ガンジーの楽知ん研究にっし。

仮説を立てれば,毎日が実験室 ── 楽知ん研究,仮説実験授業,書評,長期投資etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2008」に投票してみる 

rennyさん主催で,「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2008」
という企画がなされている。

ぼくは,「投信(の話題を含む)ブロガー」なので,
「投信ブロガー」とは言いがたいが,
まぁそのへんの判定は主催者にお任せとして,
せっかくのおもしろい企画なので,投票してみよう。

 浪花おふくろファンド 1pt
 かいたくファンド 1pt
 らくちんファンド 1pt
 ユニオンファンド 1pt

以上4ポイントを,投票。

たぶん,投信ブロガーの方々の多くは,
「おらが町の投信」にはあまり投票しないであろう。
あれこれ批判もあるし,基準価額も下がっている。

でも,10年後20年後,
きっと,この投票の意味が,多くの人にわかってもらえると,
私は信じる。

それだけの価値のある,社会的な動きなのであり,
今年は,そういうファンドがいくつも産声を上げた,
記念すべき年として,後年,振り返られることだろう。

      *

もうすこし踏み込んで書くと,
「投信ブログ」を書くような人は,実は,
そもそも,おらが町の投信のお客さんではない,とも言える。
そういう人は,自分でポートフォリオ組んだり,できるし,すればいい。

そうではない人たち,
今まで投資なんてしたこともない,
「株なんて,わからないし,怖そうだし,できない!」という,
一般多数の人々。

そういう人々のための「誰でも使える道具」として,
直販・長期の「おらが町の投信」は,意味があるのである。

ちょうど,パソコンが,一部のマニアだけのものから,
今では,誰でも買えて気軽に使えるツールになったように。

Macintosh(マック)のキャッチコピーで,

 「The Computer For the Rest of Us
  (取り残された人々のためのコンピューター)

というものがある(/あった)が,
ちょうど,おらが町の投信は

 「The Asset Management For The Rest of Us」

なのである。

ファンドは,1万円から1円単位で買える。
あなたも,ボーナスでいかがですか?


【Books】

長期投資でご機嫌な人生を―ヒタヒタと迫るインフレの足音。それは長期の株式投資にとって最高の展開である (MONEYポケットブック)長期投資でご機嫌な人生を
(MONEYポケットブック)

(2007/09)
澤上 篤人



「運用立国」で日本は大繁栄する「運用立国」で日本は大繁栄する
(2008/08/26)
澤上 篤人

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gangesriver.blog122.fc2.com/tb.php/99-c0eaded8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。