ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

【手紙】友人へのリクツっぽいお手紙 

友人しんくんが,猛っていらっしゃる(^^;)。

Chorus Biology Lab.:「発表会と質疑の意義」
「先生にやれと言われた」研究を、「先生に言われた」方法で適当にやって、「先生がこう言うから」こうだと解釈して、「先生が言うから」こういう結論にしました。
みたいな人多すぎるな。

もちろん研究には他人との議論は必須だし、それが与えてくれるものはすごく大きい。
でもそれは、自分に芯があった場合の話だ。
そういう意味では、おばかさんばかりである。

(中略)

こんな腐った空間を構築して、その脳みそは何も感じないのか。
大学で、大学院でいちばんよく学べているのは、本当に、そういう意味でのダメなやつが氾濫しまくっているということだ。

意識せず、攻撃せず、なあなあで関係を築いていけばまあ何の問題もないんだろうが、それで自分が埋没するのは、自分に失礼だ。

とりあえずまずは、そいつらはだめだと叫ぶことだ。
同:何となく院にいて
特技は、人にケツをふいてもらうこと。
そんなあんぽんたれどもが今年も、社会に排泄されてゆく。

周囲の意識や活性の低さ・主体性のなさにイラだつ気持ちは,
わからんでもない(というか,よくわかる)。

でも……,と思うのだ。
伝えたいことは,2点。


●1.ヒトは思った以上に,環境に規定される存在である。
主体性や意識の高低は,個人の努力の問題以前に,
環境・集団のレベルで規定される面も大きい。
また,ヒトは多面的存在でもある。

大学での研究で主体性を発揮していないからと言って,
いちがいに,その人を「芯がない」「おばかさん」と
言い切って否定するのは,行き過ぎだと思う。

「2・8の法則」というものがある。
「アリの巣では,2割の働きアリが,仕事の8割をこなす」とか,
「2割の富裕層が,社会全体の資産の8割を所有する」とかいうものだ。

おもしろいことに,その2割の働きアリを実験的に取り除くと,
残りの8割の集団で,また,2:8に分離するそうだ。

君の言う「芯のない」人々も,
置かれる環境が変わったら,突然「働きアリ」になるかもしれない……
(逆も然り。いま意識の高い人たちも,環境によっては,
 周囲に流されたり,埋没してしまうことも,あることだろう)


●2.告発では,人は変えられない
もう1点は,「告発では,人は変えられない」ということ。

「おまえ,ダメだ!おまえ,バカ!」と言われて,
「あぁそうだなぁ,変わらなきゃ」と思う人は,一般に,少ない。
自己の心理的防衛のために,「なにをぅ!うるさいな!」と,
かえって反発したくなるのが,人間の心理というものだろう。

 ・他人の行動は,変えられない。
  変えられるのは,自分の行動だけだ。

 ・告発や攻撃,批判では,人は変わらない。
  よいものはホメ,悪いものは,「そっとしておく」。

相手にも,主体性や自尊心がある。
そういう存在を「変えたい」と思うなら,戦略が必要である。
そしてそれには,法則性の洞察が欠かせない。

「ダメだと叫」んだり,力押しするよりも,
もっと効率的で,自然法則をうまく利用した,カシコい方法が,
きっとある。そここそ,君の創造性・考察力のみせどころであろう。

願わくば,その清冽な怒りのエネルギーを,
浪費・発散することなく,うまく制御し,
より建設的な方向へ,使ってほしいと思う。



人を動かす 新装版人を動かす 新装版
(1999/10)
デール カーネギー、Dale Carnegie 他

商品詳細を見る


ーーーー+(補記)

まぁなんだかエラそうに,ぐたぐた書いたが,
ぼくも大学というヌル~い環境に,
ず~~っとフラストレーションを感じていたし,
結局,それは最後まで,解消されることはなかった(^^;)。

「大学はほんとに,まぁ,しゃーないところだった」というのが,
私の結論である。だから私は,大学にオサラバした。

でもそれは,どこへ行っても,きっと同じだ。
どこへ行っても,尊敬できる人はいるし,
そうでない人もいるさ……。

また今度,酒でも飲みながら,語り合おう(^^;)。

  *

うまく書くことができず,何度も書き直した。
我ながら相変わらず,ぐちゃぐちゃリクツっぽいなぁ,と
不満なのだが,どうにもうまくまとまらないので,
これで送ります。ごめんちょ。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/43-b5bf2ba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。