ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

楽知んイギリス旅行記(5)ロンドンへ 

旅行記(4)からのつづき。
写真はクリックすると,拡大します。

■1月2日(4日目)
●ロンドンへ移動。しかし……

 この日はバーミンガムを後にして,鉄道をつかって,ロンドンへ移動します。再び重いスーツケースを転がして,ターミナル駅であるNew Street駅へと向かいました。
 ここでもしおみさんが座席を予約しておいてくれているので,チケットを受け取る……はずだったのですが,なんと,列車の運行に大幅な支障が生じていて,我々の乗るはずだった電車は「Cancel」された=なくなった,とのこと。おろろろ,トラブル発生です。

Birmingham Newstreet Station
(電光掲示板はキャンセル・遅延だらけ)


 受付でしおみさんが必死に話をしてくれて,まず電車でBirmingham International駅へ向い,そこから代行バスに乗り,North Hamptonへ。そこから再び電車で,ロンドン・ユーストン駅へ,ということになりました。
寒風の中,立ち往生
(寒風の中,バスを待つ)


代替バスで移動 高速道路からの風景
(バスで移動)

 イギリスの鉄道は,民営化によるサービスの低下などで,よく遅延や運休が出るそうですが,この日のことは,それでもかなりの事件だったらしく,テレビや新聞にも取り上げられていました。もししおみさんがいなかったら,とても,ロンドンまでたどり着けなかったことでしょう(^^;)。でも,バスにも乗れたし,「ハプニングを楽し」むことができました(^^;)

 そんなわけで,予定よりは1時間ほど遅れましたが,なんとか無事に,ロンドンのターミナル駅のひとつ,ユーストン駅へ到着することができました(ここでも自動改札はありませんでした)。

ロンドン・ユーストン駅に到着 カッチョいいVirgin鉄道
(ユーストン駅。右:ヴァージン鉄道,かっちょいい。)


 ここから,

 ・ビートルズのアルバムジャケットになった「アビー・ロード」を見に行く組
 ・荷物を持ってタクシーでホテルへ組
 ・歩いてホテルへ向かう組

の3組に分かれて別行動です。
 その後,ホテルへ向かった2組は合流して,ロンドンの散策へと出かけました。


●あまりにも美しいロンドンの街並み
 ホテルのある「ピカデリースクエア」(いちばんの繁華街らしい)から,セント・ポール大聖堂まで,散歩しながら向かいました。
 ロンドンは,またバーミンガムとは全然雰囲気が違います。日本でいうと,バーミンガムは名古屋,ロンドンは東京(の銀座や表参道)に近いイメージです。

 そして建物が,街並みが,あまりに美しい。それはそれは,すごいものでした。16世紀や17世紀に建てられた,それぞれに立派な装飾を持つ建物群が,隙間もなくずらりと並んでいます。どこにカメラを向けても,いい絵になるくらいです。さすが,世界一の繁栄を誇った「大英帝国」の都です。すっかり圧倒されて,とりこになってしまいました。(3日後の最終日には,少々「食傷」気味にさえなってしまいましたが……)

ロンドンの街並み2 ロンドンの街並み3

ロンドンの街並み1 ロンドンの街並み4

ロンドンの街並み

 セント・ポール大聖堂は,王認学会の会長もつとめたクリストファー・レンが設計した建物です。これまた,立派な建物でした。ここは珍しく,入館に料金が必要だったので,カテドラルはリッチフィールドでも見たし,と入り口で引き返してきました。しかし後で,ずいぶん上の方まで上れて,ロンドンの街並みを展望できたことがわかって,すこし,残念な思いをしました。
セント・ポール大聖堂

 この日はずいぶん寒く,歩いていてすっかり体が冷えてしまったので,寺院のそばにあったカフェへ。みんなで「アフターヌーン・ティー」をいただきました(^^)

カフェでひとやすみ イギリスの紅茶!

 この夜のレストランでもそうだったのですが,店員さんは〈観光客慣れ〉している感じで,「コンンチハ」「イチ,ニ,サン,……」などと,知っている日本語をしゃべってくれました。ほんのカタコトでも,なんだかうれしい気持ちになるのは,不思議なものです。ついこちらも笑顔になってしまいます。

 帰りは裏道を探検しながら歩いて,ホテルに帰り着くころには,すっかり暗くなっていました。
日が暮れても,また美しい
(日が暮れて暗くなっても,またイイかんじ。)


暗くなると,また古い建物がいちだんと時代を感じさせて,裏道などに入ると,まるで中世にタイムスリップしたかのようでした!
中世に迷い込んだ?


 この日はレストランで食事をとって,おしまい。
 旅も半ばを過ぎました。

 でも旅行記,まだまだ続きま~す。

(つづく……) →次の記事

コメント

ハプニングもまた旅の思い出に

ガンジーさんへ
ハプニングもまた旅の思い出になります。
それにしても,英語が堪能な方がいて
本当によかった。
ロンドンの町並みの美しさ,
「おすそ分け」していただきました。

肥さん #UZMmABYg | URL | 2008/01/25 18:07 * edit *

最後の写真はほんとにきれいですね。
一瞬絵かと勘違いしました。
いい景色です。

謎のη #CzFp58lQ | URL | 2008/01/26 08:09 * edit *

コメントありがとうございます(^^)

>肥さん
はい,ほんとに,しおみさんには感謝です。
それにしてもロンドンは,いろんな意味で「おっきい」街でした!

豪華な建物の一方,イギリスの人達は,
服装はシンプル・地味で,
みんな「無印良品」のような服装でした。


>謎のηさん
ほんとに,なにか物語の世界に迷い込んだような感じでした。
そういう建物を,現役でオフィスに使ってるんだから,すごい。
地震がないからできることでしょうね~。

ガンジー #gJtHMeAM | URL | 2008/01/26 10:39 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/35-d787a28c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。