ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

著者への手紙 

●●さんへ

まだ校正刷りがあがってくるそうで,
本当の「完成」「作業終了」ではないので,
ちょっと早いですが……

○○さん,ありがとうございました。


この半年間,判型の検討からはじまって,
ず~~っと,この仕事とつきあっていました。

ようやく,形として生み出すことができて,
ホッとしています。


ぼくにとって,はじめての
「楽知ん研究所からの出版物」です。

今まで,チェック人として,ちょろっとお手伝いしたことはあっても,
「中心メンバー」として本格的に関わったことはありませんでした。

今回,そういう貴重な経験が積めたことを,
とてもうれしく思います。
 (編集者として未熟で力不足な点も,多々,ありましたが……
  それも含めて,今回の経験でした)

   *

ガリ本の時は,ふたりで「これでいっか」で出せましたが,
楽知ん研究所」というブランド,プラットフォームから出す,
ということは,やはりそれなりに厳しいチェックもあり,

でもそれだけに,ようやく,その「関門」を通過できて,
この原稿が世に出るのだ,と思うと,喜びもひとしおです。


Oさんが,こないだ,
「編集者って,親鳥みたいですね」と言ってくださったのですが,
まさに,そんな気持ちです。

あの,A4の紙に平打ちされて眠っていた原稿が,
ほとんど商業レベルと言える,2000部もの「書籍」になって……

 「かわいい“ヒナ鳥”を,なんとか,
  途中で死なせたりすることなく,
  無事に,世に送り出すことができた……」

肩の荷がおりた感じで,心底,ホッとしています。
子どもがいないのでわかりませんが,
親になるって,こんな感じでしょうかね。


本当に,全ては,
○○さんがコツコツと(本~~っ当にコツコツと努力されて)
書かれた原稿があればこそ,でした。

そして,
~~のオフィスで原稿をみせてくださったのが,
はじまりでした。

あらためて,そのことを,心から,感謝します。


また,
未熟な若者に,信頼して編集を任せていただいたことも,
本当に,ありがとうございました。


長く売れ続ける,いい本になりますように。

そして,この本が,
~~の成功にも,すこしでも貢献することができたなら,
「編集者」として / ~~の成功を願う1人として,
これにまさる喜びはありません。


   *



ちょっと早いですが,
今日から,モードを切り替えて,
就職先の事前研修(自宅学習)に集中するために,
気持ちの整理の意味で,書かせていただきました。

長々と書きました。ありがとうございました。


それでは,また。

 かしこ    
            2008年3月12日 ○○○○

原稿が,印刷屋さんに入稿された。
仕事,一区切り。

昨日は,部屋の掃除や,資料の片づけなどをして,
モードを「編集者」から「就職準備」に切り替えた。

以って,楽知ん研究は,しばらくお休みである。


『みっけ』の編集などを通じて,
未熟ながらも一定のDTP技術を身につけたことは,幸せなことだった。

 「なにかのプロジェクトに対して,自分なりに提供できるスキルがある」

というのは,自信につながるし,
「一点突破」で,
その一点から,次の仕事や,人との信頼関係が広がって行く。
この仕事に関われて,よかった。

4月からの新しい生活に慣れて,時間的・精神的に余裕ができたら,
またいつか,こちらの“シゴト”をしたい。


   *

ここには,こちらからの手紙だけを載せた。

著者からもらった心暖まる返信は,
ぼくだけの,たからものである……(^^)


 →【発売!】楽知ん新書『自分でトコトン考えるための勉強法』
  (3/22追記)

コメント

ガンジー君は名プロデューサーです。
その原稿を本当にいい本にしたいという気持ちを持って,取り組んでいるんだなぁというのが,メールを通してだけでも伝わってくるからです。
それ以外の余計なものを入れ込まずに,縁の下の力持ちに徹することができる人ってなかなかいないのではないかなぁと思ってます。
本の完成おめでとうございます。

ゆかこ #- | URL | 2008/03/17 11:06 * edit *

>ゆかこさん
あたたかいコメント,ありがとうございます(^^)
おほめいただき,うれしはずかしうれし,です。

でも,まだまだだとも思っています。
宮地さんや,仮説社の増井さんの編集技術を見ていると,根本的なレベルで大胆に手を入れて,整理の仕方,原稿の生かし方が,すっごく上手いんですね。
「気持ち」だけじゃ不十分で,やはり,確かな「技術」もないと……

まだまだ,上にいけると思っています。
し,できれば,いきたいものです。 精進~!

ガンジー #gJtHMeAM | URL | 2008/03/17 16:59 * edit *

確かに気持ちだけじゃ不十分だけど,気持ちは不可欠だもんね。
図書館でみつけた「ほぼ日刊イトイ新聞の本」(講談社)を読んでいて,ますますそれを感じています。おもしろいよ。

ゆかこ #- | URL | 2008/03/18 14:20 * edit *

>ゆかこさん
あ,その本もってます。おもしろいですよね(^^)

いまは,講談社文庫からも出ています。
文庫版には「第8章 その後の『ほぼ日』」という後日談の章が追加されていますので,オススメです。
(価格も安いし)

あの人たちも,「気持ち(意志)」があって,「技術」や「形」は,後からついてくる,という感じの進み方ですよね。
すごく,(いい意味で)アマチュア的。

ガンジー #gJtHMeAM | URL | 2008/03/18 21:29 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/51-64dfd12f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。