ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

ボロ雑巾になるまで自分の命を使い果たしたら,ようやく満足して死ねると思う。真剣に生きた方が人生はおもしろい。 

前回の記事への読者 ちょこ爺さんのコメント
そんなに「走」リ続けたいのですか
短い文に「走」の字が五回も!
走って、走って、1番でないとダメですか、
普通に「歩」いてはダメですか、…、
に応答して。

走るのは,別に「1番」になるためではありません。
あるいは,「出世」したいわけでもない。

そういうものではなく,
自分の中の絶対感――

 限りある自分の時間や能力資源を,
 しっかり使い倒して,人生を燃焼したい

という感覚に,根ざしたものです。

IMG_9049s.jpg

わっしの好きな吉本ばななさんを引くと,
「私はそうして楽しいことを知ってしまい,もう戻れない。
 (中略)
 闇の中,切り立った崖っぷちをじりじり歩き,
 国道に出てほっと息をつく。
 もうたくさんだと思いながら見上げる月明かりの,
 心にしみ入るような美しさを,私は知っている――」

(吉本ばなな『満月――キッチン2』)

ということであり,

さらに岡本敏子(岡本太郎)さんを引くなら,
結論から言ってしまうと,
「創る」ということに全てがあるのよ。
「創る」という意志,意欲がなくて,ただ漠然と生きているなら,
それは息をしているだけ。
(中略)
みんな固定概念に捉われていて,「創る」というと
絵を描くとか彫刻を創る,陶芸,あるいは詩とか小説,
つまり作品を創ることだと誤解している。
そんなのは些末であり,結果にすぎない。

(岡本敏子『いま,生きる力』)

ということなのです。

たとえカイシャから与えられた仕事にだって,
かならず,社会的意義と,達成すべき課題と,
その達成を届けるべき価値提供対象(=お客さん)がいて,
自分に,その責任を果たす能力と,意欲があるなら,
どんな仕事に取り組むことだって,
 なにがしか「創る」ことになります。

そこへ必死に,真剣に自分を懸けて挑む時に,

ゲーセンとか,テレビゲームとか,パチンコとか,
そういう「バーチャル」な「娯楽」的な楽しみではない,
“真の”(と敢えて書きます)「たのしみ」「生きてる実感」
「生の充実」「歓喜」といった感覚が,得られる瞬間がある……。

そして,この感覚は,一度知ってしまうと,強い常習性があり,
もう「知らなかったころ」には,戻れないのです。

自分を懸けて(賭けて)なにかを起こす時の,
ヒリつくような感覚。達成した時の充実感。そういったモロモロ。

そのためには,安穏とあぐらをかくことを,自分に許すわけにはいかない。
なによりも,自分のために――

    *

人生の最後に,

「あー,オレ,精一杯生きたなー」と思って死にたい。

そういうことではないでしょうか。


(ちょこ爺さん,
 うまく応えになっているとよいですが……。伝わるかな?)

コメント

読んでいて、なるほどなーと思いました。

でも、でも・・・
体を壊しては元も子もないですからね!
バランスを大切にしてくださいね~

以前の記事を読んでいて心配だったものですから・・・

のむり #1jhbtX.k | URL | 2011/11/27 18:07 * edit *

Re:

>のむりさん
おっしゃるとおりで,息抜きは大切だと反省しながら(^^;),
仕事もここんとこ適当に流すとこは流して,消耗をへらし,
すこしつず充電・回復をはかっています。

ハリハリハリでは破れてしまうので,メリ・ハリは大切ですね。
No残業で帰宅する日々って,久しぶりで心が休まりますわ~(笑)

がんじー #gJtHMeAM | URL | 2011/11/28 21:17 * edit *

Re:

追伸
 ご心配までいただき,ありがたいです。幸せ~(*^^*)

がんじー #gJtHMeAM | URL | 2011/11/28 21:19 * edit *

精神的な疲労とアトピーについて書いていたので、気になりました。
余程悪い症状なのでしょう。僕も今年は辛いです。
あまり根を詰めないようにしてください。

何か重要なプロジェクトを完遂したようですね。
才能溢れるガンジーさんは、僕の誇りです。
陰ながら、応援しています。


息をしているだけ.......というくだり、筆者は読者を鼓舞する意図で書いたの
かもしれませんが、言葉に少しだけトゲを感じます。

僕は濃い体験を本能的に求めています。そこには、ガンジーさんが言うような
真剣に自分を懸けて挑むという要素が必ずあるはずです。

僕は、敷居をかなり低くしないとやってゆけないので、ただ生きるということ、
漠然と生きているという人が実際にいるのか定かでないけれど、
毎日を人間として過ごす、それだけで「創る」は無意識下に始まり、だんだんと
形象化してゆくものだと勝手に思っています。

すべての人間が社会的な価値基準による違いはあるにせよ、
現在進行的に何がしかを創っているということです。
肝心なのは、ある日振りかえったとき、歩いてきた軌跡をいかに認め、
意識するかということだと信じています。

「創る」という言葉がガンジーさんの車輪を回転させる原動力になっていると
改めて、感じました。

僕は、達成した時の充実感、ヒリつくような感覚は、残念ながら未だに
出会ったことがありません。その歓喜などが得られる瞬間は、忘れた頃に
突如として不意打ち的に届く場合もあるかもしれません。



#- | URL | 2011/12/06 20:40 * edit *

Re:

>幸くん
ひさしぶり。げんきですか?
トゲと言われても,本からの引用なので……。
ぜひ,岡本敏子さんに直接言ってください(^^;)
(もう亡くなってしまったけど……)

岡本敏子さんの『いま,生きる力』,
よければ,ぜひ読んでみてください。
清冽なエネルギーの噴出。すがすがしいです。
同じ生きるなら,これくらい清々しく燃焼して,生きて,死にたいなぁと,
ぼくはたいへんカンメーを受けた1冊です。

「忘れたころに届く」ことは,ぼくは……ないんじゃないかなぁ,
と思います。「いま」を生きること=現在に集中しつくすことで,
得られる充実感のたぐいだと思うので……。

人と比べずに,自分のできることを,お互い,すこしずつでいいから,
増やしていけたらいいですね。

世の中の「すごい人」も,スケールの違いはあれ,
みんな,そうして生きている(だけ)なんだと,思います。たぶんね。
みんな同じなんだ。

がんじー #gJtHMeAM | URL | 2011/12/09 22:33 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/343-b364a50b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。