ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

余は如何にして自由主義者となりし乎 

たまにはちょっと,昔語りをしてみようか。


昨日,『日本国の原則』の書評を書いた際,ふと,
「いつから自分の中に,
 リバタリアン的傾向が根付いたのだろうか」
という問いが浮かんだ。

師匠の影響は大きい。
しかし,師匠と出会う以前から,そういう傾向は,
自分の中にあった。

親の影響だろうか?
親は,比較的リベラルではあるが,それほど,
際立って主義的にリベラルであるというわけではない。

6歳のころ,1年間アメリカに住んでいたことがある。
あるいは,かの自由の国の空気が,
まだ思想信条もわからなかった幼い自分の中に,
なにか「たね」を植え付けた,のだろうか?

   *

高校1年のころ,
『〈どうでもいい理論〉についての研究』という小論文を書いた。
自分なりに,倫理や正義,生命といったものについて,
論じたものである。
誰に頼まれるでもなく,課題でもなく,自発的に書いた。
ただ,書きたかったから書いた。

(ちなみにその論文は,いま読み返すとあまりに稚拙であるため,
 今では人前には出せない。あしからず。はは。)
(が,ああいうものを自分で書いたことは,誇りに思っている)

そのころの自分の興味は,
 ・人は「生きなければいけない」のか
 ・なぜ,倫理や道徳が生まれたのか
 ・倫理や道徳や正義に,信頼するに足る根拠はあるか
といったことであった。

文系の学問や,講壇哲学は信用していなかった(いまもしていない)。
ああいうものでは,自分の求める答えは得られない,という
ことはわかっていた。

そんな自分の哲学的興味を惹きつけたのは,
生物学であった。
生命の起源から考えることで,問いへの解答へ迫れると思った。

勉強していくなかで,進化心理学という分野があることを知った。
これこそ,自分の求める答えを与えてくれるものだ,と思った。

   *

紆余曲折を経て(このあたりはややこしいので省く),
残る興味は生命の起源,世界(宇宙)の起源だけになった。
大学3年の終わろうとする春,
自分なりに極限まで,その問いを突き詰めた。
私は「せかいのひみつ」に触れた。

何にふれたのか。
それはひみつなので,ひみつである。
とても美しい,神秘的な体験だった。

それで満足したので,もう未練はなく,
そのまま死んでしまってもよかったのだが,
もったいないのでやめた。

結果,その後,興味は徐々に,
与件の中でどう生きていくか,という点へと移った。

生そのものに対して問いを投げるのを終え,
生自体は(しょうがいないので)前提として受け入れ,
その中でどう行動するか,へと焦点を移したのだ。
(思春期を終えて,大人になった,と言ってもいいのだろう。)

興味も,生物学から,社会や経済へと移っていった。

その後,社会との関わりを求めて就職し,現在に至る。

   *

話を戻して,強引に結論。

 「なんでも根源的に考えたがるクセ」

が,わたしに,自由を愛させている,と思う。

それは,最初に生得的な部分があり,
「類が友を呼ぶ」「朱に交わって紅くなる」原理により
徐々に強化されてきた。

今後もわたしは,自由を愛し続けるであろう。


 雑談,おわり。
きつねうどん
きつねうどん

コメント

興味津々

なんだかとても興味をそそられる内容です。
突っ込みたいところがそこ、ここに・・・
「せかいのひみつ」って??
生命の起源とか宇宙の起源とか・・・わたしもとても好きなところなのでもっと聞きたい!!
ガンジーさんって高校生のときから哲学者だったんですね~

やっぱ、ゆっくりお話してみたい・・・

keikori #- | URL | 2008/11/09 21:08 * edit *

コメント返信

>keikoriさん
返信遅くなりまして申し訳ありません(汗)
コメント,ありがとうございました!

いつか,ここに書いたような内容を,
きちんと読み物として,自分なりにまとめたいと思っているのですが,
就職してしまうと,なかなかまとまった時間もとれず,
意欲も日々の生活に埋もれていってしまいます。

でも,こういう好意的なコメントをいただくと,
とっても,励みになります。
いつかきちんとまとめたら,ぜひ,読者になってくださいませ,ませ!

ガンジー #gJtHMeAM | URL | 2008/11/15 11:19 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/95-adab0163
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。