ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

「自分の中に毒(流されない己)を持て」 

・規則を守るためにヒトがいるのではない。
 ヒトを幸せにするために,規則はある。

・規則や規制は,原則,常に現実に対して後追いしかできない。
 したがって,規則や規制が現実に合わせて変化するまでには,
 常にタイムラグが生じる。

・そのラグ期間に対して,そのギャップを埋めるために,
 自己の判断において,できうる限りの対応をとるのは,
 仕事するものとしての基本的責任である。(と思う)

・その目的を忘れて,規則を守ることが目的化する
 (規則を守ること自体によろこびを見出すようになる)ような
 シャインは「かす」である。

組織(わりと大きめ)の中で働いていると,
そういう壁や周囲からの社会的圧力にぶつかることは,
しばしば,ある。

その度に,原点に立ち返る。
屈したら,自分が自分じゃないもん。
そんな敗北は,魂の死だ。

状況に応じて妥協はする。
しかし理想を捨てたら,生きていくのがつまらん。

───────────

発想法かるた<br /> (ものの見方考え方シリーズ 2)発想法かるた (ものの見方考え方シリーズ 2)
(1992/04/10)
板倉 聖宣


  +

自分の中に毒を持て<br />―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)
(1993/08)
岡本 太郎



2冊同時に読むと,だいたいぼくのようになります。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/264-657906fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。