ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

対立と力積と信頼関係 

チーム内で,
仮に,Aと同僚B,あるいはAと上司Gが
いがみ合っているとする。
2人はしょっちゅう,激しい話し合いをしているとしよう。

その時,どこで対立しているのかで,その意味は,全然違う。

 1.考え方のレベルで食い違いか,
 2.把握している情報の差で,判断が分かれているのか,
 3.あるいはもっと単に,感情的ないがみ合いなのか。

2なら,解決は比較的容易である。
なにがギャップなのかを把握して,認識をすり合わせる努力をする。
目的地が共有できているなら,
情報さえ共有すれば,判断は,ほぼ同じ地点に着地するはずだ。

1は,すこし難しい。
目指す目的地が異なれば,交通手段の選択の前に,
きちんとディスカッションをして,
目的地のすり合わせをする必要がある。

3は,1や2がディスコミュニケーションして,
すでにこじれてしまった場合に,付帯することが多いようだ。
ここまで行くと,どちらかが異動か病休でもするまで,
解決をみないことも多い気がする……。

   *

ともあれ,よくある誤解だが,
必ずしも,すべからく,争いを避ける必要はないと思う。

職場のチームは,「仲良くすること」が目的ではなく,
「与えられた役割・責務に対して,機能を最大化する」
のが目的である。

だから,対立した方が,いい仕事ができるなら,
存分に対立した方がいい場合もあるし,
逆に,対立が組織としての効率(パフォーマンス)の低下を
招くなら,その紛争は,無用かつ不益である。
あるいは,早く終息させるべきだ。

  *

「甘え合い」「なぁなぁ」の和気あいあいではなく,
各自がプロ意識をもって自立し,
やくどころをキッチリ果たしあう中での,
お互いへの尊敬と信頼と,程良い緊張感で結ばれた「仲の良さ」
ーーそれは,判断わかれた時には,
   遠慮なく議論できることや
    必要ならぶつかり合えることも含めて

そういう,いいチームを,今の部署でつくりたい。

  *

こう書くと,まるで管理職のようだが(^^;),
(同期からのあだ名は「係長」なワタクシ……)
ヒラの立場でも,
構成要素としてチーム全体に〈プラスの影響〉を与えることは,
十分,可能であると思っている。

いまの部署は,1年限りの契約のつもり(勝手に)なので,
1年で,どこまでやれるか。
実験結果は,残りあと10か月後に,出る。

いまは静かに,そのタネをまいている。


 全力疾走。
  だがしかし,静かに力積,力積……

コメント

見た目は係長、頭脳は課長!
名管理職キムさん!!

ささき #- | URL | 2011/06/06 16:02 * edit *

>ささきさん
そろそろ,誰かぼくに管理職手当を
つけてくれてもいいんじゃないだろうか,と。

 コナン課長より

ガンジー@コナン課長 #gJtHMeAM | URL | 2011/06/06 22:13 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/282-6ae38e5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。