ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

【メンタルトレーニング入門3】ジム・レーヤー『メンタル・タフネス』 

  連載は,忘れたころにやってくる。

「メンタル・トレーニング」を紹介するシリーズ,
なんやかんやですっかりご無沙汰でやんした(^^;)

今回は,前回の長谷川滋利『自分管理術』の参考文献から
たどって読んだ,ジム・レーヤーさんの『メンタル・タフネス』
という本について,紹介します。


長谷川さんは,メジャーで成功できた要員の1つに,
メンタル・トレーニングの技術を学んだことを挙げています。

で,そのメンタル・トレーニングで有名なのが,
ジム・レーヤーさんだそうな。
邦訳もたくさん出ていて,アマゾンで検索するとたくさん出てきます。

しかしこれがどういうわけか,
み~んな題名が『メンタル・タフネス』!(^^;)
同じ本かと思うと,出版年や出版社がちがって,どうも違う本。
(表紙画像がないものもあって,きわめて見分けにくい……)

そのうち,ぼくが買ったのは3冊,読んだのは2冊。
同じタイトルでも,けっこう切り口が違いました。


●1.『ビジネスマンのためのメンタル・タフネス』
ビジネスマンのためのメンタル・タフネスビジネスマンのためのメンタル・タフネス
(1992/11)
ジム レーヤーピーター・J. マクラフリン



この本では,
 
   エネルギーの4分類

を徹底的に使い倒す,という構成になっています。
「ポジティブ/ネガティブ」と「ハイ(ハイテンション)/ロー」
の2つの軸を組み合わせて,
気分・調子(=エネルギー状態)を4つに分類します。

   ハイ・ポジティブ    │  ハイ・ネガティブ
    エネルギッシュ・活発 │   不安,怒り,恐れ,
    (理想に近い精神状態)│   ピリピリ,攻撃的,皮肉
  ─────────────┼────────────────
   ロー・ポジティブ    │  ロー・ネガティブ
     リラックス,弛緩, │   退屈,無関心,鬱(うつ)
     ゆったり,休息   │   焦り,燃え尽き


(日本風に解釈すると,

  ハイ・ポジティブ = 喜
  ハイ・ネガティブ = 怒
  ロー・ポジティブ = 楽
  ロー・ネガティブ = 哀

 に,おおむね対応させることができそうです)


そしてその上で,
「メンタル・タフネス(精神的強さ)」を,
 必要なとき,必要に応じて,精神状態を変えることのできる能力
と定義しています。

この定義は,なかなか新鮮でした。

日本で「精神的強さ」というと,なにかと
「努力!根性! 頑張れ!」みたいな精神論に行きがちですが,
この定義は,それと違って,極めて冷静で,理性的です。


その精神状態のコントロールは,

 ・なんとなくやる気の出ない時(=ロー・ネガティブ)に,
  なるべく理想的な精神状態に近づける
   (ロー・ネガティブ → ハイ・ポジティブ)

や,

 ・イライラして冷静さを欠いている時,心を落ち着ける
   (ハイ・ネガティブ → ハイ・ポジティブ)

といった移動のみならず,

 ・休息すべきときは,リラックスして,
  無駄なエネルギー消費を抑え,回復する
  (ハイ・ポジティブ → ロー・ポジティブ)

ということも含みます。


自分で,自分の精神状態をコントロールすることによって,
セルフ・マネージメント(自己管理/自己経営)し,
プロフェッショナルとして,高いパフォーマンスを継続する。

もともとは,スポーツ選手向けに開発されたものですが
(ジムさんはもともとスポーツ心理学が専門),
この「エネルギー状態の4分類」と「メンタル・タフネスの定義」は,
フツーの人の普段の生活にも,生かせるところが大きいと思いました。

理論のあとは,具体的なトレーニング方法についても,
いろいろ述べられています(今回は割愛)。

なかなか,いい本です。


●2.『スポーツマンのためのメンタル・タフネス』
スポーツマンのためのメンタル・タフネススポーツマンのためのメンタル・タフネス
(1997/03)
ジム・E. レーヤー


ぼくは買っただけで読まなかったのですが,
ビジネスマン(サラリーマン)ではなくて,
いまスポーツをやっていて,
競技の面でメンタル・タフネスを生かしたいという人には,

 『スポーツマンのためのメンタル・タフネス』

の方が,オススメです。現役選手だけでなく,コーチ,監督,指導者の方にも。



    *

もう1冊についても紹介しようと思ったのですが,
長くなったので,次回へ。

では,また次回。


-------------
[過去の連載]
 【メンタルトレーニング入門1】長谷川滋利『適者生存』(2008/05/24)
 【メンタルトレーニング入門2】長谷川滋利『自分管理術』(2008/05/31)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/77-deae7bee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。