ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

【発売!】楽知ん新書:秋田総一郎『自分でトコトン考えるための勉強法』 

昨日配信のメルマガ「楽知ん○満月アクションズ」
正式なプレスリリースがありましたので,
こちらでもお知らせを,することにいたします。

『自分でトコトン考えるための勉強法』表紙

 新刊のお知らせです。

  秋田総一郎さん
  『自分でトコトン考えるための勉強法』

   (発行:楽知ん研究所注文ページ

が完成しました!

 勉強法だけにとどまらず,学問論や組織論にも踏み込んだ,なかなか深い,
でもけっして難しくなく,読みやすい本になっています。

 ぜひ,多くの方の手にとっていただけると,うれしいです(^^)


………………………………………………………………………………

◆内容の紹介 ──「はじめに」より

 この本は,「〈自分で考える〉ための勉強法」をテーマにしています。

 「勉強」というと「試験などのためにがまんしてするもの」というイメー
ジを持っている方も多いでしょう。

 しかし,この本でいう「勉強」の目的は「自分で考え,判断して主体的に
生きていくためのアタマをつくる」ということです。
 それは,誰かに押し付けられてする勉強ではできません。また,「教養を
豊かにしよう」といった問題意識のゆるやかな勉強とも異なります。


 勉強のポイントは4つあります。

  (1) 興味のあることを勉強する
  (2) よい先生をみつけ,徹底的に学ぶ
  (3) 「科学とは何か」といった「本質」を押さえる
  (4) 勉強の成果を文章で表現する

 これから,この4つのポイントについて,掘り下げていきます。

 この本は,1項目2ページほどの,短い断片の集まりです。好きなところ
からひろい読みしてください。ひろい読みして,「いいな」と思ったら,は
じめから順を追って読んでみてください。

………………………………………………………………………………

◆構成
  第1章 「自分で考える」ために,勉強をはじめよう。

  第2章 よい先生がみつかったら,勉強はうまくいく。

  第3章 問題について,「くよくよするな」というのが宗教。
      「どういうこと?」と問うのが学問。

  第4章 読書の第一歩は,本屋さんへ行くこと。

  第5章 文章を書かなければ,考える力はつかない。

  第6章 ひとりでないと,考えられない。
      ひとりきりでは,考えられない。


   新書判208ページ, 価格:1000円(+送料200円)
………………………………………………………………………………

 ご注文は,楽知ん研究所サイト内楽知ん商店街へ。

   *

もしお手に取られた方は,コメント欄に感想を寄せていただけたりしたら,
とても,うれしいです。
(メールアドレス,URLは記入しなくてもコメント可能です)

コメント

さっそく注文しました

ガンジーさんへ
さっそくメールにて注文しました。
以降の追加注文は送料のことを考えて,
仮説社で買うことにします。
仮説社の本棚にも置きますよね?

肥さん #UZMmABYg | URL | 2008/03/23 16:59 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/55-4721cea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。