ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

【オススメ】「うみはく(海の博物館)」in鳥羽 

海の博物館 A棟内部

先週末は,楽知ん研究所の仲間の集まりで,
三重県鳥羽市にある「海の博物館」(通称「うみはく」)
行ってきました。

楽知ん研究所の仲間に,館長さんとお知り合いの方がいて,
オハナシを聞く機会を設けてくださったのです。

うみはくは,
和船や漁具,漁師の生活用品などを収集している,
民俗・歴史系の博物館です。


特徴的なのは,
市立や国立ではなく,〈独立民営〉の博物館だということ。

館長さんのお父さんが,私財を投じて財団を設立。
その基金と,年間の入場料収入で,運営をしているそうです。
(日本の博物館では,かなり珍しい)

また,館の建築も,建築学会賞を受賞するほど評価が高く,
建物を見に訪れるお客さんもいるほどだとか。

とても,いいところでしたので,オススメする次第です。
以下,フォトレポート。

海の博物館 外観
建物外観。黒と赤で,センスある色合い。


建物の構造は,
「内部に柱や壁をもたない」という特別な構造になっています。
空間的束縛を小さくして,フレキシブルな展示をするためだそうです。

そのため,冒頭の写真のように,
中から見上げると,まるで「くじらの体内」にいるかのような,
湾曲した柱が左右からのびている「肋骨」のような構造。
木の色合いと幾何学的構造が,美しいです。

うみはく 船の収蔵庫
こちらは船(和船:木でできた船)の収蔵庫。ここも「肋骨」構造です。


しっくいの土間
収蔵庫の床は,しっくいで「土間」になっていて,
木の保存に適した湿度を保つようになっています。ひんやり。


収蔵庫 漁民の生活用品
船や漁具だけでなく「漁師の生活まるごとを保存する」ということで,
生活用品なども,展示資料として収集されているそうです。


館内の展示は,ユニット構造になっていて,
〈小さいひとまとまり〉がいくつも並んでいる,という
形になっています。

人形やミニチュアなども,ぜ~んぶ,
スタッフ(学芸員さん)の手作りだそうです。

カツオ釣り船の人形

カツオ釣り船の人形 アップ

徹底的にコストを抑えて,
できることは全て自分たちでする,というスタンス。

ミニチュアもすごいクオリティ
ミニチュアとかも,すごいクオリティ……

展示にも,なかなか工夫がこらされています。
また,「干物づくり」などの体験学習もあります。

うなぎのぬいぐるみ
ミュージアムショップの人気商品「うなぎのぬいぐるみ」。
かわいい!(>▽<)  通販もしているようですよ!


うみはく 裏手の道
裏手の道を下りていくと,海につながっていて……


作業所 カキ山!

カキの作業場が見学できるようになっています。

ふつーの,営業しているカキ業者さんです。
こういうのも,民営ならではの柔軟さですね。

カキの殻の山が,すごかった!(上の写真,砂利の山じゃないんですよ!)

カキの殻



会議室 館長さんのお話
奥が,館長の石原さんです。味わい深い,魅力的な方でした。
ギャラリー2階の会議室にて。

博物館の運営についてなど,
普段きけない,貴重なオハナシを聴かせていただくことが
できました。
(その内容は,ここには書くことはできません。ごめんなさい~)

館長さん,ありがとうございました!

そのあと,身内の研究会(資料発表など)をして,
お昼は,敷地内にある喫茶「あらみ」にて。

名物 伊勢うどん
じゃーん! 伊勢名物「伊勢うどん」!


つゆは真っ黒

このように,つゆが「まっくろ」なのです。
でも,ぜんぜん辛くない。

そして麺も「ふわっ」としていて,フツーのうどんとは違います。
初めて食べたのですが,たいへんおいしゅうございました。
オススメです!


んで,地ビール「神都ビール」。
うまかった!地ビール「神都麦酒」
これもフルーティで,めちゃうまかった……(^^



    *

というわけで,
鳥羽,海の博物館,ステキなところでした。

もし三重に旅行に行かれる機会があっったら,
ぜひ一度,訪れてみられるといいと思います。

近鉄・JR鳥羽駅から,バスで25分。
詳しいアクセスなどは,ホームページ参照。


(Thanks! for your good arrangements >Taekoさん)


────────────────────────────────
【関連エントリ】

みえからのローカルレター ~ 伊勢屋主人日記: 海の博物館に行ったはなし - その壱その弐
 ……「櫓漕ぎ和船」体験!いいな~。その弐は「漂着物アート」。

day by day: 膨大な数の展示 「海の博物館」 (三重県鳥羽市浦村町)
  ……こちらは「カツオの一本釣り体験コーナー」。いろいろあるんだなぁ。

ほたるいしPhotoLog: 海の博物館(鳥羽市)
  ……2枚めの写真,「ユニット構造の展示」がよくわかります。

放浪記:海の博物館@鳥羽 - livedoor Blog(ブログ)
  ……建築系の学生さんのようです。



コメント

たのしい紹介ありがとうございます!
謝辞もうれしかったです(^^)

Taeko #- | URL | 2008/03/08 22:48 * edit *

>Taekoさん
こちらこそ,たのしいところにつれてっていただいて,
ありがとうございました~(^^)

またいつか,行きたいな!

ガンジー #gJtHMeAM | URL | 2008/03/09 21:28 * edit *

こんばんは。

ほたるいしへのコメントありがとうございました。

ガンジーさんのページの方が詳しく紹介されていますので、初めて行かれる方にはとても参考になると思います。
素敵な所なので、何度も足を運びたいですね。

ほたるいし #mQop/nM. | URL | 2008/03/11 18:59 * edit *

>ほたいるいしさん
コメント,ありがとうございます(^^)

ほたるいしさんは,写真がお上手ですね~。
思わず,過去ログもほじくって読んでしまいました。
(でも8月で途切れてて,残念でした……)

ガンジー #gJtHMeAM | URL | 2008/03/12 18:42 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/50-70244d40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。