ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

楽知んイギリス旅行記(1)日本~イギリス 

 今日から,適当に区切りながら,旅行記をアップしていきます。

【参考】今までの記事
【研究メモ】イギリス関係の科学史の本(1) (12/27), (2)(12/28)
【報告】無事帰国しました (01/08)


●はじめに
 2007年の年末から,2008年の年始にかけて,楽知ん研究所のメンバーとその家族,十数人で,イギリスへ出かけてきました。

 旅の大きな目的は,デーヴィやファラデーがクリスマス講演を行なっていた「ロイヤル・インスティチューション」(王認会館,王認研究所)を見学することです。
 楽知ん研究所の中心メンバーみやちさんたちは,将来「楽知んホール」を建てる,という夢?計画?を持っていて,そのために世界の先行例から学ぶべく,いろいろと見てまわっているのです。

 ぼくは,9月に大学を卒業したこともあり,「卒業旅行」の代わりのようなつもりで,旅に参加しました。ものごころついてから初めての海外ということもあり,また一緒に行く人々がcuriousな=好奇心旺盛な人々であることもあり,どんな経験ができるか,自分が海外へ出てなにを感じるか,ワクワクしていました。

 結果は,期待以上にすばらしい,とっても充実した時間をすごすことができました。これは,その旅の記録です。はじまり,はじまり。


■12月30日(1日目)
●出発

 暮れも押しせまった30日の朝,父親から借りたスーツケースを抱えて,中部国際空港に向かいました。

 空港でみやちさん一家と合流。10時15分発の便で,まずフランスに向かいます。フランスのシャルル・ド・ゴール空港で,成田空港出発のメンバーと合流して,バーミンガムへ飛ぶ飛行機に乗り継ぐことになっています。12時間のフライトで,日本時間の22時(夜8時)すぎ=フランス時間の22-8=14時(午後2時)すぎに,空港に着く予定です。

 高度は約1万メートル,時速は900キロほどを保って,飛行機は飛んでいきました。フランスまで,900×12=10800キロ,地球を約1/4周です。板倉さんの「ヨーロッパ科学史の旅」を真似して,方位磁針を持っていきましたが,磁針の針によれば,飛行機は最初は北に向かって飛び,その後,南西に向かって飛んだようです。
 どこかの時点で,磁針が回転していく時間があったはずですが,眠っているあいだに過ぎてしまったようで,確認することはできませんでした。

 板倉さんたちが旅行した20年前とちがって,飛行機はロシア上空を通過し(当時は冷戦のため,ソ連上空は飛べなかった……はず),スカンジナビア半島の下端をかすめ,デンマーク,ドイツ上空を飛行して,フランスへと入りました。


●乗り換え
 飛行機は予定通り,シャルル・ド・ゴール空港に着きました。こんな巨大な金属のかたまりが,1万kmも飛行して,寸分の狂いもなく着陸する,というのは,現代文明というのは全くすごいものです!

シャルル・ド・ゴール空港

 ここで1時間ほど待って,イギリスのバーミンガム行きの飛行機へ乗り換えです。再度,パスポート&チケットのチェックと,手荷物・身体検査がありました。

 乗降ゲートに向かうと,無事,成田から来たメンバーと合流できました。あくつさん,コイデさん夫妻,ジョンさん,ヨシカワさん。あくつさんの娘さんのちあきさんとは初対面です。はじめまして。

 ゲートを通過して,飛行機までバスで向かいます。見えてきた飛行機の小ささに,少々不安になる一同(^^;)。

小さい飛行機へ乗り換え

ともあれ,これに乗って1時間ほどでバーミンガムへ着きます。
 機内では,なぜか日本のあられが出ました。


●到着!
 緯度が高いので,機内で夕焼けを迎えて,着陸したころにはあたりは暗くなっていました。イギリスの地に降り立つには,入国審査が待っています。簡単な質問に,英語で答えなければなりません。ちょっとキンチョー。厳しそうな女性が,じろじろと眺めてきます。

 「Sightseeing.」「go to Birmingham and London」などと答えていたのですが,なんだかアヤしまれたらしく,「ロンドンではどこへ行くのか?」「ロイヤル・インスティチューションとは何だ?」と,つっこんだ質問をしてきます。だんだんドギマギしてきました。

しどろもどろ,「We are teachers and interested in sciense history.」などどと答えたら,ようやく信じてもらえたのか,なんとか,審査を通過できました。
ガイドブックには,「Sightseeing.」と答えれば簡単に通過できる,
みたいなことが書いてあったのに……

ともあれ,無事に通過できたので,めでたし。荷物も無事に届いていました。
 空港出口では,みやちさんの娘さんで,バーミンガムに留学中のしおみさんが待っていてくれました。家族,3ヵ月ぶりの感動の対面です。喜びあう,みやちファミリーと,それをほほえましく見守る残りの一行。

しおみさんの誘導@バーミンガム

 しおみさんに言われるまま,モノレールと電車を乗り継いで,空港からBirmingham New Street駅へ移動します。ここが,バーミンガムの中心地だそうです。
 さらにここから,タクシー3台に分乗してホテルへ向かいました。荷物が大きく,トランクは開けたままで道路を爆走するタクシー(^^;)。
タクシーでホテルまでトランク開けっぱなし
(証拠写真:右は,あくつさん撮影)


スーツケースが落下しないか,ハラハラしました。あたりはもう暗くて,あまり景色はわかりませんが,レンガ造りの建物なども見え,「お~,イギリスに来たのだ~」という実感が湧いてきます。

 現地時間の16時すぎ,ようやくホテルに着きました。日本では,すでに31日の午前1時になっています。出発から15時間,長い移動でした!

 各自,荷物を部屋に置いたあと,1部屋に集合して,明日以降の予定について打ち合わせです。しおみさんから,イギリスの硬貨のことや,バスの乗り方,簡単な会話などについてレクチャーを受けました。「明後日は,地元のスーパーに買い物にいきましょう」のところで,歓声。やはりcuriousな,ちょっと変わった一行なのでした(^^;)。
 この後,ホテルの近くで簡単な夕食をとって,初日は眠りにつきました……。

(つづく……)→次の記事へ

コメント

おお~イギリスだ~。
サムネイルをクリックしても大きくならないのが少し残念です。
まぁ、個人情報とかあるけど^^;
正直に言っちゃうと、サムネイルだけなら画像にリンクはなくても良いような気もします。

謎のη #CzFp58lQ | URL | 2008/01/21 20:15 * edit *

リクエストにお応えして……

>謎のηさん
たしかにそうですね(^^;)
リクエストにお応えして,今日の記事から
写真を大きめにしました。
クリックすると,拡大します。
どうぞおたのしみくださいませ~。

 *

わ,6拍手もついてる!うれしいな~(^^)
書き上げた甲斐があります。
拍手くださった方,ありがとうございま~す(^^)

ガンジー #gJtHMeAM | URL | 2008/01/22 15:34 * edit *

また楽しみが増えました

ガンジーさんへ
この旅行記の連載で,
また楽しみが増えました。
続編期待しています!

肥さん #UZMmABYg | URL | 2008/01/22 17:04 * edit *

ありがとうございます(^^)

>肥さんへ
わ~い,ありがとうございます(*^^*)
うれしいオコトバ。

毎日すこしずつアップしていきます。

ガンジー #gJtHMeAM | URL | 2008/01/23 16:58 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/31-bbf0a856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。