ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

楽知んイギリス旅行記(9)帰国 / 謝辞 

旅行記(8)からのつづき。
写真は,クリックすると,拡大します。(一部不拡大)


■1月5・6日(7~8日目)
●帰国の途

 この日は,10時に飛行機が出るということで,朝早くホテルをチェックアウトして,ロンドンのヒースロー空港へ向かいました。

ヒースロー空港
(朝の,というか,まだ夜明け前の(^^;)ヒースロー空港)


見送りについてきてくれたしおみさんとは,ここでお別れです。次に会うのは,しおみさんが日本に帰国して日本で,ということになるでしょう。
お別れ,またね!(あくつさん撮影)

 そして,帰りもフランスを経由して,1+12時間のフライトで,中部国際空港(あくつさんたちは成田空港)へ帰ってきました。

Laeve London 空高く雲の上

 7日間は,長かったような,あっという間だったような……。しかし,帰ってきてみると,「自分は本当にイギリスにいたんだっけ」と,まるで全ての出来事が夢だったかのような,なんとなく,現実感のない,ふわふわした記憶のように感じられるのは,なんとも不思議な感覚でした。
 帰ってくると,日本の「年越し」や「お正月」はすっかり終わっていて,あっという間に,普段の日常が戻ってきたのです。

 だがしかし,確かに私は,2007年と2008年をまたいでイギリスにいて,そしてなかなかに充実した時間を過ごし,貴重な体験をいくつもすることができたのです。
 きっと普通のパック旅行では,これほど「濃い」体験をすることは,できなかったことでしょう。

 貯金が足りず,親に旅費を借金して(^^;)参加した旅行でしたが,改めて,無理にでも参加して良かったなぁ……としみじみ,思うのでした。


■謝辞
 長々と書いてきた旅行記も,これにておしまいです。最後に,お世話になった方々への,お礼の言葉を。

 旅の同行者あくつさんは,日程の立案や,ロイヤル・インスティテューションとの交渉,旅のこまごまとした準備に至るまで,とてもこまやかなコーディネーターぶりを発揮してくださいました。「海外旅行はあくつさんと行くにかぎります!」とは,みやちさんの弁です。

 しおみさんには,バーミンガムでの行動や,ロンドンまでの移動の手配,および数々の場面での英語通訳で,たいへんお世話になりました。しおみさんがいなかったら,間違いなく我々は,路頭に迷って立ち往生していたことでしょう(^^;)。


 あくつさんの教え子のSさんとその“父”,ユージンさんは,brilliantなクリスマス・ディナーを提供してくださいました。パック旅行ではけして得られない,とても貴重でステキな体験を得ることができました。

 お名前がわからないのですが,エラズマス・ダーウィンの家のスタッフの さん,ロイヤル・インスティテューションのスタッフの さんには,本来なら営業していない休業期間であったところを,我々のために特別に中を見せていただきました。


 ホテルのツインの部屋をシェアしたナガサキさんは,コンセントの変換プラグを貸してくださいました。おかげですぐに充電が切れてしまうバッテリーでも,旅行を通してたくさんの写真を撮ることができました。

 そのほか,同行者のみやちゆさん,いさん,かさん,コイデマさん,イさん,ヨシカワさん,あくつちーさん,フジイさんには,一緒にたのしい時間をすごす上で,たくさんお世話になりました。


 旅行前に読んだ,板倉聖宣さんの科学史についての一連の著作は,とてもわかりやすく,読みやすく書かれていて,旅行へのモチベーションを大きく高めてくださいました。

 外村企画の外村明夫さんには,チケット・ホテルの手配で,お世話になりました。外村さんは,旅行中に発生したトラブルにも,きびきびと対応してくださいました。おかげで,全員無事に,帰国することができました。

(旅行記には書きませんでしたが,帰国が危ぶまれるような事態があったのです(^^;)。まぁ無事に,笑い話になったので,よかったのですが(^^;))
(というわけで,海外旅行には,外村企画,オススメです。)


 母親・きむらハハさんは,旅費を無利子で援助してくださいました。このお金は,4月からの初任給で,返していきたいと思います(^^;)。


 そのほか,全ての方のお名前を挙げることはできませんが,旅行会社や航空会社,ホテル,レストラン,鉄道,バス,美術館や博物館のスタッフ,道行く人々,などなど,今回の旅行でお世話になった全ての方々に,
感謝の意を捧げます。

そして最後まで,旅行記を読んでくださった,読者の方々にも。
(特に肥さんは,たくさんの記事にコメントをくださり,
 こちらの更新意欲を大いに励ましてくださいました!)

ありがとうございました!

(おしまい)


 *旅行記本編はこれで終了ですが,
  いくつか,番外編「おまけの更新」をしたいと思います。
  もうちょびっと,おつきあいくださいね!(^^)

コメント

とっても楽しい旅行記でした!

ガンジーさんへ
ここのところ,この旅行記の閲覧が
毎日の楽しみの1つでした。
いっしょにみなさんと
イギリスを旅行しているような気分になる,
充実した内容でした。
とっても楽しい旅行記を,
ありがとうございました!

肥さん #UZMmABYg | URL | 2008/01/30 20:19 * edit *

たくさんのコメントありがとうございました(^^)

>肥さん
長い連載だったので,けっこう息切れしそうでした。
コメントや拍手,読者の方からの反応が,続ける力をくれました。
感謝です♪(^^)

ガンジー #gJtHMeAM | URL | 2008/01/31 11:29 * edit *

面白かったです

長文の旅行記、お疲れ様です。楽しませてもらいました。
これだけの文章を書けることや、必要とあらば他の人の写真も手配することなど、春からの仕事もこの調子なら心配なさそうですね!
きむら母さまへの謝辞なども、いかにもガンジーさんらしい心遣いだなあと感心いたしました。

ふみ #PXXG49oI | URL | 2008/01/31 23:04 * edit *

よろこんでいただけてうれしいです(^^)

>ふみさん
読んでいてくださったんですねー。
ありがとうございます(^^)

仕事はまぁ,ぼちぼちと慣れていけたらいいなぁ,
と思っています。
ほんで借金もぼちぼちと返していきます(笑)

ガンジー #gJtHMeAM | URL | 2008/02/01 22:37 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/39-7777c1c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。