ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

家族のきづな 

  朝陽と部屋主不在

兄が帰ってきて,また帰っていった。

昨日はぼくは出かけていたのだが,
その間に,またなにやら,父と悶着があったらしい
(母親からの伝聞)。

思うに,

    (諸事情により公開とりやめ)

ようになると,
もうすこし,ちがった関係が生まれるのかなぁ,と思う。

でもそれには,もうすこし時間がかかるようだし,
なかなか,難しい部分もある。

時間が解決を運んでくれるのかもしれないし,
もしかしたら,
解決をみないまま終了する問題なのかもしれない。

     *

人間関係は,常に揺らぐ。
よい人間関係を維持していくには,
それなりにコスト,エネルギーが必要だし,
お互いの意識的な努力が欠かせない。

とくに家族関係は,どうしても,甘えが入り込みやすい。

それは,距離が近いからこその。
距離が,近ければ近いほど。(恋愛も同じですね)


トラブった時は,

 家族(恋人・配偶者)であっても,
 けっきょくは,他人(自分とは,別の人)。

という原点にたちかえるのが,
うまくやっていくコツじゃないかなぁ,と思う。
 (というか,いつもながら師匠の受け売りですが)



「個」を見つめるダイアローグ「個」を見つめるダイアローグ
(2006/05/26)
村上 龍 伊藤 穰一


 日本人に不足しているのは「個」だと思う。
  →【参考】「Passion For The Future」さんの優れた書評


東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
(2005/06/28)
リリー・フランキー

  親だって,子から影響を受け,迷い,揺らぐ。



きっと、よくなる!きっと、よくなる!
(2005/01/16)
本田 健

 兄と父に読ませたい。

コメント

私も、今回帰省しておんなじことを感じました。
私も弟も、振り返ってみれば昔は家族との接し方にぎこちない部分があったけど
(決して不仲であったとかそういうわけではないですが)
大学に入り一人暮らしをするようになってから、ほどよい距離感をつかむことができて
いい感じに接することができるようになっています。

親きょうだいであっても、気遣いとか気配りって大事。
家族って、一番身近にいて一番大事にしないといけない「他人」なんですよね。

やっすん #4E.yhwVI | URL | 2008/08/18 06:37 * edit *

コメント返信

>やっすんさん
ホントそうですね。
気遣いとか気配りって大事。

一方で,甘えが許されるのも
家族の特権というか,「機能」の1つなのでしょうけれど。
(にんげんってそんなに強くはないから)

ウチの兄と父のこじれた関係も,もうすこし
いい方向に向かってくれるといいなぁ。

ガンジー #gJtHMeAM | URL | 2008/08/21 06:26 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/81-7ce83eb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。