日やるべきことは,全部,おわった!」
と,ホッと解放感にひたるのが,なかなか心地よい。

無理なく無駄すくなく,
うまく現状に対応しつつ,
やりたいことに集中できている手応えがある。

生産性をキープしていきたい。
現在の撃墜数,2。今年の目標は,あと3。


フランクリン・プランナー
スターター・パック(日本語版)
コンパクトサイズ



────────────────────────────────
●2月22日(月)No.2

今日から,新しい事務上のヤマに対し,稼働開始。
まずやりながら進める部分と,だいぶ要領わかってきたので,
前任者の残した資料を見て把握する部分と。

前任者のファイルは,まったく要領を得ず。
整理も記録もされていない。ただ「とじただけ」。

一方,倉庫で発掘した一昨年度分のファイルは,読める。
書き込みがされているので,何から進めればいいかわかるし,
過去3年分の事務進行の日付が整理されていて,
おおむねの傾向や事務量を判断できる。

 去って1年後に,去った人の仕事に感謝した

その事実(「そういう仕事のしかたがありえるんだ!」ということ)
に,ささやかな感動。

そういう足跡を残す人でありたい。

「バトンを次へ渡す」には,
どういう形で整理しておくのがいいか,
業務を進めながら,考えておこう。
(そういう視点があるかないかで,残る仕事も,違う)

前任者は「目の前の仕事しただけ」で,
時間軸の発想とか,「引き継ぐ」とか,そういうのがないんだな。

ともあれ,そんな人でも中の中レベル,という
わが社のゲンジツに,ヘドが出る。

もっと,クソ優秀な人に出会って,触発されたい。
ウズ……


・今週のハンターハンターが神。
 ワンピースとハンターハンターで,
 ぼくがジャンプを買う価値の8割は済んでしまう。
 あとのマンガは,おまけだ!


────────────────────────────────
●2月23日(火)

キンコーズ名駅広小路店のおねーさんの対応は,
 たいへんすばらしかった。激賞したいと思う。ありがとう。

・ユーチューブに,「サンダー博士の紙芝居」が!
 う~ん,何度観てもクセになる(笑)

────────────────────────────────
●2月24日(水)

中高大が一緒だった(学部は別だった)友人が,
名古屋に戻ってきていたので,5年ぶりくらいに会って,
酒を酌み交わした。
母校の悪口を言ったり(つか,あんな高校,ハハじゃないんだ,実際(笑)),
お互いが断片的に持っている,いろんなやつの近況を情報交換したり。
なかなか,たのしい時間だった。

「人間,長い目で見れば,収まるべきところに収まる」
という傾向がみてとれて,
同じ時間をすごした我々は,それぞれの道を歩もう。また会おう。

まぁ,そんな気取らなくても,
みんなおおむね,順調にそれぞれの人生を生きているようだ。

────────────────────────────────
●2月25日(木)

TSU○AYAで借りた「ジョゼと虎と魚たち」を観た。

生きていくということや,
人と出会うということは,
なかなか厳しかったりしんどいことだけれども,

それがあるから,
人は希望を失わずに生きていけるんやよなぁ,
というようなことを,最後に,思った。

いい映画だった。


必死に写真を撮っていたころを,
すこし思い出して,
戻れないあの場所(時間的な意味も含めて)
のなつかしさに,ちょっとなつかしくなった。

チョコパイと映画で,栄養補給。
あと1日,なんとかがんばれそう。ひー。ふぅ…

んでは,おやすみなさい。


ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]ジョゼと虎と魚たち [DVD]
(2004/08/06)
妻夫木 聡 池脇 千鶴



────────────────────────────────
●2月26日(金)

 あたたかい雨が降り続いた。
 2月も終わり。

────────────────────────────────
●2月27日(土)
中日ビルでひらかれた「長気投志を考える勉強会」に参加。
講師は,楽知ん投信:西生さん,さわかみ投信:澤上さん,園部さんの三方。
参加者は,35名くらい。なかなか,いいかんじの会だったと思う。

 勉強会の会場のようす

 澤上篤人さん,西生智久さん

────────────────────────────────
●2月28日(日)
「数cmの津波」というのは,どう観測・検出するのだろうか?
通常の波のブレだけで,ずいぶんあると思うのだが……

2月の整理と,3月の目標・課題設定。たんたんと。


つれづれノート (角川文庫)つれづれノート (角川文庫)
(1991/06)
銀色 夏生

この日記の場合も先方に癒そう,という意気込みはないのに,
読み終えると何とも言えないいい感じになって,
「人生を終えるまで自分であるということを
 くり返し続けていくのは悪いことではない」と心から思える。

多分,それは,創っている側の人がどれだけいろいろなものに
真の意味での愛を注いでいるかがにじみ出てしまうのだろうと思う。

 (吉本ばなな『ばななブレイク』幻冬舎文庫 所収
 「銀色夏生さんのつれづれノート」)


コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/188-f126f78b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。