ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

【出資】コミュニティ・ユース・バンク「momo」 

前回記事の末尾で,初めてのボーナスが入ると浮かれ書いた。

同期の女の子たちは,
ここぞとばかりにタイミングを合わせてくるバーゲンで,
オシャレ服を買ったりしているようである。

男どもは,どうしておるのだろうか。なぞ。
(一般に,男同士は,女性に比べてこういう話をすることが少ない)


●コミュニティ・ユース・バンク「momo」

さて,んで,わたくしの使い道である。
ボーナスの一部を使って,以前から興味を持っていた

  コミュニティ・ユース・バンク「momo」
   http://www.momobank.net/
  NPOバンクmomo

へ出資してみることにした。
(→ 2008/01/17記事【メモ】信念,意志,主体性 /NPOバンク,小さな政府

「momo」は,東海地方のNPOに,
1件300万円を上限として融資を行なう,地域NPOバンクである。

出資は,1口1万円から。利子や配当はない。
現在は,2000口(=2000万円)ほど集まっているようだ。

法律上は,
 「民法上の任意組合」という組織形態
というものをとっているそうだ。
(よくわかっていない(^^;) 詳しい方がいたら,教えてください)


●出資の動機

動機は,

 ○長期投資で将来的に経済的独立が見込めるなら,
  若いうちから,収入の数%には,
 「市場経済にはのらない方面の活動」(非営利活動)で働いていただこうと考えた

というものだ。
澤上篤人さん言うところの「カッコイイお金の使い方」の実践練習。

あと,

 ○他のNPOの情報を仕入れることで,
  NPO法人 楽知ん研究所の活動にも,なにか役立てられるかも?

 ○おもしろい人とのつながりができるかも

など,健全な下心 (^^;)もあってのことである。


まずは,ごく小額,出資してみた。
出資者のメーリングリストやイベントもあるので,
いろいろ,様子をのぞいてみるつもり。


ちなみに,「momo」という名前は,
ミヒャエル・エンデの『モモ』からとっているそうである(^^)
  
モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37)
モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37)
(1976/09)
ミヒャエル・エンデMichael Ende




●「おらが町」経済の活性化には……

誤解されていることも多いが,
「おらが町の投信」は,直接,地元の会社に投資するわけではない。
そういう意味では,「地域ファンド」とは言えない。

では,なぜ「おらが町の」なのか。どういう解決の仕方があるのか。
その答えの1つに,
今回の「コミュニティバンク」がからみうる,という問題意識でいる。

つまり,長期投資で増やした資産を,
みなが地元に向かって流してやればいいのだ。
「お金の流れが,社会をつくる」のだから。


様子がわかってきたら,また追ってレポートしよう。
乞う,ご期待。


【Web上参考記事】
若者農山村定住へ融資1号 東海初のNPOバンク「momo」 : 教育・文化 : 中部発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
同バンクの木村代表は、「銀行は規模でなく機能。小さくてもできることがあるという証明にしたい」と期待を込める。また山の家の北村代表は「出資者の思いが詰まったお金を大切に使いたい」と話している。


ダイワJapan for Sustainability - カレッジ
NPOバンクの特徴の一つは審査方法にある。通常の銀行の融資では過去の実績が重視されるが、NPOバンクの場合はそれだけではなく、融資によって事業がどうなるか、地域がどうなるかという、事業の将来性を見る。
 (中略)
もう一つの特徴は、融資先と顔の見える関係を築こうとしている点にある。まず、ウェブサイトなどで融資先についての情報をどんどん公開することで、融資先にとってはある意味でPRの場でもあり、見られている実感を得ることができる。定期的に電話や事務所を訪問するなどして、事業の進捗を確認したり、必要に応じて関連団体にサポートを要請したりするNPOバンクもある。


エコロジーオンライン :: Ecology Online エコピープル21 木村真樹さん
「環境問題や社会問題と本当に向き合うなら、いまの経済の仕組みや社会構造そのものを変えていくしかない」と木村さんは言葉を強くする。
(中略)
大手金融機関からの融資はなかなか受けられないけれども、社会貢献を軸に一所懸命事業展開しているような地元の個人や団体へ融資して、持続可能で豊かな地域づくりを目指す。



Hitoming♪日々 | NPOバンクって面白いかも!?
NPOバンク・・・このあたりで立ち上げるとしたら??
こんな感じの(引用者注:momoみたいな)バンクにしたいねぇ~~~
岩国でもたちあげ??(^^)

コメント

ご挨拶

いつも興味深く拝見させていただいております。
弊社ウェブページの研究者ブログ一覧に登録させていただきました。
ご興味御座いましたら御確認下さいませ。
http://bioimpact.jp/blog/

sugihara #- | URL | 2008/07/09 12:41 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/76-44c3b3ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。