ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

事件に思う ~ たねをまく/ものごとを善悪で考えない 

たねをまこう。
えらぶるでも,肩に力を入れるでもなく,
ただ自然に,淡々と,しあわせのたねをまこう。

1人でできることなんて,とってもタカが知れていて,
でもいつも,どんなことも,そこからはじまるし,
そこからしか,はじまらない。


さりげないやさしさが,
誰かをちょっぴり幸せにすることがあって,
そのちょっぴりが,次のちょっぴりを呼ぶ(こともある)。


芽が出るかなんてわからなくて,
そのまま無駄になってしまう種もたくさんある。
あなたは,徒労を感じるかもしれない。


でも,その中のいくつかでも芽が出て,
それが,誰かの〈ちょっぴりの笑顔〉につながることがあるなら,
それは,なかなかよいことだと思いませんか?


だからぼくらは,たねをまこう。
いつか,たくさんおはなが,咲くように。


    *

ひどい事件だと思う。
もちろん,人を殺すことは,
現在の刑法上,許されることではない。

でも。
その人には,
そんなにためこんでためこんで,
もうどうしようもなくなってしまうまで,
誰も,だ~~れも,
周りに,話を聴いてくれる人もいなかったのか。
心を開ける相手が,いなかったのか。

その孤独と絶望──絶望的な孤独と,絶望を思うとき,
ぼくは,ただ単純に「悪」とか「狂っている」とか切り捨てて
忌んだり憎む気持ちには,なれないのだ。
(ぼくにも,とても似た時期があったから……)


さまざまな意味で,悲しい出来事だと思う。


    *

そして,世の中には,報道されないだけで,
そんな悲しい出来事が,世界で毎日たくさん起こっている。

その中で,目立つものや比較的距離の近いものだけが,
我々に伝わってくるだけなのだ。

だからぼくは必要以上に,心を揺らしたりはしない。

1人でできることは,とってもタカが知れていて,
止められない出来事なんて,世の中に星の数ほどある。

    *

でも/だから,
ぼくらは,幸せのたねをまこう。

いつか,
たくさん笑顔が,咲くように。




  *  *  *


抽象的・ブンガク的な表現ではなくて,もう少し具象的なことを書くと,

  「ものごとを善悪で考えない」

というのは,とても大切な視点だと思う。


なにかをとらえたり考えたりする時に,
そこに〈善悪〉というモノサシ(価値基準)を持ち込んだ瞬間,そこで,
「対象を理解しようとする努力」には,終止符が打たれてしまう。

「あいつが悪い」で片づければ,そりゃカンタンだ。
自分を変える努力も,必要ない。



ぼくは,理解したい。
いろんなものごとを。相手を。
できるだけ,適確に,正確に。
(その上で,好き嫌いや,合う合わないはある)


善悪というモノサシは,その判断を曇らせる。
だから,ぼくはそのモノサシは使わない。

そんなモノサシは,誰か(たち)の脳みそが,勝手に作ったものだ。
ぼくがそれに付き合う必然性は,ない。


明日もぼくは,ただ,自分にできることをするだけだ。
淡々と。

(あぁ,話がズレつつ,また抽象的になってしまった……
 このあたりの話題(倫理の問題)は,
 いつか,もっときちんとした形で,まとめたいと思っている)



    *

 最後に,亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

コメント

みんなつながってるんだって,このごろ実感します。
だからひとごとじゃないです。
だからまず自分と自分の目の前にいる人が笑顔になるように暮らしていきます。
笑顔の流れもつながっていくと思うし。

ゆかこ #- | URL | 2008/06/12 09:59 * edit *

>ゆかこさん
コメントありがとうございます。

>だからまず自分と自分の目の前にいる人が笑顔になるように

そうですよね!
ぼくは一時期(中~高校生のころかなぁ),「自己犠牲」というものに憧れていたことがありました。
「自分を犠牲にしてでも,誰かの幸せのために尽くす」みたいなことに憧れてたんです。

でも,そういうのは一時はよくても,長続きしないんですね(たぶんだけど)。

 ・まずは,自分が十分しあわせになること。
 ・そして,自分を犠牲になんかしなくても,
  「自分と他人,両方がしあわせになれる」
  という選択肢がありえるのだ,ということ。
  (ギブ&ギブン関係,「プラスサム」の世界)

そんなことを本や師匠たちから教わったりして,
ずいぶん,生き方が変わりました。

自然体で,自分も周囲も笑顔にしていけるような,
そういう生き方をしていきたいです。


そうそう,
昨日の〈衣食足りれば他人の笑顔〉研究会でのゆかこさんの笑顔,とってもステキでした~(^^)

ガンジー #gJtHMeAM | URL | 2008/06/15 10:04 * edit *

私も「自己犠牲」やってました!!
修学旅行の宿でベッドの数が一つ足りないことが発覚し,普段布団生活だった小6の私は,ベッドで寝られる~とめちゃめちゃ楽しみにしていた自分の気持ちを押さえ込み,自ら「私が布団で寝ます。」と手を挙げたのでした。(^^)

あんな時代もあったねとほぼ笑って暮らせるようになりました。

笑顔をほめていただくことがなぜか多いので,うれしいです。

伝えてくれてありがとう。

ゆかこ #- | URL | 2008/06/16 10:50 * edit *

>ゆかこさん
ちょうど『みんなでフランクリンになろう!』を読んでいて,
秋田さんの「私益と公益」の話のところで,「自己犠牲」のことが出てきました。

われわれは自己犠牲への憧れを乗り越えて,
フランクリンさん(近代的センス)に近づきつつあるのだ!
と考えると,なかなか,たのしい(^^)

ガンジー #gJtHMeAM | URL | 2008/06/22 22:02 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/72-27b3ce8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。