ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

結果は後追い。評価はさらにその後。 

結果(数字)は,すぐには出ない。
あとからついてくる。

周囲の評価は,さらにその後。

IMG_8294s.jpg

だから,今の段階で周囲(カンリ部門)の評価は,雑音でしかない。
そんなものを追ってはいけない。
そっちの方向を向いて,仕事をしてもしょうがない。

あくまで,本質を見据えて,実効のために,
自分たちが選んだ選択肢──その判断を信じて,続ける。

周囲がどう評価しようと,胸を張って,
堂々と,自分たちの信じる努力を続けよう。

結果は,かならず,出る。

(もちろん,自分たちの努力の方向性が正しいかは,
 周囲の客観的視点も参考にして,常に,検証・修正は必須)

(そのことと「周囲の評価を得る」こととは,また別の問題)

(カンリ部門との指揮系統の問題は,やや微妙な問題)

でも,仕事するのは現場だし,彼らが全ての状況と情報を
把握してるわけじゃないんで。へっへっへ。

    *

世の中はお盆休みのようだが,ワガシャには,
伝統上,お盆休みがない。 仕事を,しよう!

IMG_8306s.jpg

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/316-45527b29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。