ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

【本】原田泰『日本国の原則 ──自由と民主主義を問い直す』 

日本国の原則―自由と民主主義を問い直す日本国の原則―自由と民主主義を問い直す
(2007/04)
原田 泰



友人秋田さんオススメの

 原田泰(ゆたか)
  『日本国の原則 ──自由と民主主義を問い直す』

    (日本経済新聞社,2007)

を読了。

ちょっとムズかしいところもあるので,
万人にオススメはできませんが,
 ・自由が,日本を繁栄させてきた

 ・日本の経済発展は自由のゆえであり,
  明治から戦中戦後を通じて,
  官僚統制が成功したことは1度もない。

 ・歴史の中で,自由は拡大してきた。
  日本は現在でも,豊かで,安全で,自由な国だ。
という主張(=著者言うところの「原則」)が
終始つらぬかれていて,「いさぎよい」本でした。

啓蒙書と専門書の中間くらいかなぁ。

この人も「自由をこよなく愛する人」だ。
  →参考:NIKKEI NETの連載コラム


         *

別の友人からは,先日の研究会で会った時,

原丈人さん(のほぼ日のコラム;

をオススメされた。
かいたく投信の森本さんのブログでも見かけたりして,
以前から興味は持っていたので,積ん読に追加。

21世紀の国富論21世紀の国富論
(2007/06/21)
原 丈人




●澤上篤人さん

も,リバタリアンでしょう。

「運用立国」で日本は大繁栄する「運用立国」で日本は大繁栄する
(2008/08/26)
澤上 篤人



(なんか3冊とも装丁が同系統だな(笑))

あんまりこういう本ばかり読んでいても,
単なる評論家になってしまうので注意しつつ……。

でも,大局(マクロ)からものごとを見ておきたい。
ほしいのは,社会を見るための軸(基本的見方・考え方)。

新聞の情報では,そういう基本的見方・考え方は決して身に付かない。

 ・自由(と束縛;「自由を生む束縛がある」)
 ・近代社会
 ・近代人,近代的精神 (が,日本には足りない)
 ・日本は/世界はどうなっていくのか
 ・その中で,自分はどう生きていくのか

そのためには,経済や,社会や,歴史を学ぶこと。
(政治は,あんまり興味ない)

人間の勉強が,おもしろいのです。


コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/94-c4237dd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。