ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

【メンタルトレーニング入門2】長谷川滋利『自分管理術』 

前回からのつづき。
今回は,同じく長谷川滋利さんの著書から,
『チャンスに勝つ ピンチで負けない 自分管理術』を紹介しよう。

自分管理術―チャンスに勝つ ピンチで負けない (幻冬舎文庫)自分管理術―チャンスに勝つ ピンチで負けない (幻冬舎文庫)
(2005/10)
長谷川 滋利

商品詳細を見る



前回の『適者生存』と合わせて,3部作のような形になっている。
発行順に並べると,
 ・『適者生存―メジャーへの挑戦 』(2000,文庫版2003)
 ・『メジャーリーグで覚えた僕の英語勉強法』(2001,文庫版2007)
 ・『自分管理術―チャンスに勝つ ピンチで負けない』(2002,文庫版2005)
である(他の出版社からも,何冊か本が出ている)。

それぞれメインのテーマが違って,
『適者生存』では,大リーグについて,
『英語勉強法』では,英語学習について,

そして,『自分管理術』では,
大リーグでつちかった経験や知識をもとに,
「セルフ・マネージメント(自己管理)」に力点を置いて
書かれている。

題名がちょっと魅力に欠けるアレだが,
内容は,とてもいい本だと思う。

構成を紹介すると,
・プロローグ:故障がぼくの生き方を変えた
[セルフ・マネージメント 立志編]
 ○第1章:8年目に訪れた転機
 ○第2章:自分のゴールをどう設定するか
[目標設定編]
 ○第3章:セルフコントロール
 ○第4章:アメリカにみる「プロ」の定義
[実践編]
 ○第5章:セルフマネージメント メンタリティ編
 ○第6章:フィジカル編
 ○第7章:生活編
・エピローグ:生き残るために必要なこと
となっている。(なお一部,勝手に表記を改変した)

本などから得た知識と,自分の大リーグでの経験を,
うまく織り交ぜながら,読みやすくまとめられている。
とっつきやすい入門書だと思う。


プロの職業人として,
肉体的にも精神的にも,きちんと自己を管理し,
高いパフォーマンスを持続的に発揮できるように努める,という姿勢。

それも,単なる「心がけ」「気をつける」ではなくて,
きちんと知識や理論による裏付けに基づいて,
仮説検証的に考え,行動していく。その姿勢から,学ぶことは多い。


特に読んでいて感じるのは,彼の「近代的センス」である。

きちんと自立(自己を確立)していて,
他者と自我がきちんと線引きされているので,
 ・協調性を保ち,他者ともコミュニケートしつつ,
 ・きちんと自分で考え,行動することができる。

こういう人(=近代人,真の意味での「おとな」)が,
日本には,意外と少ない……ようだ。
どーも,「依存」や「甘え」が多いのが,日本である。

長谷川さんには,そういう,べったりしたものがない。
その点に,ぼくはいちばん好感を持った。


「自分は揺れが大きい」と感じている人や,
「〈おとな〉になれないなぁ」と思う人,
働きはじめの新社会人の人,
仕事や職場の人間関係などで悩んでいる人に,オススメの1冊。

(ちなみに以上は,
 ほぼ全て,かつての自分か,いまの自分なのであった(^^;)
 人は,変わることができる。適切な学習と訓練によって)


文庫で安いし,一度,手にとってみてはいかがだろうか。

 (この記事は,特定の友人たちを意識しつつ
  ただしなるべく誰でも読めるような形で,書いた。
  なにか役に立てれば,うれしい。for ……)

 →さらに芋ヅルで,
  次週「【3】ジム・レーヤー『メンタル・タフネス』」へ,つづく



コメント

「依存」や「甘え」が多いのが,日本である。

・・・。心当たりがあるので
ドキっとしてしまいました。
参考にさせて下さい(笑)。

・協調性を保ち,他者ともコミュニケートしつつ
・きちんと自分で考え,行動することができる。

なんだか難しいところですよね。
でも、手がかりになることを知って
いるってことはプラスになりますよね。

しばらく忙しくて余裕がない日々が
続きそうなので、
少し余裕が出てきたら読んでみます(^^)。
ありがとうございます。

サクラ #x3gQ5Mwo | URL | 2008/06/01 03:11 * edit *

私も読んでみたいです

ガンジーさんへ
いい本を紹介してくれて
どうもありがとうございます。
私も読んでみたいです。

肥さん #UZMmABYg | URL | 2008/06/01 06:00 * edit *

コメント返信

>サクラさん
そうですね。
人はひとりでは生きてはいけないわけで,
完全に誰にも甘えず自立しきっている人なんて,
いないんじゃないかなぁ。

エラソーなこと書いてますが,
ぼくも,いまは実家に寄生して,
親に「依存して」生活してます(^^;)


>肥さん
こちらこそ,ありがとうございます。
お試しになってみてください~(^^)

ガンジー #gJtHMeAM | URL | 2008/06/04 05:32 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/71-7802eb46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。