ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

【長期投資】労働組合出資の投信「ユニオン投信」 

あっちゅーまに11月になってしまいましたが,
去る10月20日,

 ユニオン投信
    http://www.unionam.co.jp/
ユニオン投信ロゴ



による「ユニオンファンド」が設定されました。

  ●セイコーエプソン労働組合 100%出資
    (資本金2億円)

  ●設定額 1億0811万円

  ●本社 長野県松本市 (→セイコーエプソン本社は長野県諏訪市)

4つめの「おらが町の投信」ありがとう投信を入れるなら5つめ)
の誕生です。

労働組合が出資しているという,
まぁ,ここもなにやらユニークです。

以下,発起人あいさつから引用。(太字は引用者による)
高齢化社会に対する構造的な対応の遅れ、お粗末な年金行政。政治に対する不信感は大きな要因の一つです。しかし、政治の責任、社会の責任と嘆いていても何も変わりません。その間に1日1日と私たちは老後に向かって進んでいるのです。

(中略)

ユニオン投信は、まじめに“はたらく仲間とご家族の幸せ”、さらには“私たちが暮らす地域社会の発展”を願い、営利とは無縁の労働組合が発起して、設立した会社です。「手取りの少ない勤労者がお小遣い程度で始められる」、「投資や資産運用の初心者にもわかりやすく丁寧な説明とサービスが提供される」という、想いを込めて設立した会社です。


「労働組合」と「投資・金融」なんて,
一見まったく相容れないようにも思えます。

でも,そんな「今まではまったく投資なんて縁がなかった
フツーの人たち」に,「長期投資」という資産形成のツールを
広めていくことが,「おらが町の投信」のキモ・ミソです。


「フツーの人たち」には,専門知識はありません。
じゃあどうすればいいか。
知識・スキルのある専門家に任せればいいのです。
それが,「投資信託」=(“信”じて“託”す)という仕組みです。

 ・専門家(ファンドマネージャー)を「雇う」わけなので,
  当然,それに対して一定の報酬(信託報酬)を払います。
  それがイヤな人は,自分で勉強して,全て自分にやればいい。

 ・でも,ぼくだったらそんな時間とコストはかけられないし,
  (そんな時間があったら,その分,好きなことをしたい)
  信頼できる専門家に任せた方が期待リターンも大きい。  
 
 ・もちろん,「信頼できる」ことがポイントです。
  手数料稼ぎ目的の質の悪い投信も,たくさんあります。
  

折しも,株価は暴落,バーゲンセール中。
長期投資ですから,この時期の新規設定は追い風でしょう。

ユニオン投信,今後に期待です!
【追加情報1】
ユニオン投信についての情報は,
ぼくは rennyさんのブログ記事からいただきました。
rennyさん,いつもありがとうございま~す。

 ○ rennyの備忘録 | ユニオン投信にビックリ!
 ○同  | ユニオンファンドの設定初日

そのほか,関連エントリやサイト。

 ○Site.M from 新所沢:セイコーエプソンの労組がユニオン投信を設立
 ○同:ユニオンファンドが募集開始しています
 ○同:ユニオン投信社長のインタビュー記事がありました

 →インタビュー記事はこちら;
   ○ロイター:株のアクティブ投資、長期なら債券に負けない=田子・ユニオン投信社長


 ○いしだ会計の日記:労働組合が投信会社を設立 - livedoor Blog(ブログ)
こんな問題意識をもった労働組合もあるのですね。すごいなぁ。
これからは、自分の気に入ったファンドがなければ、
自分でつくってしまうって、選択肢もあるのかも。
同感です。


【追加情報2】
「おらが町の投信」という名前になっていますが,
現状,2タイプあります。

・「町(地方)」に存立基盤を置く
  ……浪花おふくろ投信(大阪),かいたく投信(鳥取・山陰)

・「特定の集団」に存立基盤を置く
  ……ありがとう投信(会計士),楽知ん投信(教育系NPO),ユニオン投信(労働組合)

ポイントは,「身近」であること。近さは,信頼感につながる。

だから,正確には「おらが“コミュニティ”(共同体)の投信」とでも
言うといいのかなぁ,と思う。


【追加情報3】
上記ロイターの記事によれば,
 ・労組のメンバーは約1万2000人いる
 ・ファンドの損益分岐点は120億円程度
とのこと(田子慶紀代表取締役談)。

ということは,
労組メンバー全員が100万ずつ買えば,安定軌道。
(あるいは,
 6000人×200万円/人
 3000人×400万円/人)

団塊の世代が大量退職を迎えている今,無理な数字でもないだろう。
基盤になるコミュニティ,ネットワークがすでにあるというのは,強い。

(そのあたり,ほぼゼロからのスタートである,
 浪花おふくろ投信やかいたく投信は,つらいところ。
 楽知ん投信には,教育系NPOを中心とした一定のネットワークがあるが,
 エプソンの労組ほど大きくはない……余談でした)


【追加情報4】
当サイト内の関連エントリ

 ○ 【GoodNews!】「おらが町ファンド」続々登録! (08/2/22)

 ○「おらが町投信」各社サイトが続々オープン(08/3/25)

 ○らくちんファンド運用スタート/直販クラブ勉強会(08/4/27)

  → 最新の記事は「カテゴリー:長期投資」からどうぞ。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/92-3999d6d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。